スパイ大作戦!? 身近にいるスパイたち

皆様の1クリックが自衛隊・安全保障に関する情報・知識の普及につながります。宜しくお願い申し上げます。
↓クリック↓
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ人気ブログランキングへ

スパイ…古くからある職業でどこか影のある存在として意識されます。そして非日常で遠い世界の出来事と見られがちですが…

*******************************************************
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は註欄に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
*******************************************************

最近よく?スパイに関する報道が見られるようになりました。

今月には英国の自由民主党のマイク・ハンコック下院議員の助手であるロシア人女性がスパイと認定され、国外追放処分を言い渡されています。

スパイというと…

・日常では姿が見えず
・非合法・非公然活動に従事し
・ものすごく特別な人間

と思われがちですが、英国でのスパイの例で見るとそうでもないということがわかります。思っているよりも、日常生活に溶けこみ、公然と活動し、普通の人間ということです。


えっ?そんなモンなの(+_+)

 スパイというと仰々しく感じますが、要はあることを調べ、誰かに何らかの影響力を与えて、自分たちに有利な状況を作ろうとする活動です。スパイは意外と簡単に作られます。それは人間の欲につけ込むことです。具体的には、旧ソ連KGBのスパイ獲得法であるMICEが重要です。このMICEとは…

M:お金     言わずと知れた手法です。
I:イデオロギー 個々人の主義主張ですね。
C:脅迫     スパイ候補の弱みを握り脅迫します。
E:自尊心    スパイ候補の不平不満を汲み取り、相手の自尊心を満たします。

その他にも、孫子等には異性関係が指摘されています。これらを手掛かりにスパイを獲得していくのです。

戦略論大系(1)←孫子

スパイってなにしている?

 これもKGBの指摘していることですが、多くは公に発表された資料を読んでいるそうです。KGBは米国内で公刊されている書籍や資料を読み漁っており、科学雑誌を大量に取り寄せ、そこから情報の約9割を収集していたそうです。


スパイというけど、どういう人達?

 孫子ではスパイ(用間といいます)について5種類あるとしています。

・土着のスパイ
 相手国に現に居住している人、しかもその国の正式な構成員(国民)であるスパイです。国民として行動するので疑われる確率が低いのです。

・内通者
 相手国の国民であることは問いませんが、相手国に対して何らかの不満を持つ人達がなります。軍人や政治家、役人、学者、企業家、教師に報道関係者が対象になります。社会的責任や使命感が強い傾向が見られるので、現実社会に強い不満を抱きやすいからです。

・二重スパイ
 既にスパイとなっている人を、更にこちらのスパイとすることです。相当の情報と人脈を形成しているので、そこに乗っかるわけです。

・偽情報を掴ませるスパイ
 相手国に偽情報を掴ませて、情報網を混乱させるスパイです。孫子の命名ではズバリの「死間」。生きて帰ることは難しいとしています。

・情報収集をするスパイ
 死間とは異なり、生きて帰ることを前提にしたスパイです。相手国の現状や内情を観察しながら、母国に報告することを目的にしています。日露戦争の際の福島安正氏が好例です。

 以上が孫子のいうスパイですが、中でも二重スパイが特に重要とされています。なぜかというと、二重スパイがその他のスパイの基点になるからです。スパイになっている時点で、雇っている国の情報網に入り込んでいるわけで、そこからMICEなどでスパイを増やしていけばいいのです。
 最近の事例では、「美人すぎるスパイ」事件でのロシア対外情報局(SVR)対米諜報担当幹部のシェルバコフ大佐の例、台湾国防部が中国内部に送り込んだスパイが二重スパイとなり、上官である台湾軍幹部をスパイに仕立てた例があります。

ナチが愛した二重スパイ


他にスパイ事件はあるの?

最近の事例では…

・コンピューター関係の仕事に中国人が、英航空企業BAEが販売するPROMを購入しようとして逮捕。(平成22年9月)(BAEのPROMは軍事転用が可能な製品として米国の輸出禁止リスト及び国際武器取引規則(ITAR)に記載されていた)

・リビア政府が韓国の駐リビア外交官を拘束し、国外追放処分にした(平成22年7月)リビア側は「国家安全保障に危害を与えた」とし、韓国側は「通常の情報活動をしていたに過ぎない」としている。

・キューバのスパイとして活動していた米国務省職員に終身刑宣告(平成22年7月)。元国務省職員ウォルター・マイヤーズ被告は、動機について「キューバ革命の理想と夢を共有していた」と陳述した。

・韓国の脱北者団体や韓国に亡命した黄長●(=火へんに華)元朝鮮労働党書記の動向を探っていた北朝鮮の男が逮捕(平成22年7月)。この男は元北朝鮮スパイ。韓国で逮捕されて転向し、韓国で暮らしていた。その後、北朝鮮に住む家族を質に北朝鮮に取り込まれたという。

・米国がロシアスパイ団を摘発(平成22年6月)

・韓国軍の現役陸軍少将が北朝鮮工作員に作戦計画を渡していた(平成22年6月)

などがありました。


自衛隊ではないの?

・自衛隊のは03式中SAMのデータが北朝鮮に流出していたことが判明。
・ボガチョンコフ事件(駐日武官であるボガチョンコフ露軍大佐が関与)
・ファイル共有ソフトの使用による機密情報漏洩。
・一等空佐による情報リーク事件
・イージスシステム情報の漏洩事件

などがありました。自衛隊以外では、ヤマハ発動機の無人ヘリ不正輸出事件やデンソーの機密データ持ち出し事件などがありました。

←吉田茂のスパイ
公安警察によるスパイ養成


スパイは必要?いくらくらい掛かる?
 軍事的に見れば必要不可欠です。相手方の意図や行動をある程度は推測できるようになるからです。(完全にはわかりません)推測が成り立てば、自軍の損害を少しでも減らせますし、相手方の行動を抑制することもできます。ただ、情報があるからといって絶対に勝てるわけではありません。どう判断し行動するかに関わります。
 米国が諜報関係費用として使っている金額は総額で6兆5千億円(8百億ドル。2010会計年度(09年10月―10年9月)分、非軍事部門531億ドルで前年比6%増、軍事部門は270億ドル)と公表されています。戦争をすることに比べれば安価です。

私は外務省の傭われスパイだった


捕まったら?裏切ったら?
 外交官などの公式の身分を持つ人なら国外追放処分です。裏切りは、ロシアの対外情報局の大佐のように追跡されて…となるようです。

※露大統領府筋は、大佐の所在を把握して追跡中とのこと。「(大佐は)毎日、報復を恐れることになる」としています。

中には服役する人(米国の国務省職員の例)もいますし、減刑嘆願される例もあります。(イスラエルが米国で服役しているスパイの釈放を求めています。)



 思ったよりも日常的に活動しているスパイたち。日本はスパイ防止法がないので「スパイ天国」と呼ばれますが、だからといって自由に行動できるわけでもありません。公安警察の追尾監視がつきます。また、自衛官など秘密を保有している身分の人たちには守秘義務が課せられ罰則が設けられています。

※職務上知り得た秘密を漏洩した場合は1年以下の懲役または3万円以下の罰金、防衛秘密の場合は5年以下の懲役、特別防衛秘密は日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法の規定により最大10年の懲役となる

日本の難しさは、兵器生産過程に多くの企業が絡むことです。ミサイルデータの漏洩もその一つです。戦車・戦闘機・軍艦などの生産過程で1000社から2500社が関係しています。この過程での漏洩防止も必要です。(法的な手当ては為されています。)
 
 漏洩防止は自衛隊・関係企業の自衛と機密情報を盗み取ろうとする者への対処で成り立ちます。更なる体制づくりが求められますね。

【今日のポイント】

◎スパイは日常生活に存在している。
◎「重要な情報」かどうかは相手が決めること。
◎誰でもスパイに仕立てられる可能性がある。



がんばれ日本!自衛隊!

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ人気ブログランキングへ



・英与党議員助手のロシア人女性、スパイ容疑で逮捕(afp)
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2778176/6554353

・【海外事件簿】ミニスカートのロシア美人スパイ 徹底抗戦の構え(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/101219/erp1012191201001-n1.htm

・ロシアの美人スパイの近影(afp)
http://www.afpbb.com/article/politics/2779521/6583984?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics

・ロシアの元美人スパイ、ロシア版シリコンバレーに登場(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-18643720101215

・グルジア ロシアのスパイ13人を拘束(ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2010/11/06/31970872.html

・「裏切り」でスパイ団摘発 教訓が必要と露大統領(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/101112/erp1011122052005-n1.htm

・米国のスパイ経費は年間6.5兆円 総額初公表(cnn)
http://www.cnn.co.jp/usa/30000701.html?ref=ng

・ロシアのスパイ疑惑で英議員の助手逮捕、国外退去命令(cnn)
http://www.cnn.co.jp/world/30001125.html?ref=ng

・米国の恐るべきスパイ活動=中国官僚に贈賄、弱みを握る―中国誌(Record China)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101219-00000014-rcdc-cn

・イスラエル首相、受刑中のスパイ釈放を米国に要請へ(cnn)
http://www.cnn.co.jp/world/30001317.html?ref=ng

最後までお読み戴きありがとうございます。またいらしてくださいね。
(´ー`)ノ。o○(ア)(リ)(ガ)(ト)(ウ)

おすすめキーワード ⇒ 航空自衛隊 航空自衛隊の組織 航空自衛隊の任務(お仕事) 軍隊と警察の違い 週刊軍事ニュース 自衛官の生活 防空作戦 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック