週間!?軍事ニュース(8月14日~8月20日)



皆様の1クリックが自衛隊・安全保障に関する情報・知識の普及につながります。宜しくお願い申し上げます。
↓クリック↓
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ人気ブログランキングへ

週刊軍事!?ニュースです。

今回は平成23年8月14日から8月20日までです。

14日:初試験航行の中国空母、大連に帰港 「空母は領土紛争に投入」=中国軍機関紙
15日:日本の領土なのに、竹島の上空を自衛隊機は飛べない?
16日:米韓合同演習始まる 北の核兵器除去訓練も
17日:インド 早期警戒管制機A-50EI 購入について交渉
   都心に「対テロ部隊」霞が関から3キロ圏内、数百人規模
18日:ロシア次世代戦闘機が初の公開飛行、米F22に対抗
   韓国軍:西北島しょ防衛司令部発足も北の挑発に右往左往
19日:米軍の無人機と輸送機が衝突=戦地上空、過密化懸念-アフガン
   ドイツ製戦車を買うサウジの物騒な思惑
20日:中国空母、試験航行で9つの艦上設備・システムを点検
   ハマスがイスラエルとの停戦破棄、衝突拡大の懸念

8月15日は「終戦記念日」でした。すべての戦没者に慰霊と顕彰を切に願います。
同時に現実世界の平和は人間の手によって維持管理されないといけないことを知る日でもありますね。祈るだけでは平和を維持できないことは自明の理でしょう。

「諸君は戦争に関心を持たないかもしれないが、戦争は諸君に深い関心を持っているのだ。」(レオン・トロツキー)

----------------------------------------------------------------------
※記載された日付は報道された日付です。
※情報元はリンク先です。各社の保存期限によりリンク切れの場合があります。
※記事内に動画がある場合、動画再生の際には音量にご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

日本海軍400時間の証言←週間・軍事本ランキング(楽天)



《8月14日(日)》

【この日の軍事関連ニュース】
・初試験航行の中国空母、大連に帰港(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110814/chn11081415230005-n1.htm
・「空母は領土紛争に投入」=中国軍機関紙(朝鮮日報)
http://www.chosunonline.com/news/20110815000018



《8月15日(月)》

【日本の領土なのに、竹島の上空を自衛隊機は飛べない?】(msn産経ニュース)

【今回のなぜ?】日本の領土である竹島の上空を日本の飛行機は飛べない?

【解説】竹島は日本固有の領土ですが、現在、韓国が不法占拠し、領有権を日韓両国が争っています。竹島は韓国では独島と呼ばれ、ヘリポートや宿舎などの建物を次々に建て、実効支配を強めています。

 大韓航空の旅客機が6月にデモフライトした際、通常の飛行ルートを取らずに、まるで日本を刺激するかのようにわざわざ竹島上空を飛行しました。こんな韓国側の挑発とも取れる行為に、日本側が反発するのは必至です。松本剛明外相は「領空を侵犯した」とし、外務省の全職員に大韓航空機を利用しないよう指示しました。この対応に韓国側は「韓国の国籍機が自国領土の上空を飛行したことに他国が干渉するな」と反発する騒動になったのはご記憶に新しいと思います。

 日本の領土上空を他国機が勝手に侵入した場合、普通は航空自衛隊がスクランブル(緊急発進)もかけますが、現況では自衛隊機は竹島上空を決して飛ぶことができません。

 それは、竹島空域が日本の「防空識別圏」(ADIZ)から外れているためです。ADIZとは、領空に近づく航空機が敵機かどうかを判別するために設けられた空域のことです。奇襲攻撃などをたくらむ敵機が領空に侵入してからアラート発進していたら間に合わないためADIZが設定されています。このADIZの空域を事前に通告せず、勝手に飛行すれば、国籍不明機として空自の戦闘機がスクランブルをかけますが、竹島はその圏外ですから、自衛隊機は上空を飛べないのです。一方、韓国側は竹島空域を自国のADIZとして運用しています。

 現行のADIZは、終戦後に駐留米軍が設定し、領空侵犯措置が日本側に移管された際にそのまま引き継がれました。実は北方領土の空域もADIZに入っていません。日本の最西端にある与那国島も以前は島の3分の2しか日本のADIZに入っておらず、残り3分の1は台湾側のADIZに含まれていました。米軍が与那国島の存在を無視して、日本のADIZの最西端を東経123度で設定したためにこうした不都合が生じましたが、2010年に問題は解消され、現在は与那国島全体がすっぽり日本のADIZ内に入っています。

 もちろん竹島空域もADIZに入れようという見直し論もあります。しかし、防衛省などは「今のままで運用に支障がない」「ADIZを拡大すれば隣国のADIZとの衝突は避けられないので、簡単には見直せない」と消極的です。このまま竹島空域が日本のADIZに入らないでいると韓国はやりたい放題で竹島の実効支配はますます強まるだけなのですが、日本政府は及び腰のようです。

(外信部 水沼啓子)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110815/kor11081518000004-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110815/kor11081518000004-n2.htm

※この動画は ASDF1115JP さんの投稿です。ありがとうございます。


【この日の軍事関連ニュース】
・カダフィ大佐、NATOと戦い呼び掛け(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110815/mds11081513200004-n1.htm
・陳炳徳参謀総長,イスラエル副首相と会談(中国国際放送)
http://japanese.cri.cn/881/2011/08/15/162s179123.htm
・韓国軍:対潜ミサイル「アカザメ」、今月中に実戦配備(朝鮮日報)
http://www.chosunonline.com/news/20110815000017


《8月16日(火)》

【米韓合同演習始まる 北の核兵器除去訓練も】(msn産経ニュース)

【ソウル=加藤達也】北朝鮮による軍事侵攻を想定した米韓連合軍定例の指揮所演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」が16日、始まった。演習は26日までの予定で、コンピューターによる想定戦況に基づき作戦指揮過程を確認。米韓両軍合わせ例年並みの約8万6千人が参加する。

 北朝鮮は演習に強く反発。今月10日には北方限界線(NLL)付近を砲撃するなど挑発的な動きもみせており、米韓両軍は北朝鮮軍の動静に細心の注意を払う。

 演習では北による南侵に対する防御から反転攻勢のプロセスを確認するが、ここ数年は北朝鮮が保有する核兵器など大量破壊兵器の除去訓練を強化している。韓国政府筋によると、今回の演習期間中、一部の部隊を動員して北朝鮮領内への潜入を想定した核兵器除去訓練も検討されているという。

 韓国政府関係者によると、昨年3月の韓国哨戒艦撃沈事件や11月の延(ヨン)坪(ピョン)島砲撃を受け、演習期間中には北朝鮮の武力攻撃に備えた危機管理訓練も実施する。政府や地方自治体の職員約40万人が参加して北朝鮮特殊部隊などによるテロ攻撃を受けた場合の国民保護の手順を確認する予定だ。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110816/amr11081610300004-n1.htm

・ひと言
 日本でも、自衛隊の演習と連動した戦時想定の危機管理訓練が頻繁にできるようになるといいですね。国民の命に関わる問題ですし。

【この日の軍事関連ニュース】
・韓国国防相のヘリ撃墜を指示か 北朝鮮、先月の部隊視察時(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110816/kor11081611550000-n1.htm
・海洋観測衛星を打ち上げ 中国(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110816/chn11081612100001-n1.htm
・シャネルは独のスパイ ナチスに協力と新刊書(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110816/erp11081618050001-n1.htm
・軍の竹島駐留に慎重姿勢 韓国政府(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110816/kor11081619050003-n1.htm
・ガザに報復攻撃、1人殺害 イスラエル軍(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110816/mds11081622520003-n1.htm
・中国軍、ビンラディン殺害で墜落した米軍ヘリの技術盗用を否定(サーチナ)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0817&f=politics_0817_008.shtml



《8月17日(水)》

【インド 早期警戒管制機A-50EI 購入について交渉】(ロシアの声)

インドはロシアの早期警戒管制機A-50EIのさらなる購入について、ロシアとの交渉を行っている。モスクワ郊外で行われている国際航空宇宙サロン「MAKC-2011(マクス2011)」の枠内で、インドはロシアのロスオボロンエクスポルト(ロシア防衛機器輸出公社)と、2、3機の追加購入について交渉を行っている。インターファックス通信が伝えた。
 ベリエフ設計局の情報によれば、今回の交渉は以前に結ばれた契約にプラスした追加的なものとなっているとのこと。インドはすでにロシアから3機を購入している。

 インドと以前に結ばれた3機の購入契約についてはすでに完全に履行されており、A-50EI早期警戒管制機はインドで積極的に使われている。

 ロシア側はインドとの間でアフターサービスについての交渉も行っている。
http://japanese.ruvr.ru/2011/08/17/54767982.html


【都心に「対テロ部隊」霞が関から3キロ圏内、数百人規模】(msn産経ニュース)

 東京都心での大規模テロへの対処能力を強化するため、防衛省が都心に、陸上自衛隊の新たな即応部隊配置を検討していることが16日、分かった。「対テロ初動部隊」と位置づけ、首相官邸や中央省庁が集まる霞が関から3キロ圏内の防衛省(新宿)周辺で数百人規模の隊員を収容できる拠点を設ける。NBC(核・生物・化学)兵器テロに備える専門部隊の一部も併せて配置する。

 防衛省は「防衛力の実効性向上の構造改革」を検討中で、8月5日にとりまとめた報告書では、離島侵攻の脅威が高まっている南西方面と並び首都圏の防衛態勢強化を掲げた。ロンドン同時爆破テロ(平成17年)やインド・ムンバイ同時テロ(同20年)など、世界各国で都市部の被害が相次ぎ、政治経済の中枢がテロの標的になることへ懸念が高まっているためだ。

 陸自で都心の防衛・警備を担うのは第1師団(司令部・練馬)で、他の師団に比べ、傘下の中核部隊の普通科(歩兵)連隊の機動力やNBC対処能力が高い。

 この第1師団の中で都心に最も近いのは練馬駐屯地の第1普通科連隊だが、それでも霞が関までは約15キロ離れている。13年の米中枢同時テロ以降、山手線内に最小限の部隊配置により、初動対応の時間を短縮することが課題とされてきた。

 NBCテロの際には、さいたま市にある専門部隊「中央特殊武器防護隊(中特防)」が出動するが、こちらも霞が関までは30キロ以上離れている。NBCテロでは偵察から汚染源や汚染物質の特定、除染までを短時間で処理することが鍵で、この面からも、都心に近い部隊が必要だった。

 都心では、土地確保や大規模施設の整備に制約があるため、同連隊や中特防の一部を3キロ圏内に前方配置する案が有力だ。重要防護施設を守るために必要な情報を平素から集めておく上でも、前線拠点があれば効率的だと判断している。

 防衛省は昨年末に策定した「防衛計画の大綱」で、第1師団をテロ・ゲリラ攻撃対処に特化した「首都防衛集団」に改編することを計画したが、検討作業の遅れもあり、見送った。



 中央特殊武器防護隊 陸上自衛隊で、ゲリラや特殊部隊の攻撃に迅速対処するための機動運用・専門部隊を集めた「中央即応集団」の傘下部隊。東京電力福島第1原子力発電所事故の対応にもあたった。前身の「第101化学防護隊」は平成7年の地下鉄サリン事件に出動した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110817/plc11081701310001-n1.htm

【この日の軍事関連ニュース】
・米・タイ演習に中国初参加(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110817/chn11081700470002-n1.htm
・アジア太平洋の兵力維持を 国防費削減論に苦言(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110817/amr11081714380011-n1.htm
・中国、タイが海軍合同演習(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110817/amr11081719510013-n1.htm
・トルコへの謝罪拒否 イスラエル首相 ガザ支援船急襲事件(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110817/mds11081721270006-n1.htm
・韓国軍、対艦巡航ミサイル開発 (イランラジオ)
http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=20373:2011-08-17-12-53-03&catid=17:2010-09-21-04-36-53&Itemid=116
・食料支援、自治体負担求めず=震災対応で防衛省(時事ドットコム)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201108/2011081700489



《8月18日(木)》

【ロシア次世代戦闘機が初の公開飛行、米F22に対抗】(ロイター)

[ジューコフスキー(ロシア) 17日 ロイター] モスクワ郊外のジューコフスキー空港で開かれた国際航空見本市で17日、ロシア最新鋭戦闘機T50の公開飛行が初めて行われた。

 「第5世代」と呼ばれるT50は米国のF22の対抗機で、ロシアのスホイ社がインドと共同開発を進めてきた。

 ロシアの航空機開発は軍民ともに、1991年のソ連崩壊後に低迷してきたが、プーチン政権下に復興に向けて多額の予算が投じられた。

 この日の公開飛行にはプーチン首相も出席。業界幹部らを前にした演説で、2011年までの3年間に約7200億円の開発費を拠出したと明かし、「国はロシア航空業界への支援をこれまで行ってきたし、これからも続ける。これは戦略的な優先事項だ」と語った。
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-22755020110818

※関連記事
・ロシア、次世代ステルス機を初公開 米F22に対抗(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110818/erp11081809160005-n1.htm


※この動画は KOJIOBOPOT さんの投稿です。ありがとうございます。


※この動画は neolink101 さんの投稿です。ありがとうございます。



【韓国軍:西北島しょ防衛司令部発足も北の挑発に右往左往】(朝鮮日報)

海軍・海兵隊指揮体系が混乱、北砲撃から1時間遅れで対応
500億ウォン掛けた新防護陣地も鋼板が薄く北ロケット砲に無力

 北朝鮮が10日に延坪島付近の北方限界線(NLL)海上で海岸砲を発射した際、韓国軍の対応が適切でなかったと指摘する声が上がっている。

 北朝鮮軍の砲撃から1時間経過してから応射をした背景には、韓国海軍と海兵隊の間で指揮体系に混乱があったためということが分かった。軍関係者によると、海兵隊の延坪部隊は当時、海軍第2艦隊司令官ではなく、海兵隊司令官(西北島しょ防衛司令部司令官兼任)にまず報告し、北朝鮮軍がNLL付近を砲撃した場合の作戦管轄権者であり、射撃命令権を持つ海軍第2艦隊司令官への報告が遅れたという。軍関係者は、これが応射が遅れた原因だとしている。

 砲撃が始まってから1時間40分後に、海兵隊延坪部隊が面事務所(面〈日本の村に相当〉の支所と公民館を兼ねた施設)に避難放送を要請したのも無責任ではないか、と指摘されている。軍関係者は「西海(黄海)上の北朝鮮の砲撃訓練は過去にも数十回あったが、住民の生活もあり、毎回避難しろとは言えない。状況に応じて判断が変わってくる。その日は第1次砲撃後の第2次砲撃に備えるのがいいと判断した」と述べた。

 昨年の延坪島砲撃後、軍は「軍事的重要性を痛感している」として、今年6月に西北島しょ防衛司令部を発足させた。しかし、「今回の事態で軍が見せた姿勢に大きな変化はなかった」という声もある。政府も昨年の延坪島砲撃を受け「官・民・軍の危機対応システムを強化する」としたが、10日の砲撃で見せた対応は「お粗末」との批判を逃れられないというわけだ。500億ウォン(約35億8000万円)を投じて建設された西北島しょK9自走砲の防護陣地鋼板は厚さが7ミリは必要だが、5ミリにすぎないとも指摘されている。昨年の延坪島砲撃で北朝鮮が使っていた122ミリ多連装ロケット砲で砲撃されれば、多大な損傷を受ける可能性があるということだ。

 これに対し、国防部(省に相当)は「弾薬庫などの重要施設には7ミリ波形鋼板を使い、5ミリを使用した一部の施設には上部に1.5メートルの土を盛り、防護力を補強した」と説明している。だが、優先順位に応じて防護力に差をつけなければならないのにもかかわらず、あらゆる直撃弾の攻撃を想定し7ミリ鋼板を使うのは無理だと批判されている。
http://www.chosunonline.com/news/20110818000021


【この日の軍事関連ニュース】
・日中の新たな輸送ルート ロシアの港経由で(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/08/18/54824180.html
・「軍や警察の作戦中止」シリア大統領がデモ弾圧問題で潘基文氏に(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110818/mds11081814070004-n1.htm
・リビア反体制派、トリポリ包囲網へ着々 カダフィ派補給困難に(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110818/mds11081819460006-n1.htm
・暗殺報道「事実でない」 韓国国防相(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110818/kor11081822310002-n1.htm
・米韓軍事演習で「核抑止力強化」 北報道官(中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/ntok0001/list/201108/CK2011081802000182.html
・米、エジプトとの軍事演習中止 政権移行を理由に(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110818/amr11081814080007-n1.htm
・米軍:未明に通信施設へ巨大運搬物(毎日新聞)
http://mainichi.jp/area/okinawa/news/20110818rky00m040001000c.html
・52万人の陸軍兵士にベレー帽さえ支給できない韓国軍(上)(朝鮮日報)
http://www.chosunonline.com/news/20110818000034
・52万人の陸軍兵士にベレー帽さえ支給できない韓国軍(下)(朝鮮日報)
http://www.chosunonline.com/news/20110818000035
・防衛省の天下り法人が独占 補助金代行業(47news)
http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011081801000909.html



《8月19日(金)》

【米軍の無人機と輸送機が衝突=戦地上空、過密化懸念-アフガン】(時事ドットコム)

【ワシントン時事】アフガニスタンで米軍の小型無人偵察機とC130輸送機が衝突し、C130が緊急着陸していたことが19日、分かった。負傷者はいなかったが、戦地上空の過密化が懸念されている。

 アフガン上空では北大西洋条約機構(NATO)の戦闘機や輸送機に加え、米中央情報局(CIA)の無人空爆機や陸軍・海兵隊の無人偵察機も飛行しており、空域の過密化も衝突の背景にあるとみられる。(2011/08/19-14:36)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011081900461

【この日の軍事関連ニュース】
・トルコ軍がイラク北部のクルド系勢力を攻撃、襲撃への対抗措置(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-22775920110819
・ドイツ製戦車を買うサウジの物騒な思惑(Newsweek日本版)
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2011/08/post-2226.php
・中国軍事専門家・平松茂雄 中国空母時代の到来を見据えよ(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110819/chn11081903000000-n1.htm
・武装勢力の連続襲撃、死者8人に イスラエル南部(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110819/mds11081909400000-n1.htm
・トルコ軍、イラク北部に越境空爆 クルド労働者党拠点狙う(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110819/mds11081911450002-n1.htm
・北朝鮮、朝鮮戦争の遺骨捜索で協議受け入れ 米提案に同意(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110819/kor11081912590000-n1.htm
・軍政下4万人が拷問・殺害 チリ政府が新報告書 性的暴行も(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110819/amr11081914000008-n1.htm
・アフガンで英機関襲撃、10人死亡 統治能力の不足鮮明(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110819/asi11081919350004-n1.htm
・「2倍にして返す」イスラエル連続襲撃 報復合戦激化の懸念強まる(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110819/mds11081919300005-n1.htm
・北朝鮮が国内敷設に前向き 露韓のパイプライン構想(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110819/kor11081923190004-n1.htm
・遺骨発掘巡り米朝軍事協議へ 北朝鮮、米の提案受け入れ(朝日ドットコム)
http://www.asahi.com/special/08001/TKY201108190406.html
・「後世に伝えたい」 蘇る軍人の心 公認会計士がミニチュア戦艦を制作(タウンニュース)
http://www.townnews.co.jp/0601/2011/08/19/114822.html
・行政当局に待避責任問う、延坪島住民が告訴へ (聯合ニュース)
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/08/19/0200000000AJP20110819002500882.HTML
・軍都の風景4 陸上自衛隊西部方面隊(朝日ドットコム)
http://mytown.asahi.com/kumamoto/news.php?k_id=44000001108190003



《8月20日(土)》

【中国空母、試験航行で9つの艦上設備・システムを点検】(サーチナ)

 中国初の空母が今月14日、初めての試験航行を終え港に戻ってきた。今後、造船所で改修と試験を継続する計画だ。試験航行は空母の試験の中でも重要な一環だ。試験航行は引渡し前と引渡し後に実施、事前準備と試験後に気づいた問題点や欠陥の改善作業などが行われる。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

 空母引き渡し前の試験航行は造船所による試験航行と最終検査がある。造船所による試験航行は海軍関係者が現場で監督する中、造船所が実施する。順調にいけば、検収班による最終検査が行われ、合格後、海軍に引き渡される。造船所による試験航行にはシステムと設備の検査、出航前演習、試験航行が含まれる。

 ◇システムと設備の検査

 この検査は港で行われる。その目的は試験時間が十分かどうか、試験日程が合理的かどうかを検証し、空母が海上で試験航行を行えるかを確定することにある。

 システムと設備の検査は大きいものだと空母上の機関銃や格納庫から、小さいものだとハッチカバーや電灯まで装備を対象に行う。主には動力電気、航海、航空、電子、兵器、ダメージコントロールといった6項目の検査を含む。

 空母が初めて試験航行する前は必ず出航前演習を行う。主には設計・建造関係者、海軍関係者を対象とした埠頭での訓練で、できる限り現実に合わせて海上作業の実際状況をシミュレートする。出航前演習には通常5日間必要で、海上試験の3日前には終了していなければならない。

 ◇試験航行

 造船所による試験航行の重点は空母の動力装置、原子炉、推進システムの性能を検証することにある。試験航行前、空母本体および試験に必要な設備の検査を行い、その動力システム、ボイラー、補助システム、パイプラインシステムなど関連設備の正常な状態を確保しなければならない。

 試験航行では主に空母の耐航性のほか、メイン推進装置、補助設備、ダメージコントロール設備、甲板設備、電気設備、環境設備、機関室安全保護装置、誘導装置、供給設備といった9つの艦上設備・システムが正常に稼動するかを点検する。(編集担当:米原裕子)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110820-00000001-scn-cn

※この動画は ANNnewsCH さんの投稿です。ありがとうございます。



【ハマスがイスラエルとの停戦破棄、衝突拡大の懸念】(cnn)

エルサレム(CNN) パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスは20日、2009年に打ち出していたイスラエルとの停戦を破棄すると発表した。軍事部門「カッサム隊」がハマス系のラジオ局で宣言した。

イスラエル南部で18日、武装勢力がバスや車両などを襲撃して7人を殺害し、イスラエルが報復攻撃でガザの武装勢力の拠点を空爆したことを受けた発表となっている。停戦が破棄されたことで、イスラエルとハマスの衝突が今後増える恐れも出てきた。

カッサム隊は声明で、正当化されないパレスチナ人の虐殺が続けられる状況の中でイスラエル占領との停戦はもはやないと述べた。ハマスはイスラエルの国家的な存在を認めていない。

ハマスは2009年、イスラエルが前年末に始めた3週間にわたるガザ侵攻作戦後、停戦に踏み切っていた。ただ、イスラエルによる侵略行為があったとした場合には、イスラエル領内に限定的な攻撃を加えていた。

米国と欧州連合(EU)はハマスをテロ組織に指定している。

一方、イスラエルによるガザ攻撃は20日も続き、ガザ市では早朝、車両を狙った空爆があり、パレスチナの病院や治安当局筋によると5歳の男児を含む3人が殺害された。イスラエルの報復空爆は18日以降続いているが、パレスチナ人の死者はこれで12人以上となった。
http://www.cnn.co.jp/world/30003739.html?ref=ng

※関連記事
・ハマス、イスラエルとの休戦を破棄
http://japanese.ruvr.ru/2011/08/20/54920024.html
・米軍イラク駐留、訓練部隊は来年以降も 戦闘部隊は撤退
http://www.asahi.com/international/update/0820/TKY201108200129.html
・ロシア、イスラエルに自制を呼びかける
http://japanese.ruvr.ru/2011/08/20/54927294.html

【この日の軍事関連ニュース】
・韓国軍:対砲レーダー不足で首都圏防衛に不安(上)(下)(朝鮮日報)
http://www.chosunonline.com/news/20110820000042
http://www.chosunonline.com/news/20110820000043
・防衛省天下り団体が契約独占 基地維持の事業にメスを(しんぶん赤旗)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-08-20/2011082002_01_1.html
・首都進撃の要衝を「解放」 リビアの反体制派(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110820/mds11082009390000-n1.htm
・ガザ空爆、7人殺害 イスラエル、報復続行(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110820/mds11082009560001-n1.htm
・防衛省、与那国島の町有地取得へ 賛否二分、町民反発も(47news)
http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011082001000715.html
・宮城・東松島市で被災を免れたブルーインパルス6機がアクロバット飛行を披露(FNN)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00205830.html
・ブルーインパルス、松島の空に戻る(ヨミウリ・オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110820-OYT1T00628.htm
・中国の空母戦略は孫子の兵法を深く掘り下げたもの=米誌(サーチナ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110820-00000020-scn-cn
・リビア反体制派、各地で要衝制圧(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110820/mds11082022140003-n1.htm
・ロケット弾攻撃続く イスラエルで11人負傷(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110820/mds11082022150004-n1.htm
・リビア石油相が政権離脱か チュニジアで「帰国せず」(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110820/mds11082022380006-n1.htm
・国防部「軍事機密流説した予備役も処罰可能」(innolife)
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=1&ai_id=136688
・墜落F15のフライトレコーダー、海底から回収(ヨミウリ・オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110820-OYT1T00644.htm

最後までお読み戴きありがとうございます。当ブログに興味・関心をもって戴ければうれしいです。またいらしてくださいねヽ(´ー`)ノ。o○(ア)(リ)(ガ)(ト)(ウ)

がんばれ日本!自衛隊!

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ人気ブログランキングへ

更新状況はtwitterにも流れています。 
Twitter ボタン ジェネレーター

はてなブックマークやRSSリーダーにも流れます。
はてブで更新状況




 このエントリーをはてなブックマークに追加




☆おすすめキーワード★
航空自衛隊 航空自衛隊の組織 航空自衛隊の任務(お仕事) 軍隊と警察の違い 週刊軍事ニュース 自衛官の生活 防空作戦 自衛隊への疑問 予備自衛官 人事政策

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック