北極海でのタンカー運航拡大へ タンカーの用船料が19倍高騰 北朝鮮がGPS妨害か?


皆様の1クリックが自衛隊・安全保障に関する情報・知識の普及につながります。宜しくお願い申し上げます。
↓クリック↓
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ人気ブログランキングへ

週刊軍事!?ニュースです。

今回は平成23年3月5日から3月6日までです。

海上交通の話題が多いです。

航空機が飛ぶために油が必要です。油は海から運ばれてきます。空だから、海だから、陸だからと分けて考えることは弊害の始まりかと思います。(もちろん、それぞれの特性はあります。違いばかりを強調して無関心になることは避けてもらいたいと思います)

その他には、米軍での性犯罪報道、中国の海洋発展明記などがありました。

----------------------------------------------------------------------
※記載された日付は報道された日付です。
※情報元はリンク先です。各社の保存期限によりリンク切れの場合があります。
※記事内に動画がある場合、動画再生の際には音量にご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

週間・軍事本ランキング(楽天)


《平成23年3月5日(土)》

【北極海のタンカー運航拡大へ ロシアが4便、中国と交渉】

【モスクワ共同】ロシア海運最大手ソフコムフロートは4日、地球温暖化で海氷が減った北極海を貫く航路を通るタンカーを年内に計4便運航すると発表した。インタファクス通信が伝えた。

 第1便は5月に出航する。昨年初めて実現した欧州やロシアから東アジアへの北極海を通じた資源輸送が拡大しそうだ。

 ソフコムフロートは昨年8~9月、北欧に近いロシア・ムルマンスクから北極海経由で中国に天然ガス副産物を大型タンカーで初輸送した。昨年はこの1便だけだった。今年も昨年同様、ロシアの天然ガス企業ノバテクの生産物を運ぶ予定で、中国の石油大手、中国石油天然ガス集団(CNPC)の子会社、中国石油(ペトロチャイナ)と交渉中。他の企業も関心を示しているという。

 ソフコムフロートは、初秋と比べ海氷の状況がかなり厳しい5月に第1便を送り出すことで、運航期間の拡大を目指す。

 北極海航路は、日本、中国と欧州との航程がスエズ運河経由に比べ3~4割短縮できる。保険料などを含め、採算面に課題があるものの、日本の海運業界も注目している。
【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011030501000134.html

・ひと言
 北極海も各国の利害が交錯する「熱い海」となることが本格化しそうてす。北極海を通れば主要国の大半に行けますから、各国垂涎の海です。


【タンカー用船料19倍に高騰 欧州精製会社が確保急ぐ】(sankeibiz)

 原油タンカーの用船費用が2日までの2週間で19倍に急騰したことが分かった。リビアの最高指導者カダフィ大佐に対する蜂起で同国の供給が減少するなか、欧州の石油精製会社が一斉に原油確保に動いている兆しとみられる。

 バルチック取引所(ロンドン)のまとめによると、アフラマックス型タンカー(約60万バレル積み)の用船収入は2日、1日当たり4万9123ドル(約405万円)と、2月14日時点の2511ドルから高騰した。地中海での原油輸送で最も一般的に利用される同型の用船費用は、3倍以上大きい超大型タンカーの費用を上回っている。同取引所は50以上の航路の費用を公表している。

 リビアはアフリカ3位の産油国で欧州向け輸出が最も多い。同国では7社を上回る石油会社の生産に支障が生じている。タンカー船主企業6社が過去1週間にリビアの港湾で荷積みを行ったが、供給途絶前の生産分の可能性がある。

 フェーンリー・コンサルタンツ(オスロ)のアナリスト、スベレ・ビョルン・スベニング氏は「フランスやイタリアの企業は通常通り操業している国々から供給を確保しようとしている。かなりの数の船舶がリビア沖で待機しているため、輸送能力の一部は遊休状態になっている」との見方を示した。(ブルームバーグ Alaric Nightingale)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/110305/mcb1103050504006-n1.htm


【中国 海洋経済発展を明記】(msn産経ニュース) 

 【北京=矢板明夫】中国国務院(政府)は5日、全人代に提出した第12次5カ年(2011~15年)計画草案の中で、「海洋経済発展の促進」と題する項目を盛り込んだ。海洋権益の保護と拡大をより一層、重要視する姿勢を打ち出したといえる。

 同項目は、「海洋産業構成の改善」と「海洋総合管理の強化」の2部分で構成されている。天然ガス、石油を含めた資源開発や漁業、観光業を発展させるとともに、自然保護や離島の管理強化などが盛り込まれた。この計画の成立を受けて、沖縄・尖閣諸島周辺や東南アジア諸国と領有権紛争を抱える南シナ海で中国艦船の活動がさらに活発化するとみられる。

 草案では「海洋開発と総合管理能力を高めるため、海洋発展戦略を制定する」と明記しており、軍、国土資源省、国家海洋局、農業省漁政局など複数の関係部門による共同作業で、近く戦略案が策定されるとみられる。

 中国当局は2010年に離島を管理するための海島保護法を施行するなど、近年、海洋権益の保護に向けた法整備を進めてきた。2006年に発表された前回の5カ年計画では、沿岸部の海洋の生態保護や資源開発を中心とした「海洋と気候資源の合理的な利用」との項目があった。

 今回、これを「海洋経済発展の促進」と改めたことは、近年の経済力と軍事力に対する自信を背景に、海洋戦略を格段に強化する意図を示す。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110305/chn11030520180006-n1.htm

・ひと言
 伝統的に海禁政策を採っていた中国大陸の政権(王朝)と一線を画すのが現在の中国共産党政権です。海洋や宇宙などで戦略的辺疆(国境線ではありません。政権の意向によりゴム風船のように膨らみます。破裂する可能性も…)は拡大しています。

【この日の軍事関連ニュース】
・北方領土:国後島にロシア国旗 与党組織、訪問し掲揚へ(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/world/news/20110305ddm007030046000c.html
・クローズアップ2011:中国国防費、12.7%増 習体制へ国威発揚(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/world/news/20110305ddm003030082000c.html
・北朝鮮の経済代表団訪米か(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110305/amr11030500480000-n1.htm
・ソウルからヨボセヨ “独島教育”を強化(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110305/kor11030502560001-n1.htm
・辺野古、飛行ルート海上のみ 普天間移設で日米合意(asahi.com)
http://www.asahi.com/politics/update/0304/TKY201103040610.html
・尖閣諸島近海 中国の漁業監視船が航行 衝突事件後、確認7回目(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110305/plc11030513020007-n1.htm
・対中国…「空軍力の優位は米軍に不可欠」 国防長官、F35重視(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110305/amr11030512590012-n1.htm
・欧州航空防衛宇宙会社、敗北認める 米の空中給油機選定(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110305/amr11030511110005-n1.htm
・「安保理の正統性は第2次大戦の結果」 中国、G4主張に断固反対(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110305/erp11030522280005-n1.htm
・「茉莉花」おびえる独裁中国(イザ)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/494480/



《平成23年3月6日(日)》

【FX選定本格化 防衛省、海外メーカーに月内要求書】(日本経済新聞)

防衛省は航空自衛隊の戦闘機F4の後継となる次期主力戦闘機(FX)の選定を巡り性能や運用経費を記した提案要求書(RFP)を今月中に海外の戦闘機メーカーなどに出す。RFPの作成に際して三菱重工業など国内防衛関連3社とアドバイザー契約を結んだ。RFP作成で民間企業と契約するのは初めて。民間の視点を選定作業に反映させる。

 防衛省は2012年度予算案への調達関連経費の計上を目指す。RFPを出すのはFXでは空自の戦闘機F15の選定時以来、35年ぶり。FXは2個飛行隊分(約40機)を導入し、中期防衛力整備計画(11~15年度)に12機の調達を明記した。

 アドバイザー契約を結んだのは三菱重工と三菱電機、IHIの3社。国内防衛産業の戦闘機生産に関する技術力を把握し、FX生産への関与の程度を判断する。三菱重工は戦闘機の機体、三菱電機は搭載する電子機器、IHIはエンジンの生産や修理に強みを持つ。


【米軍内で横行する性犯罪 被害者が国防長官を相手取り集団訴訟を提起】(msn産経ニュース)

米軍で女性兵士らへの性的暴行事件が横行し、米国で社会問題化している。15日には被害を受けた現役・退役兵士らが、監督責任を果たさなかったとしてロバート・ゲーツ国防長官らを相手取り集団訴訟を起こした。同様の事件は以前から頻発していたが、部隊の評価が下がることを嫌う上層部などが隠蔽するケースが多いといい、軍の閉鎖的な体質に批判が集まっている。(黒川信雄)

 「性犯罪を犯す人物は標的(となる同僚)を探すのが非常にうまい。彼らは同じ被害者に繰り返し繰り返し性的暴行を加える。さらに事件は軍のシステムにおいて認知されることが少なく、まるで個人間の問題のように取り扱われている」

 2002年、韓国駐在中に同僚の兵士にレイプされたという元陸軍3等軍曹はワシントンで開かれた会見でそう語り、軍当局の対応のずさんさを強く批判した。

 この日集団訴訟を起こしたのは15人の女性と2人の男性。会見に臨んだ原告らは自身に加えられた犯行の非道さと、当局の無責任ぶりを涙ながらに訴えた。

 AP通信によると、原告の女性の陸軍兵士の1人はイラクに派遣された際、2人の男性兵士にレイプされ、その様子をビデオ撮影されたという。さらにそのビデオは他の同僚らに回覧された。女性は性的暴行を受けただけでなく、押さえつけられた際に腕や肩に傷を負ったが、事態の報告を受けた上司は「彼女が通常のレイプ被害者のように十分に抵抗しなかった」などとして、彼女の訴えを退けた。さらに上司は、事件をこれ以上取り扱わない理由として、犯人とされた兵士の米国への帰還予定を遅らせたくないからだと明言したという。

別のケースでは、マサチューセッツ州出身の女性兵士が訓練中に同僚の湾岸警備隊員に性的暴行を受けた。彼女も事件を上司に訴えたが、部隊は彼女の訴えを調査しなかったばかりか、その男性兵士と同じ階で勤務を続けさせたという。

 米軍内で勤務する女性の人権保護活動を行う団体によれば、09年だけで実に1万6000件あまりのセクシャル・ハラスメントやレイプなど性的暴行の被害が報告されているという。しかし報告される被害は全体のうちわずかといわれ、実際にはさらに多くの被害者が存在するとみなされている。

 原告団は、軍内部で性犯罪が絶えない背景には、事件の報告を受けた軍の上層部が事態を隠蔽しようとする傾向が強いからだと主張する。多くの場合、軍幹部は自分の部隊の経歴に汚点がつくことを嫌い、問題が起きた事実を公表したがらないため、結果として犯罪を助長させているのだという。

 一方、米国防総省も事態の悪化を認識しており、対策の手段を拡充しつつある。APによると、4月には性的被害を受けた兵士が状況を報告する専用の電話窓口を設置するほか、すべての被害者に対し法的支援を行うためのカウンセリング事業の予算が昨年つけられた。

 ただ、これらの救済措置はこれまでもある程度実施されており、どこまで実効性を持つかは不透明な部分が大きい。

原告団は、事態の改善が進まなければ部隊の士気が下がり、結果として今後の国家の安全確保にも支障を来しかねない問題だと指摘し、性犯罪を調査する第三者機関の設立などを求めている。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110306/amr11030618000005-n1.htm


【北朝鮮がGPS受信妨害か ソウルなどで障害発生】(msn産経ニュース)

 韓国の聯合ニュースは6日、北朝鮮から発せられた電波によって、ソウルや仁川など韓国北西部で衛星利用測位システム(GPS)の受信に障害が発生していたと報じた。同国政府や軍関係者の話として伝えた。

 電波は4日、南北の軍事境界線に近い北朝鮮の開城や海州にある軍部隊から発信。5~10分間隔で電波が出され、韓国側では携帯電話のGPS機能が一時使用できなくなるなどの現象が起きたという。

 電波は一定の間隔を置いて短く出されていたことから、情報当局は北朝鮮が海外から導入したGPSの妨害電波設備を、試験的に使用した可能性があるとしている。

 金泰栄国防相(当時)は昨年10月、韓国西部の黄海で同8月に軍や漁船が使うGPSに障害が生じ、北朝鮮が受信妨害を行ったとの見方を明らかにしていた。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110306/kor11030616490002-n1.htm

・ひと言
 より高精度になれば、在韓米軍や韓国軍が使用する誘導兵器を無効化できるかもしれませんね。

【この日の軍事関連ニュース】
・アフガン警察の訓練支援 日本、トルコと合同で(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110306/asi11030601240000-n1.htm
・領土問題「展望開けず」 ロシア外務次官が日本批判(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110306/plc11030601260001-n1.htm
・アメリカ海軍の艦船 リビア沿岸に向かう(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2011/03/06/47026890.html
・米国務省日本部長が沖縄差別? 「ごまかしの名人」「怠惰でゴーヤーも栽培できない」(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110306/amr11030617370004-n1.htm
・米国務省日本部長発言に県幹部不快感「沖縄と日本への侮辱だ」(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110306/amr11030619290007-n1.htm
・防衛省幹部が新大綱を説明、「防衛問題セミナー」が横須賀で開催/神奈川(神奈川新聞)
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1103060008/
・ミャンマーが北朝鮮の支援でスカッド・ミサイル製造 「仮想敵国」は米国(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110306/asi11030620390007-n1.htm
・新入隊の高橋さん激励 自衛隊隊友会と父兄会 住田町(東海新報社)
http://www.tohkaishimpo.com/scripts/index_main.cgi?mode=kiji_zoom&cd=nws6495

最後までお読み戴きありがとうございます。当ブログに興味・関心をもって戴ければうれしいです。またいらしてくださいねヽ(´ー`)ノ。o○(ア)(リ)(ガ)(ト)(ウ)

がんばれ日本!自衛隊!

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ人気ブログランキングへ

更新状況はtwitterにも流れています。 
Twitter ボタン ジェネレーター

はてなブックマークやRSSリーダーにも流れます。
はてブで更新状況




 このエントリーをはてなブックマークに追加




☆おすすめキーワード★
航空自衛隊 航空自衛隊の組織 航空自衛隊の任務(お仕事) 軍隊と警察の違い 週刊軍事ニュース 自衛官の生活 防空作戦 自衛隊への疑問 予備自衛官 人事政策

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック