【戦国策×現代】先手をとった外交-戦国策を読む


「外交」というと遠いことのようですが、簡単にいうと、生き残りを賭けた駆け引きです。血を流さない外交が交渉で、血を流す外交が戦争です。

その昔,先手をとった外交がありました。




【戦国策とは?】
 古代支那大陸の戦国時代における各国の動向や説客(戦略家や外交家、弁論家)の働きを記録した書籍。前漢時代に劉向が編纂した。戦国時代には秦・趙・韓・魏・楚・燕・斉の戦国七雄、宋・東周・西周・中山などの国々がそれぞれの生き残りと天下統一を賭けて争っていた。

より詳しくはこちら(wiki) 戦国策の一覧(rakuten)

【今回の登場人物】
・韓公叔:韓の臣(以下、公叔)
・幾しつ:韓の太子(以下、太子)
・鄭強 :楚の国の使者。周の人。
・楚王

韓の国で公叔と太子が政権獲得を目指して争っていました。その政争の最中,楚の国から鄭強が使者としてやってきました。

鄭強は「楚王より、韓の太子に新城と陽人の地を与えるよう命じられてきました」といいました。喜ぶ太子!!!

くれるの?ヘ( ̄▽ ̄*)ノ.♪ヒャッホーイ♪.

となり、公叔と太子の政争は激しくなるばかりです。それもそのはず、公叔から見れば太子の後ろ盾に楚がついたことになるからです。負けると政治生命は終わります。

でも…実は…

鄭強の言ったことは嘘でした!!!

当然,臣下に領地を勝手に献上された楚王は怒り心頭に発します。まさに怒髪天を衝く!処罰しようと鄭強に出頭を命じます。

楚王「どういうつもりだ!!ヽ(`Д´)ノプンプン」

鄭強は静かに真の目的を話し始めます。鄭強曰く…

「私が嘘をついて領地を贈ったのは楚のためです。太子が領地を得て、太子が政争に勝てばが魏(韓の隣国)は韓に進攻します。韓は危なくなれば楚に国の命運を預けます。命運を預けた国に領土割譲を求めることなどできますまい。」
※魏は公叔に通じていたため、反魏の太子政権誕生は好ましくない

「もし魏と戦って太子政権が倒れ、太子が生き延びていたら楚に逃げ込みましょう。そうなればますます領土割譲など言い出せなくなるでしょう」

とのことでした。これを聞いた楚王は鄭強を罰することを止めました。


先を見越した外交ですね。どっちに転んでも楚は損をしない仕掛けになっています。太子という大義名分を得て韓に内政干渉できる口実(正統政権の確立を要求する等)も出来ましたし、韓が強大化すれば、「貴国に害をなす太子を逮捕したので送還します」とすればいいだけです。

相手に勝とうとする前にできるのは、自らの弱点や隙をなくすことですね。自分の範疇でできることですから。

【今日のポイント】

◎損のしない仕組みにしておく
◎自分の隙を無くしておく
◎相手への切り札をもっておく

【参考文献】

LINK
戦国策(1)(東洋文庫)東周から斉の話

戦国策 (2) (東洋文庫 ) 斉から魏の話
戦国策 (3) (東洋文庫) 魏から中山の話

☆電子版の「戦国策」(pc等でよむ電子書籍です) ⇒ こちら

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック