【軍事news】米国がF35戦闘機の一部を日本で生産容認 防衛研究所が大幅改編 スペインにミサイル防衛対応のイージス艦配備へ(10月2日~10月8日)



皆様の1クリックが自衛隊・安全保障に関する情報・知識の普及につながります。宜しくお願い申し上げます。
↓クリック↓
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ人気ブログランキングへ

軍事関連の気になる!記事を1週間分まとめた週刊軍事!?ニュースです。

今回は平成23年10月2日から10月8日です。

2日:超ハイテク無人機 作戦的中
3日:訓練時、米軍に空中給油 自衛隊が覚書締結
  次期主力戦闘機、F35が最有力候補に 米側が一部国産化容認
  戦闘続くカダフィ大佐出身地、病院は医薬品不足で死者増加
  防研を大幅改編 政策研究など3部体制 研究1~7室廃止 地域情勢分析も強化
  「てるづき」進水
  海賊対処航空部隊 7、8次隊交代
4日:リビアで地対空ミサイル5千発不明か
旧ソ連構成国で「ユーラシア連合」を=プーチン首相
5日:スパイ容疑の中国人に対する捜査終了 ロシアで
6日:米イージス艦を受け入れ 欧州MDでスペイン
  米イージス艦を受け入れ 欧州MDでスペイン
  ロ政府:欧州MDの「既成事実化」は受け入れられない
  米退役軍人の3割超、イラクとアフガンの戦争「費用対効果悪い」
  NATO国防相理事会 欧州に装備近代化と調達協力求める
  南スーダンPKO:陸自約300人派遣へ 近く2次調査団
  米、国防支出削減もサイバー攻撃対策は予算増
7日:日本でエンジン組み立ても=F35、開発参加国以外で初-次期戦闘機選定で・ロ社
  日系部隊の元隊員に仏勲章 第2次大戦で町を解放
8日:相次ぐサイバー攻撃 腰重い政府、官民連携築けず

戦闘から研究、予算まで幅広いニュースが報じられる週です。軍事は政治と同様に様々な視点から論じられ、批評される分野です。いろいろな見方があって当然ですね。

----------------------------------------------------------------------
※記載された日付は報道された日付です。
※情報元はリンク先です。各社の保存期限によりリンク切れの場合があります。
※記事内に動画がある場合、動画再生の際には音量にご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

自衛隊の仕事術←週間・軍事本ランキング(楽天)



《10月2日(日)》

【超ハイテク無人機 作戦的中】(イザ)

■米特殊部隊とCIA、アルカーイダ掃討

 バラク・オバマ米大統領(50)は9月30日、イエメンを拠点とする国際テロ組織アルカーイダ系のイスラム武装勢力「アラビア半島のアルカーイダ」(AQAP)幹部のイスラム教導師、アンワル・アウラキ容疑者(40)を殺害したと正式に発表した。今回の作戦は米軍と情報当局が連携して行なわれたが、ベールに包まれた無人機による米国のテロリスト掃討作戦の一端が浮かび上がってきた。偵察衛星を駆使して標的を追尾し、土煙の中を逃走する車両に遠隔操縦の無人機からミサイルが撃ち込まれて作戦は終了。現場に1人の兵士も投入されないゲームさながらの「超ハイテク戦」が展開されていた。

■スパイ衛星駆使し追跡

 米国籍のアウラキ容疑者は、米中枢同時テロの2人の実行犯との接触が確認されており、2009年12月の米デルタ機爆破未遂事件や09年11月のフォートフッド米陸軍基地(テキサス州)での銃乱射事件(13人死亡)など、複数の事件に深く関与したとされる。04年まで米国に滞在し、イエメンに渡った後は、アルカーイダ系のネット媒体やイスラム過激派系サイトを通じてテロリストを勧誘したり、米国人殺害を呼び掛けたりするなど、AQAPで主導的な役割を果たしていた。

 デルタ機爆破未遂事件後は米中央情報局(CIA)の暗殺対象者リストにも載り、オバマ政権は、アルカーイダの指導者、オサマ・ビンラーディン容疑者を今年5月に殺害後は、米本土に直接脅威を与える人物としてアウラキ容疑者を最大の標的にしていた。

 米紙ニューヨーク・タイムズなどによると、今回、アウラキ容疑者の動向を最初に探知したのはイエメン当局。情報はすぐさま米軍特殊部隊を管轄する統合特殊作戦軍(JSOC)とCIAに伝達された。両組織は約3週間にわたってスパイ衛星や偵察機を駆使してアウラキ容疑者を追跡。本人と確認した上でホワイトハウスの許可を取得し、ようやく攻撃計画が実行に移された。

 ■国際法違反の声も

 9月30日、JSOCの無人機は、ジブチなどイエメンの周辺国から離陸。イエメン中部マーリブ州での無人機による1度目のミサイル攻撃は標的を外して失敗した。上空を旋回していた無人機は、猛烈な砂ぼこりの中を逃走する車両を再び射程にとらえ、2度目の攻撃で標的を破壊。車両は粉々でアウラキ容疑者ら4人が死亡した。遠隔操作した“パイロット”がどこにいたかは不明だが、最新の機体は米国本土での操縦も可能だ。

 殺害した他の3人には、アルカーイダ系組織がネット上で発行する英字機関誌「インスパイア」のサミル・カーン編集長(25)=米国籍=が含まれていることが確認され、デルタ機爆破未遂事件で爆弾製造に関わったとされるサウジアラビア人のイブラヒム・アシリ容疑者も同時に死亡した可能性が高いという。

 オバマ政権は、米兵を危険にさらすことなく敵を追い込める無人機の使用を飛躍的に増やしており、米シンクタンク「新アメリカ財団」の集計では、08年に33回だった無人機攻撃は10年には118回に増加した。しかし、無人機攻撃には主権侵害や国際法違反といった批判が絶えない。

 また、自国民を暗殺対象者リストに載せたことや、今回の作戦ではリストにも載っていない同じく米国人のカーン編集長まで問答無用に殺害したことに対し、人権団体などからは非難の声も上がっている。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/mideast/530401/

【今日の軍事関連ニュース】
・国際海洋法裁判所長に柳井・元駐米大使(朝日ドットコム)
http://www.asahi.com/international/update/1002/TKY201110010628.html
・タリバンとの直接対話打ち切り…アフガン大統領(ヨミウリ・オンライン
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111001-OYT1T00841.htm
・与那国に沿岸監視部隊 用地取得費15億円要求(八重山毎日新聞)
http://www.y-mainichi.co.jp/news/19351/
・台湾女性スパイと親密な関係に?!副省長を解任―四川省(レコードチャイナ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111001-00000017-rcdc-cn
・イラクでテロ 25人が死亡  標的は最高裁判事か(ロシアの声
http://japanese.ruvr.ru/2011/10/01/57949462.html
・北朝鮮が未使用燃料棒の買い取り打診  韓国側は拒否(朝日ドットコム)
http://www.asahi.com/international/update/0930/TKY201109290701.html
・和平交渉再開案を歓迎 イスラエル政府(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111002/mds11100222210002-n1.htm



《10月3日(月)》

【訓練時、米軍に空中給油 自衛隊が覚書締結】(朝日ドットコム)

 日本の航空自衛隊の空中給油機が、共同訓練などの際に米軍戦闘機に空中給油できる覚書(MOU)を交わしていたことがわかった。自衛隊と米軍が昨年10月に結んだもので、藤村修官房長官が3日の記者会見で明らかにした。憲法解釈で認められていない集団的自衛権の行使の可能性をめぐり、運用のあり方が論議を呼びそうだ。

 藤村長官は3日の会見で「過去、(米軍からの)一方通行だった給油を、日米共同訓練では自衛隊から可能になる覚書を締結した」と説明した。日米両国は共同訓練や周辺事態、武力攻撃事態などの際に、相互に燃料などを融通できる物品役務相互提供協定(ACSA)を結んでいる。今回の覚書も、この協定に基づくというものだ。これまでの共同訓練では米軍の給油機が自衛隊機に給油していたが、自衛隊の給油機は米軍機に給油していなかった。

 自衛隊の空中給油機は2008年に初めて配備され、現在は航空自衛隊小牧基地(愛知県小牧市)で4機が運用されている。ただ、空中給油機は戦闘機の航続距離・時間を延ばすことができ、海外での攻撃が物理的に可能になることから、「専守防衛の枠を超える」という批判もあった。

 米軍の軍事作戦として展開する米軍戦闘機への給油は、憲法解釈で禁じた集団的自衛権の行使につながる恐れがあるが、藤村長官は「そのレベルの話ではないと判断している」と言及。憲法解釈上、問題となるような運用はしないという考えを示した。
http://www.asahi.com/politics/update/1003/TKY201110030194.html

・自衛隊機、米軍機に空中給油…日米覚書で可能に
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111003-OYT1T00430.htm

・ひと言
 政治が法律のみに関わるというのなら、軍事自体が夢想です。法律は過去の事例を適用しようとするもの、軍事は現在進行形の事態に対応するものだからです。どうしても、法律論争だけに入り込んでしまう弊害が現れています。

※この動画は rainypath さんの投稿です。ありがとうございます。


※この動画は ouka2524 さんの投稿です。ありがとうございます。


↑こちらは航空自衛隊機が米空軍から給油を受けています。


【次期主力戦闘機、F35が最有力候補に 米側が一部国産化容認】(msn産経ニュース)

 航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)の候補、F35ライトニング2について、米メーカーなどが防衛省に提出した提案書で、機体の組み立てや構成品の生産など一部国産化を認めていることが2日、日米関係筋の話で分かった。F35はステルス性を持つ「第5世代機」だが、日本国内の生産・技術基盤への貢献が少ないとみられることが、選考上のハードルとなっている。米側の条件緩和で、F35が最有力候補となる可能性が出てきた。

 F35は英米など9カ国の共同開発で、製造も開発国で分担するため、技術移転など日本の防衛産業が受けるメリットが疑問視されていた。年末までの選定に向け、メーカーの米ロッキード・マーチン社が巻き返しに出た形だ。

 FX選定には先月26日の締め切りまでにF35を含む3機種が応募し、提案書は計数千ページに上る。ライセンス国産は全体の3~4割が採算ラインとされるため、防衛省は、具体的にどの構成品が国産化できるかや、各企業の生産負担割合、国産化の開始時期などの分析を急ぐ。2020年代に課題となる次々期主力戦闘機の国産化も見据え、ステルス関連技術習得への貢献度も考慮されそうだ。

 F35は開発の遅れが指摘され、日本側が要求する平成29年3月末までの完成機の納入が不安視される。ただ、同社などが提案したのは、3タイプあるF35のうち、米空軍向けで最も開発が進む通常離着陸型のF35A。国防総省は運用試験が29年春にずれ込むとしているものの、空自側は、通常はパイロットを現地に派遣して行う運用試験の手順を変更し、同年3月までに完成機の引き渡しを終えた後に、日本国内で運用試験を行うことも検討している。

 FX選定をめぐり、空自は当初、中国のJ20(殲20)やロシアのT50など周辺国で進む第5世代機の開発を念頭に、ステルス戦闘機F22ラプターの導入に期待を寄せたが、米国の事情で断念した経緯がある。国内では先月末でF2の生産が終了し戦闘機生産ラインはストップ。FXの選定では生産・技術基盤の維持も重視されている。

     ◇

 ■次期主力戦闘機(FX) 航空自衛隊のF4戦闘機の後継機。F35のほか、米ボーイング社のFA18E/F、欧州4カ国で共同開発のユーロファイターが応募。年内に選定を終え、平成24年度予算案に4機の取得経費を計上、28年度中の完成機引き渡しを目指す。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111003/amr11100310320001-n1.htm


【戦闘続くカダフィ大佐出身地、病院は医薬品不足で死者増加】(ロイター)

[シルト(リビア) 2日 ロイター] リビアの反カダフィ大佐派が包囲を続ける大佐の出身地シルトの病院では、発電機を稼働させる燃料が不足している上、医療関係者が同市から脱出しているため、負傷した患者が死に至るケースが増加している。

 シルトはカダフィ派が依然として掌握している2都市のうちの一つ。戦闘は3週間目に突入しており、人道危機の深刻化に懸念が広がっている。

 国民評議会(NTC)は、シルト市民を退避させようと2日間の休戦を宣言。しかし、市民らは休戦の話は何も知らされていないと語り、銃撃戦も続いていると明かした。

 シルトの病院に勤務する男性は、「医師が手術を始めると停電が起きた。発電機用の燃料がほとんどないからだ」と説明。「手術中に停電したため、14歳の子どもが手術台で息を引き取ったこともあった」と話した。

 赤十字国際委員会(ICRC)の職員が1日、シルトへ医薬品の輸送を試みたが、銃撃戦の影響で、病院にまでたどり着けていないという。

 2日に病院から逃げ出したという関係者は、「破滅的な状況だ。酸素不足で患者が毎日死んでいる」と打ち明け、病院に医薬品がなくなった後、地元の薬局から医薬品が届けられたものの、その在庫も底を尽きそうだと語った。

 ICRCのスポークスマンは「病院で不足している酸素を届けたい。ただ、注意が必要で、流れ弾に当たると大惨事になる」とした上で、治安が回復次第、職員が病院に向かう予定だと述べた。
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-23454220111003

・ひと言
 戦争による惨禍のひとつです。戦争となると、大半の事が「戦争のせいだ!!」となりがち。不満はすべて戦争が原因だとしてしまいますね。


【防研を大幅改編 政策研究など3部体制 研究1~7室廃止 地域情勢分析も強化】
(朝雲新聞)

 防衛省は9月1日付で防衛研究所(高見澤将林所長、東京・目黒)の組織を大幅に改編し、企画部を新設するとともに、従来、研究1室~7室で構成していた研究部を政策研究部、理論研究部、地域研究部の3部としたほか、戦史部を戦史研究センターに改編した。改編は防衛大綱に基づき、防衛省に対する政策立案支援の向上をはじめ、調査研究などの基盤強化を図るのが目的。

 新設の企画部は従来の企画室と企画官、研究調整官、総務課、会計室と新設の企画調整課で構成。政策研究部は防衛政策研究室(元研究2室)、軍事戦略研究室(同4室)、グローバル安全保障研究室(同7室)とし、理論研究部は政治・法制研究室(同1室)、社会・経済研究室(同3室)、地域研究部は北東アジア研究室を新設、アジア・アフリカ研究室(同6室)、米欧ロシア研究室(同5室)でそれぞれ構成。

 戦史研究センターは、これまでの戦史部を統合し、戦史研究室を新設したほか、安全保障政策史研究室(元戦史2室)、国際紛争史研究室(同1室)と史料室で構成、教育部は教務課と教育課程運営室とし、図書館の史料室は戦史研究センターに組み込んだ。

 改編により安全保障研究に係る防衛政策のニーズに適時適切に対応しうる体制を強化したほか、政策指向の研究や地域情勢分析の実施環境を整備したこと、政治・法制・経済・社会・軍事といった多様な視点から包括的な調査研究を推進する体制を整えたことになる。また、地域研究部に新設された北東アジア研究室は、同地域に特化した研究と政策提言の機能を強化、同地域に関心を寄せる諸国との連携強化を図る。

 新設の戦史研究センターは、戦史研究に対する所内外の多様な要望に対応することや史資料に係る公文書館の機能を強化すると同時に、第2次大戦以降の安全保障政策史や、諸外国における紛争史についても研究環境を整える。戦後の安全保障政策に携わった関係者から聞き取りを行って記録に留める「オーラル・ヒストリー」の作成にも引き続き取り組む。
 このほか、企画調整機能を一元化したことで防衛省のニーズを研究所の業務に的確に反映する体制を強化した。
http://www.asagumo-news.com/news/201109/110929/11092905.html


【「てるづき」進水】(朝雲新聞)

 平成20年度計画5000トン型護衛艦の命名進水式が9月15日、長崎市の三菱重工業長崎造船所で行われ、杉本海幕長が「てるづき」と命名、進水した。

 式には杉本海幕長、加藤佐世保総監、大宮英明三菱重工社長のほか同艦建造に携わった会社従業員ら約3000人が出席。支綱が斧で切断されると艦首のクス玉が割れ、カラーテープや風船が舞う中、進水した。

 「てるづき」は5000トン型護衛艦「あきづき」型2番艦で、ステルス性を考慮した船体と最新のレーダーシステム・情報処理装置を搭載して防空能力を向上させているのが特徴。

 ◇「てるづき」主要目 ▽基準排水量=約5000トン▽全長=150・5メートル▽最大幅=18・3メートル▽深さ=10・85メートル▽主機=ガスタービン4基2軸▽馬力=6万4000馬力▽速力=30ノット。
http://www.asagumo-news.com/news/201109/110929/11092910.html


【海賊対処航空部隊 7、8次隊交代】(朝雲新聞)

 統幕は9月22日、ソマリア沖アデン湾に派遣している海賊対処航空部隊の交代を発表した。

 P3C哨戒機で監視飛行を行っている7次航空隊(司令・江藤浩之1佐以下陸自隊員約60人を含む約170人、P3C2機)に代わる8次隊は、司令の飯塚一三1航空隊副長以下の海自隊員とP3C2機、ジブチの新活動拠点の警備などに当たる陸自空挺団(習志野)で編成。

 陸・空の要員の一部はすでに先発してジブチ入り。P3C哨戒機2機は10月5日に鹿屋基地を出発、その他の要員は同5日に鹿児島空港からチャーター機で現地に向かう。まもなく任務を終える7次隊は、主力が10月7日、チャーター機で青森空港に、P3C2機は同14日に八戸基地に帰国の予定。
http://www.asagumo-news.com/news/201109/110929/11092911.html

※この動画は snagaokatodoroki さんの投稿です。ありがとうございます。


・ひと言
 無事の帰還をされた部隊の皆様、これかれ任務に就かれる部隊の皆様に∠(*^-^) 敬礼♪

【今日の軍事関連ニュース】
・米海軍作戦部長の当省訪問について(防衛省)
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2011/10/03c.html
・<天宮1号>「国に対する誇りが高まった」宇宙開発で国威発揚―中国(レコードチャイナ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111003-00000001-rcdc-cn
・台湾中央警察大学の副教授 中国に情報提供(大紀元)
http://www.epochtimes.jp/jp/2011/10/html/d24101.html
・イエメン政府軍、味方部隊を誤爆か 兵士29人死亡 (cnn)
http://www.cnn.co.jp/world/30004157.html?ref=ng
・ロシア 衛星測位システム 完全復旧(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/10/03/58067061.html
・スリランカ 最初の天然ガス田 発見(ロシアの声
http://japanese.ruvr.ru/2011/10/03/58068278.html
・アメリカ イスラエルの対話再開を歓迎(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/10/03/58076288.html
・インド空軍、米のスーパーハーキュリーズ3機を追加購入(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/10/03/58076351.html
・インド陸軍 最初の女性兵士がお目見え(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/10/03/58083265.html
・ロシアの衛星測位システム「グロナス」 最大誤差は5メートル(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/10/03/58106940.html
・東ティモール軍事連絡要員 3次要員を派遣(朝雲新聞)
http://www.asagumo-news.com/news/201109/110929/11092912.html
・韓国軍:無人偵察機、操縦ミスで3機が墜落(朝鮮日報)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2011/10/03/2011100300378.html



《10月4日(火)》

【リビアで地対空ミサイル5千発不明か】(msn産経ニュース)

 フランス通信(AFP)によると、リビアの反カダフィ派代表組織「国民評議会」の軍事部門幹部は3日までに、カダフィ政権が旧ソ連などから購入し保有していた2万発の携行式地対空ミサイルSAM7のうち、約5000発が行方不明であることを明らかにした。闇市場などを通じ国際テロ組織アルカーイダ系武装勢力などの手に渡る懸念がある。リビアに軍事介入した北大西洋条約機構(NATO)のラスムセン事務総長は同日、情報の信憑(しんぴょう)性についての言及は避けつつも、同評議会に兵器管理の徹底を求めた。(カイロ 大内清)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111004/mds11100400430000-n1.htm

・リビアでミサイル1万発が不明か、NATOが懸念表明
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-23468620111004


【旧ソ連構成国で「ユーラシア連合」を=プーチン首相】(ロイター)

[モスクワ 3日 ロイター] ロシアの次期大統領に就任することが確実視されているプーチン首相は、外交政策に関して現地紙イズベスチヤに寄稿し、旧ソ連構成国で「ユーラシア連合」を構築したいとの考えを示した。

 ロシアはすでにベラルーシやカザフスタンと関税同盟を結んでおり、来年からは3国間で貿易障壁が撤廃され、資本や労働の移動も自由化される。

 4日発行の同紙で、プーチン首相は「われわれは3国間同盟で止まるつもりはない。ユーラシア連合でのさらに高い統合レベルを達成すべく、意欲的な目標を立てている」と述べた。

 1991年のソ連崩壊を「20世紀最大の地政学的破局」と表現したこともあるプーチン首相。ユーラシア連合は旧ソ連とは別物だと強調したうえで、「過去の何かを復活させようとしたり、模倣しようとするのは甘い考えだ。しかしながら、新たな政治経済や新しい価値体系に基づく強固な統合は、時代の要請だ」と訴えた。

 プーチン首相は先月、来年3月に予定される大統領選への出馬を表明。メドベージェフ大統領は退任後、プーチン氏と同様に首相に就任する意向を示しており、これまで続いてきた2人の「双頭体制」は今後もポストを交換して維持されるのが確実とみられている。
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-23469920111004


【今日の軍事関連ニュース】
・露首相、対日ガス協力案を指示(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111004/erp11100407320001-n1.htm
・サイバー攻撃対策強化、7日に閣僚会議(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111004/plc11100407190005-n1.htm
・中国「警戒」…国際海洋法裁判所、日本人初の所長に柳井俊二氏(サーチナ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111004-00000040-scn-cn
・嘉手納での米軍訓練、初のグアム移転 日米両政府が合意(朝日ドットコム)
http://www.asahi.com/international/update/1004/TKY201110040274.html
・米軍の一部訓練、10日からグアムに移転(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111004/plc11100412280010-n1.htm
・中国にハッカー100組織…軍・公安が暗躍か(ヨミウリ・オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20111004-OYT8T00529.htm
・渡辺防衛副大臣の派遣海賊対処行動航空隊出国行事への出席及び部隊視察について(防衛省)
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2011/10/04d.html
・大臣会見概要(防衛省)
http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2011/10/04.html
・ISAF司令部:2014年以降も米軍は駐留継続(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/10/04/58135426.html
・アフガン大統領、パキスタンへ合同テロ対策を呼びかける(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/10/04/58130883.html
・ロシア アフガニスタンへの人道支援を開始(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/10/04/58140592.html
・政府が「副首都」調査費を計上へ 議連会長の石井氏が明かす(ロシアの声)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111004/stt11100418550006-n1.htm
・原子力潜水艦「ネルパ」、11月にもインドへリース予定(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/10/04/58152602.html
・ロシア原子力砕氷船団の株式化(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/10/04/58150238.html
・日本・オーストラリア、成田路線でオープンスカイ合意へ-羽田発着枠も(みんなの空港新聞)
http://airportnews.jp/headline/783/
・ボーイング、日本用FXは7~8割を日本企業に(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111004/biz11100417040018-n1.htm



《10月5日(水)》

【スパイ容疑の中国人に対する捜査終了 ロシアで】(ロシアの声)

 ロシア連邦保安庁は、ロケット兵器S-300についてのデータを入手しようとした容疑がかけられている中国人の捜査を完了したことを発表した。連邦保安庁報道センターがインターファックス通信に対して5日伝えたところでは、事件はモスクワ市裁判所にまわされたということ。

 連邦保安庁の資料によれば、容疑者は中国国家安全部の使命を帯びて、公式訪問団に通訳としての肩書きで同行し、賄賂と引き換えに国家機密とされているS-300についての技術的資料を入手しようとしたとされている。

 2010年10月28日にモスクワで拘束された容疑者に対しては、ロシア連邦刑法の規定「スパイ未遂」の容疑がかけられている。
http://japanese.ruvr.ru/2011/10/05/58198796.html

・軍事機密のスパイ容疑で中国人拘束 露が発表
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111005/erp11100519320004-n1.htm

【今日の軍事関連ニュース】
・緊急時に食糧を相互支援 ASEAN+3、備蓄米協定へ最終調整(msn産経ニュース)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/111005/mca1110050501002-n1.htm
・比の遺骨収集、3400柱に日本兵以外混入か(ヨミウリ・オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111004-OYT1T01351.htm
・4千柱を千鳥ケ淵戦没者墓苑から移動 厚労省、外国人の遺骨混入否定できず(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111005/plc11100512510009-n1.htm
・ダライ・ラマ、南ア訪問を中止 ビザ発給されず(朝日ドットコム)
http://www.asahi.com/international/update/1005/TKY201110050119.html
・中国サイバー攻撃「容認できない」 米下院情報委員長「大規模貿易戦争に挑んでいる」と非難(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111005/amr11100511210005-n1.htm
・米国務次官補、中国の台湾政策を批判 台湾の国防強化を強調(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111005/amr11100511280006-n1.htm
・対シリア決議、中ロが拒否権行使 国連安保理(朝日ドットコム)
http://www.asahi.com/international/update/1005/TKY201110050103.html
・韓国海洋警察の白書で竹島を紛争地域に…記述をめぐり批判の声=韓国(サーチナ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111005-00000008-scn-kr
・ソマリア首都でイスラム過激派が車爆弾、学生ら70人以上死亡(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-23484520111005
・イラン NATOレーダー設置でトルコを非難(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/10/05/58194484.html
・韓流スターは兵器特使? ヒョンビンさん、インドネシア派遣(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111005/kor11100517390001-n1.htm
・イラク 米軍事教官 治外法権はなし(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/10/05/58196619.html
・C2輸送機配備を容認、境港の地区自治連(山陰中央新報)
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=528235005



《10月6日(木)》

【米イージス艦を受け入れ 欧州MDでスペイン】(msn産経ニュース)

 スペイン政府は5日、米国と北大西洋条約機構(NATO)が進める欧州ミサイル防衛(MD)構想の一環として、弾道ミサイルの飛来を探知して迎撃する米軍のイージス艦4隻をスペイン南部に受け入れると発表した。

 サパテロ・スペイン首相はブリュッセルのNATO本部で記者会見し、スペイン南部ロタの米海軍基地に2013年までにイージス艦4隻が配備されることを明らかにした。

 NATOによると、これにより地中海を巡回する米イージス艦と、トルコのレーダー施設、ポーランド、ルーマニアに地上配備される迎撃用ミサイルというMDの当初の態勢が固まった。来年から一部稼働を始め、18年までのフル稼働を目指す。

 同席したパネッタ米国防長官は、スペインによるイージス艦受け入れは欧州でのMD構築にとって「非常に重要な一歩」と評価した。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111006/erp11100613050003-n1.htm


【スペインの米イージス艦配備 露が反発】(msn産経ニュース)

 スペイン政府が欧州ミサイル防衛(MD)計画の一環として米軍のイージス艦4隻を自国に配備すると表明したのを受け、ロシア外務省は6日、米国がロシアに配慮することなく欧州にMD網を展開する「既成事実化」を進めていることは「受け入れられない」と反発する声明を発表した。声明は、こうした事態が続くなら、ロシアと北大西洋条約機構(NATO)がMD分野で協力するチャンスは「逸せられるだろう」としている。(モスクワ 遠藤良介)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111006/erp11100617130005-n1.htm

・ロ政府:欧州MDの「既成事実化」は受け入れられない(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/10/06/58261774.html

※この動画は mtfuzi さんの投稿です。ありがとうございます。



【米退役軍人の3割超、イラクとアフガンの戦争「費用対効果悪い」】(ロイター)

[ワシントン 5日 ロイター] 米調査機関ピュー・リサーチ・センターが5日発表した調査で、2001年9月の同時多発攻撃以降に米軍に従事した退役軍人のうち33%が、イラクとアフガニスタンの戦争について「費用対効果が悪く価値がなかった」と回答した。一般市民で同様の回答をしたのは45%に達した。

 調査は、退役軍人1853人と一般市民2003人を対象に、米国内で7月28日から9月15日まで行われた。退役軍人のうち712人は、同時多発攻撃以降に米軍に所属していた。

 このほか、退役軍人の96%が「兵役を誇りに感じる」と回答した一方で、44%は「一般市民としての生活の復帰に困難を感じた」とし、37%は「退役後にPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症した」と答えた。

 米国は同時多発攻撃の数週間後、タリバン政権の崩壊を目的に、アフガニスタンで空爆を開始。イラクでは旧フセイン政権の大量破壊兵器の保有を名目に2003年に開戦に踏み切ったが、そのような破壊兵器は発見されなかった。

 米国防総省によると、イラク戦争で死亡した米軍兵士は4400人以上で、アフガニスタンでは米軍兵士約1700人が犠牲になった。
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-23509120111006


【NATO国防相理事会 欧州に装備近代化と調達協力求める】(msn産経ニュース)

【ロンドン=木村正人】5、6日にブリュッセルで開かれた北大西洋条約機構(NATO)国防相理事会で、欧州を初訪問したパネッタ米国防長官は「大幅な国防費削減は62年に及ぶ軍事同盟を空洞化させる」と欧州加盟国に警告した。この10年で国防費を3倍増強した中国と対照的に、米国は国防費の大幅削減を迫られており、欧州側に装備の近代化と調達の協力を改めて求めた。

 同長官は「NATOが安全保障上の責務を果たす上で生じるすべてのほころびを米国が埋められると考えるのは間違いだ。財政再建は言い訳にはならない」と述べ、欧州側が無人偵察機の購入で合意できなかったことや弾薬、燃料、修理用部品を十分に備えていないことをたしなめた。

 2001年の米中枢同時テロで米国の国防費は膨れ上がったのに対し、欧州側の国防費はわずかに減少。この結果、NATOにおける米国の予算分担率はこの10年で50%から75%に跳ね上がった。

 欧州はギリシャ債務危機で国防費も聖域でなくなっており、国内総生産(GDP)の2%と定めた目標を達成している加盟国は英仏などわずか4カ国とされる。


 欧州側兵力は米国を上回る200万人以上、国防費総額は米国の半分以下の3千億ドル。軍艦造船所や武器・戦車などのだぶりを省けば欧州側は今以上に軍事力を活用できるとして、装備の近代化と調達の協力を進めて財政再建の影響が出ないよう米国は求めている。

 来年5月に米シカゴで開かれるNATO首脳会議で合意したい考えだ。

 NATOはリビアでの軍事任務をさらに90日間延長することで一致。ラスムセン事務総長は5日、国連安全保障理事会決議を受けたリビア軍事介入は「迅速かつ柔軟に行われた。目覚ましい成功だ」と胸を張る一方、米国依存から脱却できなかったことを反省点に挙げた。十分な戦闘機を有するドイツやポーランドが参加せず、英仏などは一時、弾薬不足に陥り、側面支援に徹していた米国に助けを求めた。情報収集でも米国の支援を仰いだ。

 リビアでは中部シルトなどでカダフィ大佐の残存勢力が抵抗を続けており、作戦の長期化でNATO内には早期終結を求める声が強い。また、アフガニスタンではイスラム原理主義勢力タリバンの攻勢が増しているにもかかわらず、予定通り2014年末までにアフガン当局に治安権限を移譲する見通しを示した。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111006/amr11100623220013-n1.htm

・ひと言
 同盟は、同盟国同士の意志と行動で成り立つといいたいのです。お互いの国益をかけた関係なのに、一方の努力だけで成り立たせようとするから同盟崩壊に近づきます。


【南スーダンPKO:陸自約300人派遣へ 近く2次調査団】
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111006k0000m010097000c.html
政府は、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に、インフラ整備を担う陸上自衛隊施設部隊約300人を派遣する方針を固めた。8日にも補給路を調べるため、ケニアなど周辺国に第2次調査団を派遣し、帰国を待って国連側に伝える方針だ。活動地域は首都・ジュバ周辺となる。

 南スーダンは今年7月、20年以上にわたる内戦を経て、スーダンから独立。内戦で荒廃した国土の復興が大きな課題で、陸自の施設部隊は、道路や橋の建設などにあたる。活動開始は年明け以降を見込んでいるが、政府の一部には年内に陸自の中央即応連隊を先遣隊として派遣する案も浮上している。

 政府は9月下旬、ジュバとスーダンとの国境に近いマラカルに1次調査団約30人を派遣。治安状況や補給ルートなどを調査し、一川保夫防衛相に「ジュバ周辺は治安が安定している」と報告した。これを受け、政府は活動の候補地をジュバ周辺に絞り込んでいた。

 第2次調査団は輸送拠点と見込むケニア・モンバサやウガンダに派遣。補給路と安全状況を調べる。その後、派遣期間や人員構成、装備などを盛り込んだ実施計画を閣議決定し、一川防衛相が陸自に派遣命令を出す。

 南スーダンのPKOを巡っては8月、来日した国連の潘基文(バンキムン)事務総長が施設部隊の派遣を強く要請。当時の菅政権は東日本大震災への対応などで余力が乏しかったことなどを理由に、司令部要員のみ派遣する意向にとどめたが、野田政権になり、積極姿勢に転じた。PKOへの施設部隊派遣はカンボジア、東ティモール、ハイチに続いて4例目。【朝日弘行、坂口裕彦】


【米、国防支出削減もサイバー攻撃対策は予算増】(msn産経ニュース)

【ワシントン=古森義久】米国のウィリアム・リン国防副長官は5日、ワシントンでの演説で、議会の特別委員会での歳出削減案がまとまらない場合、国防予算は今後10年で1兆ドル以上もの削減になりうるという見通しを語った。リン副長官は、支出削減にもかかわらず予算が増える項目としてサイバー攻撃対応策や遠隔地攻撃能力をあげた。

 リン副長官は予算削減と国防政策の関連について語り、まず国防総省が独自の「戦略再検討」の結果として現在の水準の国防費(年間約6000億ドル)を2017年までに合計4500億ドル減らす方針が決定していることを強調した。

 そのうえでリン副長官は、債務上限引き上げ法に基づき、議会の超党派特別委員会が11月下旬までに追加の歳出削減案でまとまらない場合、今後10年で、国防費削減が総額1兆ドルを超える可能性があると述べ、「その場合の米国の防衛は真の危機にひんする」と警告した。

 リン副長官はすでに決まっている予算削減策が実施されると、陸軍や海兵隊など地上部隊の規模が削減の最大対象になると述べ、「海外駐留米軍の規模は確実に縮小される」と語った。

 その一方、リン副長官は戦略上の必要から逆に予算を増加する領域として(1)米軍関連コンピューター網に対するサイバー攻撃への対策措置(2)長距離のミサイルや爆撃機など遠隔地への攻撃能力(3)中国が強化している「接近阻止戦略」(台湾有事などでの米艦艇の接近を対艦ミサイルなどで阻む作戦)への対処措置(4)欧州での強化がとくに求められるミサイル防衛(MD)(5)最近の対テロ対策で威力を発揮している攻撃用無人機-などを指摘した。

 無人機に関してリン副長官は、米軍が投入を進めた結果、今年、訓練を終えて配備につく米軍パイロットのうち無人tm機を地上から操作する「無人機パイロット」が有人機のパイロットの数を初めて上回ったことを明らかにした。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111006/amr11100623250014-n1.h

【今日の軍事関連ニュース】
・対シリア決議案は「無益」と報道官(sankeibiz)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/111006/mcb1110060501010-n1.htm
・一川防衛相が中国大使と会談 戦略的互恵関係の推進で一致(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111006/plc11100618000013-n1.htm
・国連事務総長がシリア問題での中露の拒否権発動に遺憾の意 (cnn)
http://www.cnn.co.jp/world/30004192.html?ref=ng
・中国のスパイとして粛清? 解任の北朝鮮書記 韓国紙報道(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111006/kor11100612390001-n1.htm
・中国が「孔子世界平和賞」創設…孔子平和賞「取り消し」の直後(サーチナ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111006-00000015-scn-cn
・韓国軍、黄海の北朝鮮周辺海域で実弾利用の「通常」軍事演習へ(サーチナ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111006-00000051-scn-kr
・ロシア当局、軍事スパイ容疑で中国人の男拘束(ヨミウリ・オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111006-OYT1T01051.htm
・北朝鮮攻撃阻止を後悔 94年核危機で金泳三氏(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111006/kor11100619410002-n1.htm
・台湾 ロシア産石油の輸入に期待(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/10/06/58264237.html
・アフガン戦争から10年 衰えぬタリバン 安定遠く 国民「希望失せた」(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111006/asi11100622460004-n1.htm
・外国軍撤退への支援表明 アフガン武装勢力(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111006/asi11100622500005-n1.htm



【10月7日(金)】

【日本でエンジン組み立ても=F35、開発参加国以外で初-次期戦闘機選定で・ロ社】(時事ドットコム)

 航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)の候補で、次世代ステルス戦闘機のF35について、同機を推す米ロッキード・マーチン社が、選定された場合は日本国内でエンジンの組み立てを認める意向を固めたことが7日、関係者の話で分かった。

 共同開発に参加した9カ国以外に、エンジンの組み立てを認めるのは初めて。F35は日本でライセンス生産ができないなど、国内産業の維持・育成への貢献度の低さがネックとされるが、こうした異例の配慮は選定に影響を与える可能性がある。

 F35は英米など9カ国で共同開発され、機体製造は複数の国が分担。各パーツを集約して行う最終組み立ては、開発参加国の中でも米国とイタリアしか認められていない。(2011/10/07-04:59)
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2011100700064

※この動画は 時事ドットコム さんの投稿です。あありがとうございます。


【日系部隊の元隊員に仏勲章 第2次大戦で町を解放】(msn産経ニュース)

第2次大戦中、ナチス・ドイツに占領されていたフランス北東部の町ブリュイエールを、米ハワイ出身の日系人が主体だった米陸軍第442連隊戦闘団が解放した功績をたたえ、ホノルルで6日、元隊員のマサオ・タムラさん(88)にフランスのレジオン・ドヌール勲章シュバリエ章が授与された。ホノルルとブリュイエールはこの解放をきっかけに1961年に姉妹都市となり、勲章は姉妹都市締結50周年を記念した式典の中で授与された。(ロサンゼルス 共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111007/amr11100719010015-n1.htm

【今日の軍事関連ニュース】
・F35導入に期待感 元米国防総省日本部長(sankeibiz)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/111007/mcb1110071915022-n1.htm
・韓国前首席代表「6カ国協議は単なるショー」(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111007/kor11100719030002-n1.htm
・シリア軍部隊 レバノン領内に入る(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/10/07/58317170.html
・カダフィ大佐、一斉蜂起を呼び掛け 2週間ぶりに声明 南部に潜伏か(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111007/mds11100709240000-n1.htm
・日中が戦争になったらどうなるのか?日清戦争とは時代が違うことを肝に銘じよ―香港誌(レコードチャイナ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111007-00000000-rcdc-cn
・【激戦地カンダハル ルポ】爆弾・襲撃の日々 「平和は訪れていない」(イザ)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/530940/
・ファイル:元隊長「鼻ヒゲOK、あごはダメ」 危機管理ただす(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111007ddm005010158000c.html
・カダフィ氏「リビア人よ立ち上がれ」 音声の声明放送(朝日ドットコム)
http://www.asahi.com/international/update/1007/TKY201110070173.html
・サイバー攻撃、官民連携で防止…政府が政策会議(ヨミウリ・オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111007-OYT1T00539.htm
・着陸直前、F15戦闘機から燃料タンク落下(ヨミウリ・オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111007-OYT1T00349.htm
・F15戦闘機の飛行中止 落下物10カ所に散乱 機体から炎(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111007/plc11100714320007-n1.htm
・尖閣付近にまた中国調査船 無線警告にも応答なし(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111007/plc11100713380006-n1.htm
・F15訓練見合わせ、通常よりタンク多く装着(ヨミウリ・オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111007-OYT1T01185.htm
・ミャンマー政府軍40人死亡 少数民族武装組織と戦闘(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111007/asi11100722280003-n1.htm
・南北統一費用、2030年に実現なら最大184兆円 韓国が試算(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111007/kor11100722260005-n1.htm
・秘密保全法案、12年提出確認 サイバー攻撃対策も強化(朝日ドットコム)
http://www.asahi.com/politics/update/1007/TKY201110070550.html
・在韓米軍兵士が性的暴行か 韓国警察捜査(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111007/kor11100720170004-n1.htm
・北朝鮮の「暗殺道具」…ペン型毒針や銃 韓国検察公開(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111007/kor11100720140003-n1.htm

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111007/t10013108731000.html



《10月8日(土)》
・「特別秘密」法案で明確化へ、漏えい罰則強化(ヨミウリ・オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111007-OYT1T01041.htm
・相次ぐサイバー攻撃 腰重い政府、官民連携築けず(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111008/plc11100801300002-n1.htm

最後までお読み戴きありがとうございます。当ブログに興味・関心をもって戴ければうれしいです!!

またいらしてくださいねヽ(´ー`)ノ。o○(ア)(リ)(ガ)(ト)(ウ)

がんばれ日本!自衛隊!

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ人気ブログランキングへ

初めて訪れてくれた方、何度か来て戴いている方、もしブログの内容を気に入った!!となりましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。m(__)m

当ブログの更新状況や最新ニュースなどは…

twitter:@usaginomimi
はてなブックマーク:航空自衛官になりたい人 by usaginomimi

にも流れます。こちらも宜しかったらお願いします。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

☆おすすめキーワード★
航空自衛隊 航空自衛隊の組織 航空自衛隊の任務(お仕事) 軍隊と警察の違い 週刊軍事ニュース 自衛官の生活 防空作戦 自衛隊への疑問 予備自衛官 人事政策

この記事へのコメント

  • 章姫

    うさぎの耳さま

    いつも細かい軍事関係のニュースをありがとうございます。

    普通に生活しているだけでは知ることもないような(本当はネット上に出ているのだけど、多分今の日本の現状ではそれどころではないような)ニュースを見るに、世界中で何がしかの重い課題を抱えているのだと改めて思いました。
    いかにして優位に立つか、ということにこんなにも熱心だということを、つい忘れてしまいがちです。特に今のような状況では。
    無人機の問題も難しいですね。


    >政治が法律のみに関わるというのなら、軍事自体が夢想です。法律は過去の事例を適用しようとするもの、軍事は現在進行形の事態に対応するものだからです

    本当にその通りと思います。昭和21年からそうだったのでは?とさえ思います。
    「負けた方の指揮官だったから罪だ」ということなんだけど、たくさん資料を探し出して法律にあてはめこんで納得しないといけないような空気がかつてないほどなのかもしれないと思いました。もっとも、私など日常生活上ではやれ、どこの野菜が安全か?とかばかりなんですが・・・。
    2011年10月14日 00:28
  • うさぎの耳

    章姫さま こんばんは!!

    優位に立つこと、常に志向されますね。国家に限らず、組織や個人でも大切な視点だと思います。

    オンリーワンになるにはナンバーワンにならないといけないですから。

    ことが軍事になると法律万能・絶対論が顔を出してきます。法律万能を否定する方もその傾向は見て取れますね。

    法律は一切不要といいませんが、その法律の内容(これしかしてはならない方式)が問題かと。法律は必要最小限にして、政軍関係上、必要なことは政治の発信や声明で柔軟に対応していけばいいと私は思います。

    政治の発言は、軍事において最高度に重いものですから。

    2011年10月16日 17:21

この記事へのトラックバック