【戦国策×現代】脅迫に屈した結果は?-戦国策を読む


脅されると、従ってしまうのは人間の性の一つです。そして口から出てくるのは「現実はこうなんだ!仕方ないじゃないか!!」という言葉ですが…

その昔、他国からの脅迫に屈した国がありました。




【戦国策とは?】
 古代支那大陸の戦国時代における各国の動向や説客(戦略家や外交家、弁論家)の働きを記録した書籍。前漢時代に劉向が編纂した。戦国時代には秦・趙・韓・魏・楚・燕・斉の戦国七雄、宋・東周・西周・中山などの国々がそれぞれの生き残りと天下統一を賭けて争っていた。

より詳しくはこちら(wiki) 戦国策の一覧(rakuten)

【今回の登場人物・登場国】
・宋  斉や楚、魏などに囲まれた国。後の時代の宋とは異なる。
・斉  山東半島を中心とした大国で、戦国時代後期には秦と対抗出来るほどに成長した。
・楚  揚子江流域一体を支配した大国。
・宋王 悩める王様。
・子象(ししょう) 楚の国の臣下。宋の国へ使者として赴く。


 斉と楚が交戦状態に入りました。その間に在る宋は対応に困ります。一方に味方をしたら、他方に恨まれてしまうと…そんな宋を尻目に、斉と楚は軍部隊の展開や補給物資の確保のためには宋を味方につけたほうが良いと判断、双方の使者が「こちらの味方につくように」と迫ります。


悩む宋王…どういった答えを出したのでしょう。ちなみにあなたならどうしますか??

 宋王が出した答えは「中立」でした。ですが、斉は宋の中立を許さず、「中立を取るのなら攻めこむぞ!!」などと脅します。その脅しに宋王は縮み上がります。宋王は結局、その脅迫に屈して斉の味方となり、楚に敵対することになりました。


困るのは楚です。そこで宋に使者がやってきます。

 味方につけたかった宋に敵対される楚の国、困りました…。そこで子象が使者として宋に赴きます。子象は宋王に拝謁し、その場で…

「楚は、宋に対して穏やかに接したために宋を失ってしまいました。」
「ですから、これからは斉の脅しに倣うようにします」(脅迫しているわけです)
「斉は、脅すことで味方につけたのですから、今後も脅してくるでしょう。宋は斉と共に楚に攻めこんでくるのでしょうが…」

と続けます。そして、ここで真の脅迫が出てきます。楚は宋を裏切らせたいのです。

「どちらにしても宋は亡国でしょう」
「仮に斉が勝てば、宋をさらに脅迫し、高圧的に出てくるでしょう」
「仮に楚が勝てば、弱いくせに強国に挑んだということで脅されるでしょう」
「結局は、二つの大国から常に脅し取られるということです」

そして、後の時代に宋は斉に滅ぼされてしまいました。

 宋の国は「現実」に対応したようで、実は「現状の追認」(斉に脅されたから)をしていただけでした。宋としての意志が定まっていなかった為に、結果として斉と楚の二大国から常に脅迫を受けるようになりました。「現実主義」の方が「現実」(現状)に振り回されるのは今日でもよくあることですね。

 また、この話からは中小国の生き残りの難しさが見えてきます。面倒にはなるべく関わりたくないと思っても大国からの要求には逆らえない、中小国の悲しい運命として、大国の要求を突っ撥ねるほどの力がないからです。

「中立」は魅力的な言葉ですが、これを実践するには、大国よりも強い力を持たないといけません。なぜなら、大国の要求に屈してしまっては「中立」とは言えないからです。

国家としてより善く生き残ることは、どんな時代でも難しいもの。平素から自滅要因を減らし(自分でできることですから)、他国につけ込まれない態勢を作り出せる柔軟性を保持しておくことが大切だと思います。

【今日のポイント】
◎脅しは際限なくやってくる。(他国もより善く生き残ろうと必死ですから)
◎より善く生き残るためには「パワー」が必要。(軍事力もその一つ)
◎「中立」を維持するには並大抵の苦労では足りない。

【参考文献】

LINK
戦国策(1)(東洋文庫)東周から斉の話

戦国策 (2) (東洋文庫 ) 斉から魏の話
戦国策 (3) (東洋文庫) 魏から中山の話

☆電子版の「戦国策」(pc等でよむ電子書籍です) ⇒ こちら

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック