中国軍の離島上陸作戦計画 中国製武器が欧米武器市場の脅威に 韓国海兵隊の志願者が急増

皆様の1クリックが自衛隊・安全保障に関する情報・知識の普及につながります。宜しくお願い申し上げます。
↓クリック↓
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ人気ブログランキングへ

週刊軍事!?ニュースです。

今回は平成22年12月30日です。

口では友好、手は握手、そして足は蹴り合う…これが外交の常態です。

「物柔らかに話し、かつ大きな棍棒を持て」(セオドア・ルーズベルト)

防衛省がグローバルホーク導入検討や中国軍ステルス戦闘機の話題などいろいろとあります。

----------------------------------------------------------------------
※記載された日付は報道された日付です。
※情報元はリンク先です。各社の保存期限によりリンク切れの場合があります。
※記事内に動画がある場合、動画再生の際には音量にご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

自衛隊ごはん←週間・軍事本ランキング(楽天)

《平成22年12月30日(木)》

【空・海から奇襲…中国軍が離島上陸計画 領土交渉に圧力】(asahi.com)

【北京=峯村健司】中国軍が、東南アジア諸国連合(ASEAN)の国々と領有権をめぐって対立する南シナ海で、他国が実効支配する離島に上陸し、奪取する作戦計画を内部で立てていることがわかった。管轄する広州軍区関係者が明らかにした。現時点で実行に移す可能性は低いが、策定には、圧倒的な軍事力を誇示することで外交交渉を優位に運ぶ狙いがあるとみられる。

 作戦計画は空爆による防衛力の排除と最新鋭の大型揚陸艦を使った上陸が柱で、すでにこれに沿った大規模軍事演習を始めている。中国は南シナ海を「核心的利益」と位置づけて権益確保の動きを活発化しており、ASEAN諸国や米国が懸念を深めるのは必至だ。中国は沖縄県の尖閣諸島をめぐっても領有権を主張しており、尖閣問題での強硬姿勢につながる可能性もある。

 広州軍区関係者によると、この計画は昨年初めに策定された。それによると、空軍と海軍航空部隊が合同で相手国本国の軍港を奇襲し、港湾施設と艦隊を爆撃する。1時間以内に戦闘能力を奪い、中国海軍最大の水上艦艇でヘリコプターを最大4機搭載できる揚陸艦「崑崙山」(満載排水量1万8千トン)などを使って島への上陸を開始。同時に北海、東海両艦隊の主力部隊が米軍の空母艦隊が進入するのを阻止するという。

 中国軍は計画の策定後、南シナ海で大規模な演習を始めた。昨年5月、空軍と海軍航空部隊による爆撃訓練を実施。今年7月には、南海、東海、北海の3艦隊が合同演習をした。主力艦隊の半分が参加する過去最大規模で、最新の爆撃機や対艦ミサイルも参加。演習に参加した広州軍区関係者は「米軍の空母艦隊を撃破する能力があることを知らしめた」と話す。


 さらに11月上旬には、中国大陸の南端の広東省湛江沖から海南島にかけて、約1800人の中国海軍陸戦部隊による実弾演習を実施した。他国が実効支配している南シナ海の島に上陸する、というシナリオを想定。「敵」が発する妨害電磁波やミサイルをかいくぐりながら、揚陸艦と最新鋭の水陸両用戦車を使った奇襲訓練をした。秘密主義の中国軍では異例にも、75カ国273人の駐在武官らに公開した。

 中国政府関係者によると、領有権を争う南シナ海のスプラトリー(南沙)とパラセル(西沙)両諸島のうち、中国が実効支配しているのは8島。ベトナムが28島、フィリピンが7島を支配するなど、中国が優勢とは言えない状況だ。この関係者は「いつでも島を奪還できる能力があることを各国に見せつけることで圧力をかけ、領有権交渉を有利に進める狙いがある」としている。
http://www.asahi.com/international/update/1229/TKY201012290368.html

・ひと言
 「本音」の部分です。よく「本音と建前」と言って建前を嫌い、本音を好む傾向があります。でも建前も本音も必要だと思います。軍隊というのは、常に「最悪」に備えている組織です。

人民解放軍の正体
中国で放送されている軍事ドラマから見えてくる中国軍像とは…


【中国製武器が伝統的な欧米武器市場の脅威に―英軍事専門誌】(Record China)

2010年12月23日、英軍事専門誌「Jane's Defence Weekly」は、来年から始まる第12次5カ年計画(2011~2015)が、中国の工業改革の深化の前奏曲となるだろう、と予測した。28日付で東方網が伝えた。

記事によると、中国は今回の改革により工業と科学技術のレベルを引き上げ、国産武器の供給をグローバル市場へと拡大していきたい考えだ。欧米諸国による武器の対中輸出の制限への対応、そして中国の「防衛白書」に明記された軍事目標から、中国は過去長期にわたって各分野での工業改革を推進してきた。同白書に記載されている「国防工業において2020年までに機械化を実現、情報化を進める」との目標が、羅針盤になる。

記事はまた、中国の国防工業改革の焦点は、軍民両用技術の軍事領域での運用と、自主開発に必要な核となる技術の向上による自主開発能力の強化の2点だと指摘。特に、軍民両用技術を発展させることは、それによる財政収入を直接軍事開発に向けることができる、との狙いもあると分析した。中国製武器はすでに伝統的な欧米武器市場においても、欧米製武器の脅威となりつつあるという。(翻訳・編集/津野尾)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101230-00000004-rcdc-cn

・ひと言
 兵器関連の技術革新は留まることを知りません。軍とか民間とかの垣根は実際には存在しません。目に見えて分り易い「武器」だけを規制することで満足している現状…。何を使うかは相手次第です。

←ご存知ですか?日本の防衛産業


【中国ステルス機、既に製造か=米F22に似た「殲20」】(asahi.com)

【香港時事】香港紙リンゴ日報は30日、中国軍の新型ステルス戦闘機「殲20」とされる軍用機の写真が同国内のインターネット上に出回っていると報じた。外観は米ステルス戦闘機F22に似ており、中国軍が高度なステルス機能を持つ第5世代戦闘機のプロトタイプを既に製造した可能性がある。

 この写真は四川省成都市内の飛行場で撮影されたといわれる。「殲20」の詳しい性能は不明だが、西側の軍事専門家らは、ロシア製のエンジンを搭載しているとみている。 

[時事通信社]
http://www.asahi.com/international/jiji/JJT201012300032.html



【中国・北朝鮮を監視…無人偵察機の導入検討】(ヨミウリ・オンライン) 

防衛省は29日、無人偵察機の導入の可否を判断するため、2011年度から本格的な調査・研究に着手する方針を固めた。

 最新鋭の高高度無人偵察機「グローバルホーク(GH)」を活用する米軍に自衛隊幹部らを派遣して、運用や維持・整備の現状などを調べる。日本周辺海域で活動を活発化させる中国海軍の動向や朝鮮半島の警戒・監視活動の強化を目指すもので、費用対効果なども含め、導入を視野に検討する。

 無人機は、滞空時間の長さなどの利点があることに加え、紛争地域で犠牲者が出ないため、米軍、英軍などがすでにイラクなどで積極活用している。ドイツ軍も近く導入予定だ。

 日本政府も、17日に閣議決定した11年度以降の次期中期防衛力整備計画(中期防)で、「無人機を含む新たな各種技術動向等を踏まえ、広域における総合的な警戒監視態勢の在り方について検討する」と明記した。防衛省は計画最終年度の15年度までに導入の可否を判断する方針だ。

 米空軍のGHは、全長約14・5メートル、翼幅約40メートルの軍用機で、自衛隊にとってこれほど規模の大きな無人機導入は初めてとなる。センサー類を除く機体本体は1機約25億円。防衛省幹部によると、日本全域の警戒・監視のカバーには3機が必要だという。司令部機能を持つ地上施設の整備などを行うと、「初期費用の総額は数百億円に上る」(防衛省幹部)といい、予算面の検討が課題となっている。防衛省筋によると、無人のため、配備後の費用は漸減していくという。

 無人機導入をめぐっては、自衛隊内で人員削減を警戒する向きもある。現在、日本周辺の警戒・監視活動は有人機の海上自衛隊P3C哨戒機などが行っているが、「無人機になればその分、操縦やシステム運用の人員が減らされるのではないか」(空自関係者)との見方があるためだ。

 ◆無人偵察機=要員が乗らない偵察機。米空軍の最新鋭のグローバルホークの場合、旅客機の巡航高度よりはるかに高い上空約1万8000メートルを飛び、高性能センサーやレーダーで最大半径約550キロ・メートルの偵察・監視を行える。

 乗員交代が不要なため、30時間以上滞空でき、1回の任務で幅広い地域をカバーできる。今年1月のハイチ大地震では、被害状況の把握などでも活躍した。

(2010年12月30日03時04分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101229-OYT1T00786.htm

※この動画は alert5 さんの投稿です。ありがとうございます。


戦うコンピュータ(2011)←未来戦

※この動画は theworacle さんの投稿です。ありがとうございます。



【韓国防衛 立ち上がる若者 延坪島砲撃で海兵隊志願者急増】(sankeibiz)

韓国国防省は29日、北朝鮮の政権と軍について「韓国の敵だ」とする声明を発表し、北朝鮮との対決姿勢を鮮明にした。韓国では、北朝鮮による延坪(ヨンピョン)島への砲撃で民間人の死者が出たことを機に、国民の対北感情が悪化しており、若者による海兵隊への入隊志願者が急増している。

 ◆「北は敵」声明発表

 韓国国防省の声明によると、韓国は「強力かつ明確な警告を北朝鮮に送っており、北朝鮮が今後も安全保障を脅かす限り、同国の政権と軍を敵と見なす」と記した。ただ、30日発表の国防白書について北朝鮮を「主敵」とする表現は見送るという。「主敵」の表現は北朝鮮との融和を目指す「太陽政策」の下で2004年に削除されていた。

 こうしたなか、韓国の兵務庁の統計によると、海兵隊への12月の入隊申し込みは977人の募集に対し前年同月比37%増の約3500人に達した。

 1950~53年の朝鮮戦争以降で初の韓国領土への砲撃となった今年11月23日の延坪島への砲撃では民間人2人と海兵隊員2人が死亡した。募集担当者らは11月の砲撃のほか3月には韓国海軍の哨戒艇が沈没したことを受けて若者の入隊意欲が低下するのではないかと懸念していた。

 コ・チャンホさんはがっしりした体格の20歳の大学生。17日にソウルにある兵務庁の事務所で実施された腹筋や腕立て伏せなどの体力テストを受けるため待機する間、「戦争になれば戦うつもりだ。海兵隊員ならより誇りを感じる。一番の敵は北朝鮮だと分かり、われわれがこれまでいかに気を抜き弱腰だったかを痛感した」と語った。


 韓国では男性に35歳までに1年9カ月間の兵役を完了することを義務付けている。海兵隊だけは志願制だ。朝鮮戦争で米軍のマッカーサー元帥が指揮を執った仁川(インチョン)上陸作戦に参加し、米海兵隊や米海軍特殊部隊とともにベトナム戦争にも参加した。

 兵務庁の広報担当者は「年配の人たちからは若者は軟弱と考えられがちだが、今月の海兵隊志願者数が示す通りこれは間違っている」と語った。

 ◆兵役短縮を中止

 延坪島への砲撃後、韓国人の間には好戦的な感情が高まっていると国民大学准教授のアンドレイ・ランコフ氏は語る。

 民間研究機関の峨山政策研究院が韓国人1000人を対象に行った調査では、80%が「延坪島砲撃に対してはもっと強硬に対応すべきだった」と答え、40%は北朝鮮がさらに挑発的行為をした場合、軍事報復を望んでいることが分かった。

 国防省は、政府の方針で兵役服務期間を1年9カ月から1年6カ月に短縮する計画が中止されることになったと明かした。

 韓国は先週、北朝鮮による砲撃の舞台となった延坪島で海兵隊が実弾射撃訓練を実施した。今回北朝鮮は報復行動に出なかったものの、さらなる挑発行為があれば砲撃もありうると警告した。

 韓国の李明博(イ・ミョンバク)政権は今月、国防予算を5.5%積み増し約2700億ドル(22兆2000億円)とすることを承認した。08年に発足した同政権は、10年続いていた対北朝鮮融和路線である「太陽政策」に否定的だ。韓国政府は国防予算を増額する理由として、北朝鮮による延坪島への砲撃や46人の乗組員の命を奪った哨戒艇沈没事件を挙げた。


 韓国日報が5月に行った世論調査では、哨戒艇沈没は北朝鮮の潜水艦から発射された魚雷が原因との軍民合同調査団による調査結果について韓国人の4人に1人が正しいとは考えていなかったものの、延坪島への砲撃に関しては海兵隊志願者の共感を得たようだ。

 ◆母国のために

 大学1年生のキム・スビンさんは「民間人が死亡することは、たとえ戦争だとしても間違っている。恐怖を感じるけれど海兵隊に入隊することを決めた」と話す。海兵隊に入隊したら小学校の先生になるという計画を先延ばしにするつもりだ。

 19歳のキム・ジン・ウォンさんは、陸軍に入隊する予定だったが延坪島への砲撃があった後は考えが変わった。「これまで、できるだけ早く兵役を済ませたいと思っていた。でも延坪島への砲撃があった後は、母国のために何か貢献したいと考えるようになった」と話した。(ブルームバーグ Jun Yang、Seonjin Cha)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/101230/mcb1012300503018-n1.htm

・ひと言
 頑張られてください。

※この動画は mflo7 さんの投稿です。ありがとうございます。


韓国の軍隊

【北が特殊部隊増強、20万人に…韓国国防白書】(ヨミウリ・オンライン)

【ソウル=仲川高志】韓国国防省は30日、2010年版国防白書を刊行し、テロやゲリラ戦を実行する北朝鮮の朝鮮人民軍特殊部隊の規模は「約20万人」だと明記した。

 前回08年版と比べ、2万人の増強となる。白書は、北朝鮮が有事の際、特殊部隊を地下トンネルや軽飛行機などで韓国に侵入させ、「主要目標への攻撃や要人暗殺、後方かく乱」を狙っていると分析した。

 朝鮮人民軍の兵力規模については、陸軍102万人、空軍11万人、海軍6万人の計約119万人とし、08年版白書と変化はなかった。戦車は約4100両で2年前より200両増えた。地上戦力の70%、海軍戦力の60%、空軍戦力の40%が平壌以南に前方配置され、白書は「奇襲攻撃が可能な態勢」だと指摘した。

(2010年12月30日19時41分 読売新聞)

※関連記事
・朝鮮半島「火種」抱え越年
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/479751/

・ひと言
 報道によれば、北朝鮮軍はソウル占拠を重点作戦としているそうです。ソウルと住民を人質にして、政治的成果を得ようとする作戦です。休戦ラインから、たった60㌔くらいしか離れていないのですから、一番効率的な作戦ですね。(日本でいうと東京から小田原くらい)

北朝鮮軍の全貌

【この日の軍事関連ニュース】
・尖閣事件 中国側「海保が船長殴打」と言いがかり 政府は公表せず (msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101230/plc1012300800002-n1.htm
・空自元幹部 犯罪の闇(新聞あかはた)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-12-30/2010123011_01_1.html
・イスラエル沖のガス田 4500億立方メートルの埋蔵量(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2010/12/30/38308822.html
・米無人機爆撃が過去最多に パキスタンで武装勢力狙い(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/101230/asi1012301913002-n1.htm
・台湾の漁船乗っ取りか ソマリア海賊、インド洋(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/101231/mds1012310128000-n1.htm
・前原外相、2月にロシアで日露外相会談 露外務次官「喜んで受け入れる」(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101230/plc1012302230004-n1.htm
・国防部業務報告、合同軍司令部の創設骨子(朝鮮日報)
http://www.chosunonline.com/news/20101230000026
・西海5島・NLLを守る西北海域司令部を創設(中央日報)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=136214&servcode=200§code=200
・【図解】北朝鮮と韓国の軍事力比較(afp)
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2776972/6528081

最後までお読み戴きありがとうございます。またいらしてくださいね。
ヽ(´ー`)ノ。o○(ア)(リ)(ガ)(ト)(ウ)

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ人気ブログランキングへ

☆おすすめキーワード★
航空自衛隊 航空自衛隊の組織 航空自衛隊の任務(お仕事) 軍隊と警察の違い 週刊軍事ニュース 自衛官の生活 防空作戦 


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック