[∠(^-^)]漢字で歩く世界地図 欧州編


ロンドン・オリンピックは日本代表の健闘により盛り上がり、今はパラリンピックが行われています。世界の国々や地域の多様性を感じられる催し物ですね。

ロンドン・オリンピック ⇒ 倫敦五輪

と記されるのが漢字の世界。そこで、私達の先人が見た世界、すなわち漢字で表現された世界を見ていきたいと思います。

今回は欧州(ヨーロッパ)です。

-----------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
-----------------------------------------------------------

※あいうえお順に記載しています。
※主なもののみ記載しています。

・国名では


アイスランド 氷蘭、氷島、氷州、氷洲、愛撒倫 略称 氷
アイルランド 愛蘭、愛倫、愛蘭土、愛爾蘭    愛
アンドラ   安道爾
イギリス   英吉利、英国、大不列頓、大不列顛    英
イタリア   伊太利、伊太利亜、以太利        伊
ウクライナ  烏克蘭、宇克蘭            烏、宇
オーストリア 墺太利、墺地利            墺
オランダ   和蘭、阿蘭陀、和蘭陀        蘭
キプロス   塞浦路斯
ギリシャ   希臘                希
サンマリノ  聖馬力諾、聖馬利諾
スイス    瑞西、瑞士            瑞
スウェーデン 瑞典                瑞、典
スペイン   西班牙                西
チェコ    捷克                捷
デンマーク  丁抹、璉馬            丁
ドイツ    独逸、独乙、独国            独
ノルウェー  諾威、那威、能留英        諾
バチカン   和地関、和地關
ハンガリー  洪牙利                洪
フィンランド 芬蘭、芬蘭土            芬
フランス   仏蘭西、仏国、法郎西        仏
ブルガリア  勃牙利                勃
ベラルーシ  白露西亜、白露、西露西亜
ベルギー   白耳義                白
ポルトガル  葡萄牙                葡
ポーランド  波蘭                波
マルタ    馬耳他、馬爾太
ルーマニア  羅馬尼亜、羅馬尼            羅
ロシア    露西亜、露矢亜、露国、魯西亜    露

・都市名や地名では


ヨーロッパ        欧州、欧羅巴
アテネ(ギリシャ)      雅典
アムステルダム(オランダ)  安特垣、亜武的達
イングランド(イギリス)   英(格)蘭
ウィーン(オーストリア)   維(也)納
ウラル(ロシア)    烏拉(児)
ケンブリッジ(イギリス)   剣橋
サンクトペテルブルク(ロシア) 聖彼得堡
ジュネーヴ(スイス)     寿府
ストックホルム(スウェーデン) 工篤憧
スパルタ(ギリシャ)     斯巴達
ハーグ(オランダ)     海牙
パリ(フランス)     巴里、巴黎
ブリュッセル(ベルギー) 比律悉
ベルリン(ドイツ)     伯林
ポーツマス(イギリス)     波都毛士
マドリード(スペイン)     馬徳里
マルセイユ(フランス)     馬耳塞
モスクワ(ロシア)     莫斯科
リスボン(ポルトガル)     里斯本
ローマ(イタリア)     羅馬
ロンドン(イギリス)      倫敦

・今も使われている?


ヨーロッパの国々は漢字表記も多く様々ですね。開国後の状況が反映されているのかも知れません。現在でもよく見るのは「欧州」や「日英」「日独」「日仏」「日露」などです。

過去の用例では、「欧州連合」「日英同盟」(日本と英国の同盟)、「日独伊三国同盟」(日本・独逸・伊太利亜の3カ国の同盟)。「普墺戦争」(プロイセンとオーストリアの戦争)、「日露戦争」(日本と露西亜の戦争)、「米西戦争」(米国とスペインの戦争)などがあります。

ジュネーブが「寿府」、ケンブリッジが「剣橋」と秀逸ですね。ケンブリッジはそのままです!(^^)

塞浦路斯(キプロス)なんて、地中海や紅海を制する位置にあるので「浦を塞ぐ」と書くのかも!?と考えることもできます。

漢字は表意文字なので文章を短くできる特徴がありますが、先人の地名省略化の努力は今も活かされているのですね。

今日はこの辺でm(__)m

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック