週刊!?軍事ニュース(4月17日~4月23日)


皆様の1クリックが自衛隊・安全保障に関する情報・知識の普及につながります。宜しくお願い申し上げます。
↓クリック↓
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ人気ブログランキングへ

週刊軍事!?ニュースです。

今回は平成23年4月17日から4月23日です。主な軍事ニュースは

17日:【東日本大震災】F2、防空の要所復活へ、奮い立つ松島基地
    激化する米中スパイ合戦 
   【ジョークは語る】北の兵士の下着交換
18日:対リビア、地上部隊派遣の見方強まる 英紙報道
19日:「準天頂衛星」来年度本格導入を要求へ 超党派国会議員 防災力向上にも期待
20日:基地警備教導隊が発足 空自、英ベンガジに軍事顧問団派遣 反体制派を支援
21日:米議会報告書 中国、軍事高度技術を外国から違法取得
   津波で水没のF2戦闘機、分解調査へ 修理可能か見極め
   ロシア 航空宇宙防衛軍を創設へ
   米国、中距離弾道ミサイル防御に成功 中国で高い関心
22日:米陸軍、「Android」ベースの軍事用デバイスを開発
   中国系米国人、軍への志願が増加=経済環境の悪化から―米国
23日:北にらみ「サイバー司令部」増強 韓国国防省

などです。これは武器、これは民生品と明確に分けられません。プログラミングの分野でも軍民の垣根は低くなりそうです。

----------------------------------------------------------------------
※記載された日付は報道された日付です。
※情報元はリンク先です。各社の保存期限によりリンク切れの場合があります。
※記事内に動画がある場合、動画再生の際には音量にご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

失敗の本質←週間・軍事本ランキング(楽天)


《平成23年4月17日(日)》

【【東日本大震災】F2、防空の要所復活へ、奮い立つ松島基地】(msn産経ニュース)

東日本大震災で深刻な被害を受けた航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市)。水没した18機の教育用F2戦闘機の修理が17日、始まった。当初廃棄処分は避けられないとみられたが、防衛省は復活可能と判断した。滑走路は懸命な復旧作業で航空機の離着陸が再開され、被災地への物資輸送の前線拠点の役割を果たしているが、基地機能はまだ回復されていない。「北の空の砦(とりで)」ともいえる同基地の修復に向け、全国各地から1千人以上の空自隊員が志願して集まっている。(半沢尚久)

離島侵攻対処に不可欠

 17日午前10時半。格納庫に置かれた1機のF2に10人ほどの空自隊員が近づく。翼に上がると、愛機をいたわるように布でほこりを拭き取る。復活に向けた作業は静かに始まった。

 同基地のF2は新人パイロット養成用だ。10カ月の養成課程も残り数週間のところを3月11日、津波が襲った。滑走路脇に並んだF2を次々とのみこむ濁流。ある隊員は「渦に巻かれるように機体が回転した」と話す。

 約40人いる新人は翌12日から三沢基地(青森県)に移っていった。「早く一人前になって教官として帰ってこい」。ベテラン隊員は笑顔で送り出したという。

 F2は対地・対艦攻撃能力の高さが特徴。中国による武力行使の際に想定される離島侵攻に対処するうえで不可欠だ。津波に流されたり、水につかったりしたため使用不能となったが、防衛省は修理可能と判断し、修理費の見積もりに着手した。

 F2は今秋に最終号機の納入が終わるため部品調達が困難となることも予想される。だが、基地司令の杉山政樹空将補は「F2の教育機能と基地機能を全面復旧させる」と強調した。


 空自幹部も「『地上分散・空中集中』が航空作戦の鉄則。平時に戦闘機部隊を置いていなくても、有事では松島基地は要所だ」と指摘した。松島基地ではF2を練習機として使っているが、有事の際は支援戦闘機として投入されるからだ。

地べたをはう隊員

 昼どきに基地内を歩くとがれきを集め、機材を洗う隊員があちこちにいた。食堂で昼食をかきこみ、とんぼ返りしてきたのだろう。

 救助、給水・炊き出し、不明者捜索-。震災発生以降、隊員は被災者支援に全力を注ぎ、基地の修復は後回しにした。例外として最優先で取り組んだのが滑走路の復旧だった。泥や流木を除去し、2本ある滑走路のうち1本は震災3日後には離着陸が可能となった。

 16日午前5時半、復旧後初めて着陸したのは米軍輸送機だった。嘉手納基地(沖縄県)から来た特殊部隊はここから仙台空港の復旧調査に向かった。

 基地近くの「大曲市民センター」。通路をのぞき込むと若い隊員が黙々とヘドロを集めていた。

 民生支援や不明者捜索に投入されているのは、全国から集まってきた応援の空自隊員だ。基地本来の所属隊員は1100人で、応援部隊も1100人。所属隊員が基地機能の復旧に専念できる態勢を敷いた。応援部隊は志願制で士気も高いが「地べた」の活動に慣れていない。くぎを踏みけがをする隊員も相次いでいる。

 夕方、基地の体育館に入った。応援部隊の居住スペースだ。すし詰め状態で簡易ベッドがずらり並ぶ。隊員はチューブに入った「パック飯」を食べていた。

 外に出ると、つぼみをふくらませた桜の木の前を幟(のぼり)を持った隊員が横切った。「千里同風」。世の中がよく治まっているという意味のこの幟は全国の基地に配られているという。全空自隊員が一丸になっていると確信した。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110417/dst11041721530051-n1.htm


【激化する米中スパイ合戦、中国が優位に活動を展開―英メディア】(Record China)

2011年4月15日、ロイター通信は米中間でネットを利用したスパイ活動が激化していると報じた。現時点では中国が優位に諜報活動を進めているという。環球網が伝えた。

米中の経済関係、金融関係が緊密化するのに伴い、両国は互いにスパイ活動を強化している。この戦いを優位に進めているのは中国。ある米国関係者によると、中国のハッキングにより米国務省や兵器プロジェクトの資料などが盗み出されたという。

ハッキングの経路をたどると、最終的に中国人民解放軍にたどり着く。この中国によるハッキングを米調査機関は「ビザンチン・ハデス」と名付けている。米国はハッキング対策を強化しているが、中国発の攻撃は収まるところを知らず、むしろさらに激化する傾向にあるという。(翻訳・編集/KT)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110417-00000000-rcdc-cn


【【ジョークは語る】北の兵士の下着交換…】(msn産経ニュース)

韓国人にとって北朝鮮はジョークのネタとしての定番だ。中でも独裁体制を続ける金正日総書記がターゲットになると皮肉には強力な“毒”がこもる。たとえばこんな具合に。

 ある日、養豚場を視察した金正日総書記がブタと記念写真を撮った。党は将軍さまが動物を愛する慈悲深い指導者であることを世界にアピールするため、新聞に掲載することを決めたが、ぴったりくる写真説明が浮かばず編集局は激しい議論になった。

 「『ブタと一緒にいらっしゃる金正日同志』では」

 「単純すぎる」

 「『ブタが金正日同志を囲む』にしてみては」

 「慈悲が感じられない」

 結局、新聞にはこんな説明が載った。

 『左から3番目が金正日同志』

 一党独裁体制が60年以上も続くと、北の住民にとって党は、恐怖の対象であると同時にうっとうしい存在でもあるようだ。

 地下鉄で2人の男が話していた。

 「同志は党で働いていますか」

 「いいえ」

 「以前は」

 「いいえ」

 「では、ご親戚(しんせき)にはどなたか…」

 「いませんが」

 「だったら足をどけろ。さっきから踏んでるんだよ」


 先軍政治で優遇されている朝鮮人民軍でも物資の配給に滞りが出ている。それもこんな小話になった。補給品の不足に困っている部隊で将校が兵士に言った。

 「諸君、きょうはいい話と悪い話がある。まず、いい話だが、諸君は下着の交換が認められた」

 歓声をあげて喜ぶ兵士らを一瞥(いちべつ)し、将校は続けた。

 「そこで悪い話だが…。下着は隣の同志と交換だ」(ソウル 加藤達也)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110417/kor11041712010002-n1.htm

【この日の軍事関連ニュース】
・NATO諸国 リビア作戦での高精度爆弾 ほぼ使い果たす(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/04/17/49051802.html
・米韓合同ミサイル防衛システムについて共同研究に着手か(サーチナ)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0417&f=politics_0417_002.shtml
・報酬69万円・敵はアルカイダと言われ…リビア政府兵(asahi.com)
http://www.asahi.com/international/update/0416/TKY201104160403.html
・【軍事情勢】「零省」の国防白書を出す国(イザ)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/502849/



《平成23年4月18日(月)》

【この日の軍事関連ニュース】
・バーレーン軍事法廷 暴動参加者らの裁判を開始(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/04/18/49082531.html
・理屈を超越した「勇気」と「決断」強く優しい戦士たち(zakzak)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110418/dms1104181141002-n1.htm
・米国務省、シリア反政府派に秘密資金 米紙報道(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110418/amr11041818360010-n1.htm
・自衛隊、原発30キロ圏内の捜索開始 重機でがれき除去(asahi.com)
http://www.asahi.com/politics/update/0418/TKY201104180154.html
・米国務長官来日「揺るぎない支援」表明(イザ)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/503054/
・防衛省、震災対応で1次補正に1890億円要求(ヨミウリ・オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110418-OYT1T00792.htm
・最前線の海兵隊配属へ 韓流スター・ヒョンビンさん(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110418/kor11041823170005-n1.htm
・対リビア、地上部隊派遣の見方強まる 英紙報道(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110418/mds11041823380007-n1.htm



《平成23年4月19日(火)》

【「準天頂衛星」来年度本格導入を要求へ 超党派国会議員 防災力向上にも期待】(msn産経ニュース)

民主、自民、公明3党の有志国会議員が、平成24年度からの米国のGPS(衛星利用測位システム)を補完・補強する準天頂衛星の本格導入を求める決議をすることが18日、わかった。東日本大震災を教訓に「災害時の安否確認や救難支援の要請が可能になる」として、19日に開く「宇宙基本法フォローアップ議員協議会」(共同座長・河村建夫元官房長官、樽床伸二民主党元国対委員長)で決議、同日中に政府に申し入れ、宇宙開発戦略本部が年内に策定する事業計画に反映されるよう働きかける。

 同協議会は、準天頂衛星を導入するにあたり、24年度からの実用システムの整備着手▽開発・整備・運用主体は内閣府▽国費による整備-などを求める。同時に内閣府の外局「宇宙庁」の設置も要求する。

 政府は、22年9月に打ち上げられた初号機「みちびき」での実証試験などをもとに、年内に実用システム導入の可否を判断する。

 準天頂衛星が7基あればGPSに依存しなくても日本周辺の測位が可能になる。ただ、7基の整備には2千億円以上かかり、利用が想定される防衛省は「米国のGPSから精度の高い軍用コードを供与されている」と導入に慎重だ。

     ◇

 準天頂衛星 日本のほぼ天頂(真上)を通る軌道を持つ人工衛星。地上へ電波を送信するだけの米国のGPS衛星と違い、双方向通信機能を搭載できるのが特徴。1基につき1日8時間、日本の天頂付近を飛行するので、3基あれば24時間態勢で測位できる。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110419/stt11041901310000-n1.htm


【大震災不明者 日米再び集中捜索 3県下の沿岸部など 99遺体を収容】(朝雲ニュース)

 東日本大震災で岩手、宮城、福島の各県で災害救援活動を行っている自衛隊統合任務部隊(JTF、指揮官・君塚栄治東北方総監)は、災害発生から1カ月を迎えるのを前に4月10日、在日米軍と共同して2回目の行方不明者集中捜索を実施し、99人の遺体を収容した。自衛隊による遺体収容は8432人となった。12日現在、死者は1万3228人で、1万4529人が依然行方不明のままとなっている。一方、放射能漏れで深刻な事態となっている東京電力福島第1原子力発電所の緊急事態に備えた即応集団などの原発対処部隊(450人)は、米国から派遣された「化学・生物兵器事態対応部隊(CBIRF)」と大宮駐屯地の化学学校などで対処要領などの調整作業を始めた。JTFは11日現在、10万6450人体制を維持、救援物資の輸送、被災地での給食、給水、入浴、医療などの各生活支援、施設器材を使った道路啓開、瓦礫除去などに従事している。

10万6000人体制の活動続く

 自衛隊統合任務部隊は4月10日、地震と津波被害による行方不明者の2回目の集中捜索を米軍、海上保安庁などと共同で岩手、宮城、福島各県で行った。
 捜索には米軍約110人を含む約2万2000人と艦艇50隻、航空機約90機が参加、これまで不明者の遺体が多数見つかっている冠水地域や湾内などを中心に捜索した。

                ×  ×  ×

 宮城県東松島市・大曲地区では集中捜索の様子が報道陣にも公開された。空自松島基地に近い同地区は現在も水田地帯で津波による冠水のままで、土ぼこりが舞う住宅地では市民が家具を外に運び出し水洗いする横で、廃材と悪臭を放つ泥田が広がり、パワーショベルで牛の死骸が吊り上げられたり、埠頭には押し上げられた小型タンカーが見えるなど、津波から1カ月たった今も、異様な光景のままだ。
 そんな中、陸自6戦大(大和)と松島基地を拠点に活動中の空自災派部隊がとび口などを手に水田に入り、慎重に廃材を手でかきわけ、とび口で水中を探りながら横一列で進む。地味でもどかしい捜索だが、他に手段はない。
 午後からは海自ヘリで岩手・宮城県境の広田湾に展開する掃海母艦「ぶんご」(基準排水量5700トン、呉)に乗艦、内火艇2隻に分乗して沿岸部の捜索を取材。ゴムボート2隻に乗った海自水中処分隊員が水中を捜索している。6人のダイバーが潜水、約10メートルの横列で沖から岸に向かい、水深約5、6メートルの海底に敷設した約200メートルのロープに沿って泳ぎながら捜索。海は濁りがひどく、手探りといってもいい状態だ。
 「ぶんご」で取材陣のインタビューに応じた掃海隊群司令の福本出将補は、「約1カ月間捜索を続け、隊員に心身の疲労が蓄積しているのは事実だが、避難所の不自由な生活の中、家族の安否を気遣う被災者のことを思うと、一刻も早く不明者を探すことが第一。不明者の家族も探す我々も、互いの励ましの言葉に支え合いながら捜索を続けている感じがする」と話した。
 この日は午前8時から日没まで、3県下の沿岸部などで捜索を続けた結果、自衛隊は99遺体を発見、収容した。しかし、行方不明者はまだ1万4000人を超える。
 「時期や規模は未定だが、次回の集中捜索実施も検討している」と、JTF司令部・元脇総務部長。心身ともに厳しい任務はまだ続く。(相馬真人記者)
http://www.asagumo-news.com/news/201104/110414/11041401.html

【この日の軍事関連ニュース】
・中国ステルス戦闘機が2度目の試験飛行か、新聞が写真掲載(ロイタ-)
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-20699720110419
・中国の航空機業界が成熟期に、大型ジェット旅客機製造に着手―技術集約型に転換(Record China)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110419-00000003-rcdc-cn
・シリア治安部隊がデモ隊に発砲、30人死亡(asahi.com)
http://www.asahi.com/international/update/0418/TKY201104180533.html
・米専門部隊が来週帰国 当面危機回避と判断(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110419/plc11041901010000-n1.htm
・F2の冠水で操縦課程を三沢で再開(朝雲ニュース)
http://www.asagumo-news.com/news/201104/110414/11041406.html
・米海兵隊の核専門部隊、来週に帰国へ(asahi.com)
http://www.asahi.com/international/update/0419/TKY201104190112.html?ref=rss
・タリバンがアフガン訪問の仏国防相狙う、省内発砲で9人死傷(ロイタ-)
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-20683820110418
・大臣会見概要(防衛省)
http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2011/04/19.html
・ありがとう米海兵隊 気仙沼大島 壊滅の港湾施設復旧へ黙々と作業 心打たれた「トモダチ作戦」 島民300人熱い見送り(朝雲ニュース)
http://www.asagumo-news.com/news/201104/110419/11041901.html
・大島の中学生 久々の入浴楽しむ 「ひゅうが」艦内で(朝雲ニュース)
http://www.asagumo-news.com/news/201104/110419/11041902.html
・活動中の「あすか」乗員 被災地で親戚と再会(朝雲ニュース)
http://www.asagumo-news.com/news/201104/110419/11041903.html
・隊員募金で被災者にきしめん4000食(朝雲ニュース)
http://www.asagumo-news.com/news/201104/110419/11041904.html
・サプリメント14万4000本隊員へ JOCが支援(朝雲ニュース)
http://www.asagumo-news.com/news/201104/110419/11041905.html
・山林火災など地震以外でも災派続く(朝雲ニュース)
http://www.asagumo-news.com/news/201104/110419/11041906.html
・自衛隊の活動拠点、Jヴィレッジの映像公開(ヨミウリ・オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110419-OYT1T00648.htm
・NATO、カダフィ派最精鋭部隊本部を空爆(ヨミウリ・オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110419-OYT1T01151.htm
・福島第1原発:派遣の自衛官懲戒免職 2度の窃盗容疑(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110420k0000m040117000c.html
・中国軍の次世代ステルス戦闘機、再び試験飛行(ヨミウリ・オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110419-OYT1T00969.htm
・中国次世代ステルス戦闘機「殲20」が再飛行(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110419/chn11041920170002-n1.htm
・中国 朝鮮半島の六カ国協議再開を呼びかけ(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/04/19/49145292.html
・イラク北部 反体制派と治安維持部隊が衝突(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/04/19/49144163.html
・サルコジ大統領、リビア反体制派議長と会談(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110419/mds11041920210009-n1.htm
・リビア空爆1カ月 見えぬ着地点、反体制派に焦燥感(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110419/mds11041920200008-n1.htm



《平成23年4月20日(水)》

【基地警備教導隊が発足 空自】(朝雲ニュース)

 22年度末の部隊改編で、空自は基地警備教導隊(岡一郎2佐以下約40人)が3月28日、百里基地に新編された。装備は軽装甲機動車と小銃などの小火器。東日本大震災の影響で3月末に予定されていた式典行事は延期された。

 同隊は、各基地を巡回してそれぞれの立地の特性を踏まえた適切な基地警備要領を教導するとともに、基地警備に関する調査、研究を行う。

 空自では平成18年3月に航空総隊(府中)の中に基地警備研究班を発足させ、順次人員を増員するなどして今回の新編に備えてきた。
http://www.asagumo-news.com/news/201104/110420/11042002.html

・ひと言
 航空自衛隊は基地を拠点に作戦行動を行ないます。基地の警備は優先事項です。


【英、ベンガジに軍事顧問団派遣 反体制派を支援】(msn産経ニュース)

 最高指導者カダフィ大佐の率いるリビア政府軍と戦う反体制派を支援するため、英国のヘイグ外相は19日、英軍将校からなる軍事顧問団をリビア北東部ベンガジに派遣すると公表した。

 反体制派の軍事訓練や軍事作戦の立案、遂行にはかかわらないとしているが、英将校がリビアで直接、反体制派支援に乗り出すことで、軍事介入拡大の可能性が高まった。

 英外務省の声明によると、軍事顧問はベンガジに拠点を置く反体制派に対し、軍事上の組織構築や通信、後方支援の面で助言を行う。

 一方、AP通信によると、リビア政府のカイム外務次官は、人道物資を輸送する車列の護衛であっても「リビア政府は人道的な任務とは見なさず、戦闘になるだろう」と警告した。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110420/erp11042011150007-n1.htm

※関連記事
英仏伊 リビアに軍事顧問団派遣 反体制派支援 地上部隊派遣は否定
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110420/mds11042018440007-n1.htm

【この日の軍事関連ニュース】
・防大入校式 五百旗頭校長式辞(朝雲ニュース)
http://www.asagumo-news.com/news/201104/110420/11042008.html
・東北6県から自衛官候補生 74人が朝霞・女教隊に入隊 被災体験、生かして頑張る(朝雲ニュース)
http://www.asagumo-news.com/news/201104/110420/11042007.html
・海自隊員、旧軍の慰霊碑に献花(朝雲ニュース)
http://www.asagumo-news.com/news/201104/110420/11042004.html
・防研が2011年版「東ア戦略概観」 各国の国防費削減など分析 「中国安保レポート」も発表(朝雲ニュース)
http://www.asagumo-news.com/news/201104/110420/11042001.html
・救援活動で北沢大臣 米太平洋艦隊司令官に謝意(朝雲ニュース)
http://www.asagumo-news.com/news/201104/110420/11042003.html
・治安部隊が発砲、3人死亡 仲介は継続 イエメン(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110420/mds11042012240004-n1.htm
・シリアで反政府デモ継続 非常事態令解除の承認後(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110420/mds11042012260005-n1.htm
・「スリランカ政府軍の砲撃で多数の市民が死亡」国連報告書(cnn)
http://www.cnn.co.jp/world/30002492.html?ref=ng
・東日本大震災:自衛隊10万人態勢縮小 月末にも判断(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110420k0000m040171000c.html
・NATO、カダフィ政権の司令部空爆(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110420/mds11042001280001-n1.htm
・ミシェル夫人ヒヤリ…搭乗機、米軍輸送機とニアミス(asahi.com)
http://www.asahi.com/international/update/0420/TKY201104200479.html



《平成23年4月21日(木)》

【米議会報告書 中国、軍事高度技術を外国から違法取得】(msn産経ニュース)

【ワシントン=古森義久】米国議会諮問機関の「米中経済安保調査委員会」は20日、中国の科学・技術近代化計画についての報告書を公表し、中国が兵器類の性能を高める軍事高度技術を外国から違法に大量取得していることへの警告を発した。

 報告書は中国が軍事、非軍事の両面で科学・技術の飛躍的な発展を目指し、とくに軍事面ではここ10年に「目をみはる進歩」があったと強調。その具体的結果として衛星破壊ミサイル、対艦弾道ミサイル、無人軍用機、次世代ステルス戦闘機「殲20」をあげ、そのいずれもが米軍を標的としていると述べた。

 また、中央軍事委員会と国務院に直結する国防科学技術工業委員会(COSTIND)の権限が近年、大幅に強化され、人民解放軍と防衛産業とを包括し、軍事技術の開発に集中するようになった、としている。その重点はとくに指揮・統制、通信、情報監視、偵察、航空、宇宙、情報技術などにおかれたという。

 報告書は米国当局が中国をこの種の軍事技術を外国からスパイや窃盗、サイバー攻撃という違法手段で取得する世界最大の脅威とみなしている点を明記。この数年間でも「中国の工作員が米側の宇宙飛行技術、ミサイル技術、レーダー、電子戦争技術、軍艦データ、無人飛行機技術、熱イメージ・システム、暗視システムなどを実際に不法に取得し、あるいは取得を試みた」として約10件の検挙例を列記した。この種の軍事関連技術の中国による違法取得は米側に年間数千億ドルの損害を与えているという。

 中国当局はここ数年、米国の政府、軍部、防衛産業から情報を盗むためコンピューター・システムに侵入するサイバー攻撃を実行しているとも指摘。実例として主要企業のノースロップ・グラマン社からの被害報告を紹介している。

 また、中国がCOSTINDの指導下で外国民間企業の軍事汎用(はんよう)技術を組織的に軍事利用しているとし、その一例として「日本の三菱重工、川崎重工、IHI、住友重工、日立造船などが大連などで中国の造船事業に加わり、その代償として中国側に移転する高度の造船技術が中国海軍の艦艇建造に重要な利益をもたらしている」と指摘した。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110421/chn11042118170004-n1.htm


【津波で水没のF2戦闘機、分解調査へ 修理可能か見極め】(asahi.com)

 防衛省は、津波被害を受けた航空自衛隊松島基地(宮城県)で水没したF2戦闘機18機を修理できるかどうか見極めるため、136億円の予算を投じて、分解調査に乗り出す。

 松島基地のF2は教育訓練用で、同基地に配備された18機すべてが深さ約2メートルの海水につかった。製造した三菱重工が機体を分解して検査する予定だが、修理は難しいとの見方が強く、防衛省幹部は「海水で電子機器やエンジンは全部ダメだろう。2機でも3機でも使えるようになればいいのだが」と嘆く。

 防衛省は、震災復旧のための2011年度第1次補正予算案に1890億円を計上する予定。このうちF2の分解調査費は112億円。12、13年度予算で計24億円を加え、計136億円となる見通しだ。新品のF2は1機120億円で、分解調査費は1機分の購入額を上回る。
http://www.asahi.com/politics/update/0421/TKY201104210356.html?ref=rss


【ロシア 航空宇宙防衛軍を創設へ】(ロシアの声)
ロシア宇宙軍の司令官であるオレグ・オスタペンコ少将は21日声明を発表し、ロシア宇宙軍を基礎にし、2011年中にも航空宇宙防衛軍が創設されることを明らかにした。
 航空宇宙防衛軍は、現在存在する対空・対ミサイル防衛システム、およびロケット警戒・宇宙空間管制システムを統一する形で創設される。

 ロシアのドミトリー・メドヴェージェフ大統領は、2011年12月1日までに航空宇宙防衛軍を創設するよう指示を出していた。
http://japanese.ruvr.ru/2011/04/21/49272338.html


【米国、中距離弾道ミサイル防御に成功 中国で高い関心】(大紀元)

 【大紀元日本4月21日】米ミサイル防衛局(MD)は現地時間15日、ハワイ沖の太平洋で中距離弾道ミサイルの迎撃実験に成功したと発表した。「中国に照準を合わせている」と専門家が評し、中国でも高い関心を呼んでおり、新華社、中国日報、法制晩報等の中国政府メディア各社は16日と17日に実験を詳しく報道した。

 米ミサイル防衛局は今回の実験を「これまでで最も挑戦的な実験」だとしており、イージスBMD3.6.1にとって遠隔追跡データを用いた初めての中距離弾道ミサイル(射程3000km~5500km)迎撃実験であり、遠隔レーダーの利用はSM-3の守備範囲を著しく向上させるものであると発表した。

 情報筋から、今回の実験で米国は北朝鮮のムスダンミサイル(射程3200~5500キロ)と中国の東風‐21D準中距離弾道ミサイルに対して防御能力を備えたことが証明されたと伝えられた。

 元中国海軍軍官、軍事専門家の宋暁軍氏は16日「法制晩報」のインタビューで、「米ミサイル防御試験は明らかに中国、イラン及び北朝鮮を標的としている。米国は自国にとって脅威の国家をけん制しようとしている。米国はイラン及び北朝鮮を危険国家と見なしており、中国の台頭に圧力を感じている」と述べた。

 中国海軍将軍で国防大教授の張召忠氏は17日、中央人民ラジオ局第1放送「中国之声」で、この防御システムは「直接的には北朝鮮、更には中国に対抗するためのもの」だと話した。さらに、ロシアのアジア地域、特に東アジア、シベリア一帯にとっても大きな脅威となり、ロシアのミサイル防御システムの効果を弱めることにもなるとしている。
(編集・高遠)
http://www.epochtimes.jp/jp/2011/04/html/d52993.html?ref=rss

【この日の軍事関連ニュース】
・米、リビア反体制派支援へ 非軍事分野に2500万ドル(asahi.com)
http://www.asahi.com/international/update/0421/TKY201104210061.html
・国連 リビア政府の承認のもと視察団を派遣(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/04/21/49247674.html
・自衛官、被災地派遣直前「行きたくない」と犯罪(ヨミウリ・オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110421-OYT1T00100.htm
・米軍、絹の弾道ボクサーパンツをアフガンへ(cnn)
http://www.cnn.co.jp/usa/30002511.html?ref=ng
・米、公電流出容疑の上等兵を移送 処遇批判かわす狙いか(asahi.com)
http://www.asahi.com/international/update/0421/TKY201104210062.html
・韓国、中国軍留学生受け入れへ 台湾軍との交換は廃止(asahi.com)
http://www.asahi.com/international/update/0420/TKY201104200694.html(asahi.com)
・「リビア軍の市民攻撃は犯罪」国連人権高等弁務官が警告(asahi.com)
http://www.asahi.com/international/update/0421/TKY201104210067.html
・ストレス少ない業界は医療関係、多いのはパイロット=米調査(ロイタ-)
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-20742820110421
・アカデミー賞候補の著名写真家が砲撃で死亡(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110421/mds11042110020002-n1.htm
・反体制派、外国地上部隊を一部容認(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110421/mds11042110050003-n1.htm
・米政権、反体制派を直接支援 医療品など20億円相当(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110421/amr11042110100001-n1.htm
・「軍事行動は解決にならない」AU委員長、政治解決を強調(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110421/amr11042110250003-n1.htm
・オーストラリア連邦首相への防衛大臣の表敬訪問等について(防衛省)
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2011/04/21b.html
・駐留軍用地特措法に基づく裁決の申請等の公告及び裁決申請書等の縦覧について(防衛省)
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2011/04/21c.html
・グアンタナモで初の死刑求刑、米駆逐艦テロ事件で(cnn)
http://www.cnn.co.jp/usa/30002517.html?ref=ng
・中国の対外援助 45%はアフリカ向け(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110421/chn11042118520005-n1.htm



《平成23年4月22日(金)》

【米陸軍、「Android」ベースの軍事用デバイスを開発--SDKを今夏にはリリース】(cnetjapan)

Don Reisinger?(CNET News)?翻訳校正:?川村インターナショナル 2011/04/22 12:55

米陸軍は今週、ウェブサイトで、「Android」ベースの「Joint Battle Command-Platform」(JBC-P)デバイスの評価を行っており、配備に向けて動いていると発表した。

 JBC-Pハンドヘルドは、Androidを大幅に改変した「Mobile/Handheld Computing Environment」で動作する。現在はプロトタイプであるが、戦術行動中の兵士のモバイル通信環境に大きな成果をもたらす。米陸軍は、サードパーティー開発者が新しいアプリを制作するためのソフトウェア開発キット(SDK)を、2011年夏にリリースする計画だ。これにより、新しく開発されたさまざまなアプリケーションを兵士が利用できるようになると米陸軍は述べている。

 このような端末は前線にいる兵士にとって非常に有益であると、米陸軍は主張している。その理由の1つに、野外演習を行っている兵士が、敵や爆弾を見つけた際にその位置をデバイスに入力することで、その地域にいる他の兵士が端末からその情報を得ることができるようになることを挙げている。また、自分の部隊の他の兵士を追跡する際にも役に立つという。
http://japan.cnet.com/news/service/35002054/


【中国系米国人、軍への志願が増加=経済環境の悪化から―米国】(Record China)

19日、米国に住む中国系の若者の間で、軍に志願する人が増えている。その背景には、金融危機などによる不景気で雇用環境が悪化したことなどがあるという。写真は上海を訪問する米国海軍兵士。
2011年4月19日、米華字ニュースサイト・多維新聞によると、米国に住む中国系の若者の間で、軍に志願する人が増えている。その背景には、金融危機などによる不景気で雇用環境が悪化したことなどがあるという。

【その他の写真】

6年前に米軍へ入隊したある中国系兵士によると、2010年秋頃から志願を希望する中国系の若者が増え、現在では新兵には現地で生まれた中国系や中国・台湾からの新移民が多数いるという。特に中国本土出身者が中国系兵士に占める割合は約半数に上ると話す。

新兵の給与は少なくとも月150ドル以上。その他にも年最大約700ドルの再教育費もあり、無利子の住宅ローンや除隊後の手当も充実しているなど軍は待遇や福利が良く、2カ国語が使用できれば、その手当もつく。また、入隊すれば市民権の獲得に多大なメリットがあることも中国系の若者の軍への志願を後押しする要因になっていると記事は指摘している。(翻訳・編集/岡田)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110422-00000017-rcdc-cn


【米国がパキスタンに無人偵察機「レイブン」85機供与へ】(msn産経ニュース) 

 ロイター通信は21日、米軍当局者の話として、米政府が無人偵察機85機をパキスタンに提供すると報じた。パキスタン政府は米国の無人機による爆撃を何度も非難してきた一方で、無人機に関する技術提供を求めていた。

 提供するのは映像撮影機能などを備えた小型無人機「レイブン」で、翼長1.4メートル、重量1.9キロ。航続距離は短く、パキスタン北西部部族地域で武装勢力掃討作戦の一環として、米中央情報局(CIA)などが使用している爆撃可能な無人機ではないという。

 これとは別に米政府は、より大型で航続距離の長い無人偵察機「シャドー」も提供する方針。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110422/amr11042210130002-n1.htm


【この日の軍事関連ニュース】
・空母建造施設にサッカー場 上海、外国人技術者用か(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110422/chn11042217280004-n1.htm
・被災地で活動の自衛隊員、延べ403万人(ヨミウリ・オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110422-OYT1T00185.htm
・検証・大震災:自衛隊員10万人、史上最大の作戦(その2止)(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110422ddm010040189000c.html
・政府軍、東部の石油施設空爆か 反体制派の原油生産再開に影響も(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110422/mds11042208100001-n1.htm
・中国航空母艦、夏に進水?専門家: 戦える空母になるのは5年後(大紀元)
http://www.epochtimes.jp/jp/2011/04/html/d99553.html?ref=rss
・シリアの非常事態法、48年ぶりに解除(cnn)
http://www.cnn.co.jp/world/30002521.html?ref=ng
・米大統領、リビアでの攻撃用無人機の使用を承認(cnn)
http://www.cnn.co.jp/usa/30002520.html?ref=ng
・カンボジアとタイ、国境付近で交戦 4人死亡(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110422/asi11042210560000-n1.htm
・外相、竹島での韓国国会開催に「日本の領土だ。中止すべき」抗議(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110422/plc11042211000013-n1.htm
・大臣会見概要(防衛省)
http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2011/04/22.html
・タイ・カンボジア交戦「ASEAN首脳会議で話し合う」(asahi.com)
http://www.asahi.com/international/update/0422/TKY201104220452.html
・リビアへの地上作戦開始 間近か(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/04/22/49331328.html
・カダフィ政府軍の地上部隊、空爆で戦力40%低下=米軍(ロイタ-)
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-20774120110422
・北澤防衛大臣の出張予定について(防衛省)
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2011/04/22c.html
・防衛省ヘリポートの使用予定について(防衛省)
http://www.mod.go.jp/j/approach/chouwa/heliport/2011/04/22.html
・韓国のビラ散布に北「全面射撃」 太陽節の実施に反発か(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110422/kor11042219400003-n1.htm
・「政府軍戦力は3~4割低下」 リビア空爆で米軍トップ(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110422/amr11042220050009-n1.htm
・米無人機爆撃、女性や子ら含む25人死亡 パキスタン(asahi.com)
http://www.asahi.com/international/update/0422/TKY201104220454.html



《平成23年4月23日(土)》

【北にらみ「サイバー司令部」増強 韓国国防省】(msn産経ニュース)

 韓国国防省は23日までに、北朝鮮などによるサイバーテロ・攻撃に備えた韓国軍の「サイバー司令部」について、現在約500人の人員を倍増するなど組織の拡充を図る方針を決めた。韓国政府関係者が明らかにした。

 北朝鮮が国家間の正規戦ではなく、テロ攻撃など「非対称戦」を重視する戦略の一環として、韓国の重要機関のコンピューターに対するハッカー攻撃能力の向上を図っているとみられるため、韓国軍としても対応能力を高める狙いがある。

 同関係者によると、サイバー司令部は国防省情報本部の傘下に置かれているが、これを同省直属の独立機関に格上げする。さらに司令官の階級について、現在の准将から少将以上に引き上げることを検討中だ。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110423/kor11042318410002-n1.htm


【インド海軍艦隊、ウラジオストク訪問を終了】(ロシアの声)

ロシア極東を友好訪問していたインド海軍の5隻からなる艦隊が23日、フィリピンに向けて出港した。
 インド艦隊は18日にウラジオストクに到着、訪問は22日に終了する予定だったが、悪天候によって海が荒れたため1日延期となった。

 ウラジオストクでは、インド海軍の軍楽隊と太平洋艦隊の民謡・民族舞踊アンサンブル、ロシアのインド舞踊団とのコンサートが開かれ、大きな成功を収めた。

 インドの海兵隊員たちは、ウラジオストクの名所などを訪れたほか、太平洋艦隊の隊員とのサッカーの試合も開かれ、様々な交流が行われた。
http://japanese.ruvr.ru/2011/04/23/49356692.html


【この日の軍事関連ニュース】
・最前線部隊から北朝鮮側に機関銃3発誤射(中央日報)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=139419&servcode=500§code=510
・韓国軍:上陸作戦めぐり海軍と海兵隊が対立(朝鮮日報)
http://www.chosunonline.com/news/20110423000009
・リビア NATO軍、カダフィ大佐の隠れ家を空爆(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/04/23/49350847.html
・アフガン:ウズベキスタン・イスラム運動の指導者拘束(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/04/23/49350483.html
・リビア訪問し軍事介入拡大を主張、マケイン米上院議員(cnn)
http://www.cnn.co.jp/world/30002532.html?ref=ng
・「反体制派に軍事支援を」マケイン米上院議員リビア訪問(asahi.com)
http://www.asahi.com/international/update/0423/TKY201104230088.html
・防衛相が米特殊部隊の訓練視察 派遣に謝意(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110423/plc11042311290011-n1.htm
・タイとカンボジア、2日連続で交戦 1人死亡か(asahi.com)
http://www.asahi.com/international/update/0423/TKY201104230199.html
・防衛相、陸自と米放射能専門部隊の訓練を視察(ヨミウリ・オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110423-OYT1T00363.htm
・政府軍、西部ミスラタから撤退も リビア外務次官(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110423/mds11042313140005-n1.htm
・リビア人道犯罪で証言提出 国際刑事裁にNGO(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110423/mds11042313120004-n1.htm
・再び交戦1人死亡 カンボジアとタイ(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110423/asi11042312270000-n1.htm
・タイ、カンボジアが連日の交戦 1人が死亡、4人以上が負傷(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110423/asi11042318250001-n1.htm
・シリアのデモ弾圧、死者100人超す 葬列にも発砲(asahi.com)
http://www.asahi.com/international/update/0423/TKY201104230474.html
・自衛隊、25日から3回目の集中捜索 被災3県で (日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819695E0E1E2E08A8DE0E1E2E6E0E2E3E39191E3E2E2E2


最後までお読み戴きありがとうございます。当ブログに興味・関心をもって戴ければうれしいです。またいらしてくださいねヽ(´ー`)ノ。o○(ア)(リ)(ガ)(ト)(ウ)

がんばれ日本!自衛隊!

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ人気ブログランキングへ

更新状況はtwitterにも流れています。 
Twitter ボタン ジェネレーター

はてなブックマークやRSSリーダーにも流れます。
はてブで更新状況




 このエントリーをはてなブックマークに追加




☆おすすめキーワード★
航空自衛隊 航空自衛隊の組織 航空自衛隊の任務(お仕事) 軍隊と警察の違い 週刊軍事ニュース 自衛官の生活 防空作戦 自衛隊への疑問 予備自衛官 人事政策

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック