パキスタンがパイプライン建設計画見直しを拒否 中国の稀少金属輸出規制を米が訴える? 中パ両国が軍事演習実施



皆様の1クリックが自衛隊・安全保障に関する情報・知識の普及につながります。宜しくお願い申し上げます。
↓クリック↓
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ人気ブログランキングへ

週刊軍事!?ニュースです。

今回は平成22年6月23日と24日です。

どれだけ資源が豊富にあっても活用できないと宝の持ち腐れですね。その点、ロシアも中国もしたたかです。日本の優れた技術やシステムもシンガポールでは大いに活用されているそうです。


--------------------------------------------------------------------
※記載された日付は報道された日付です。
※情報元・発言部分引用は共同通信、時事通信、産経新聞、毎日新聞、読売新聞、朝鮮日報、中央日報、47newsなどです。
※記事内に動画がある場合、動画再生の際には音量にご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

No.1・3・4と大空に…←週間・軍事本ランキング(楽天)






【行進曲全集⇒自衛隊演奏(楽天ICHIBA)

《平成22年6月23日(水)》

【露ミサイル部隊司令官が交代 ロシア】(msn産経ニュース)
 ロシアのメドベージェフ大統領は22日、連邦軍の戦略ミサイル部隊司令官に同部隊の第1副司令官だったセルゲイ・カラカエフ中将(49)を任命した。インタファクス通信によると、前任のシュバイチェンコ氏は退官した。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100622/erp1006221901001-n1.htm

・ひと言
 軍人の人事については一般的にはあまり注目されません。関係者からすれば軍人がどの役職に就くかは関心事ですね。軍隊は組織ですが,個人の資質も影響を与えます。
それにスパイとして取り込めるか?と見ることもあるでしょう。


【パキスタン:ガスパイプライン計画の見直し要求を拒否】(毎日新聞)

【ニューデリー栗田慎一】パキスタンのギラニ首相は22日、イランと今月8日に最終合意したイランからの天然ガス輸入パイプライン計画に米国が見直しを求めたことについて、要求を拒絶し計画を予定通り進める意向を表明した。核開発問題に絡む国連安全保障理事会の追加制裁決議を受け、イランに対する国際社会の圧力を強めたい米国にとって、同盟国であるパキスタンの反発は頭痛の種となりそうだ。

 ギラニ首相はイスラマバードで記者団に「パキスタンは(9日の)国連安保理の対イラン追加制裁決議は考慮するだろうが、米の独自制裁に従ういわれはない」と述べ、不快感をあらわにした。

 発言は、ホルブルック米特別代表が19、20両日に訪問してパイプライン計画への懸念と、経済制裁を主とした独自制裁に協力するよう求めたことに対し、政府の姿勢を初めて明確にしたもの。パキスタンは、アフガニスタンで約9年続く米の「対テロ」戦争の重要な同盟国だが、ギラニ首相の発言は、「戦争よりもインフラ整備」で地域の安定化を目指したいパキスタンの本音を示す狙いがある。

 米はカナダで25日から開かれる主要8カ国首脳会議(G8サミット)で安保理の追加制裁決議を確認し、対イラン包囲網を強めたい方針。だが、パキスタンは元々「制裁よりも外交的解決を求めていた」(同国外務省幹部)とされ、パイプライン計画遂行を妨げかねない安保理制裁にも反感を持っている。

 パキスタンは対テロ戦の長期化を背景に、深刻なエネルギー不足に陥った。この2年間は、首都を除く全国各地で1日の半分は停電し、相次ぐ工場の閉鎖で失業者が増加。家庭用ガスや自動車燃料も不足し、物価の高騰で市民生活は破綻(はたん)寸前だ。このため反政府感情は高まり、内政を不安定化させている。

 政府はパイプラインの早期実現を緊急課題に位置づける一方、パキスタン軍は米が強く求める武装勢力掃討作戦の戦線拡大に難色を示し、米との距離は広がっている。一方で、政府は友好関係にあるトルコに、イランとのパイプライン計画に関する価格交渉などの「調整役」を依頼。追加制裁に反対したトルコとの緊密化も図ってきた。

 ◇イラン・パキスタンのガスパイプライン計画◇

 世界第2位の埋蔵天然ガスを持つイランが90年、パキスタン、インドに打診。3国の頭文字を取って「IPI計画」と呼ばれた。しかし、実現の条件とされた印パ関係が最良となった直後の06年、米国がインドと民生用原子力協定締結に合意し、インドが離脱したまま今月8日に最終合意した。
http://mainichi.jp/select/world/asia/news/20100624k0000m030062000c.html?inb=ra

・ひと言
 パキスタンの処遇は頭痛の種です。アフガニスタンの後背地にあるため協力関係を築かないとならない。一方でタリバンの戦闘力の拠点でもあります。

【今日の軍事関連ニュース】
・国連安保理代表団がタリバン制裁の解除に同意(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100623/asi1006230015000-n1.htm
・キルギスでの騒乱の死者250人超に(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100622/erp1006221957003-n1.htm
・北朝鮮当局が中国人2人をスパイ容疑で拘束、調査中に拷問で死亡(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100623/kor1006230010000-n1.htm
・ロシアが天然ガスの供給を低下させた(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/world/news/20100624k0000m030074000c.html?inb=ra
・マクリスタル司令官が退任へ(cnn)
http://www.cnn.co.jp/usa/AIC201006230006.html?ref=ng
・韓国海軍 ソナーの改良進まず(中央日報)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=130455&servcode=200§code=200




《平成22年6月24日(木)》

【中国がレアアース輸出規制 米、WTOへの提訴を検討】(sankeibiz)

携帯電話やレーダー機器などの製造に不可欠なレアアース(希土類)の輸出を規制しているとして、米通商代表部(USTR)が中国を世界貿易機関(WTO)に提訴する方針を固めたことが、関係者の話で明らかになった。

 それによると、米政府はWTO提訴に備え、業界団体や労働組合に対し、中国側によるレアアース輸出規制の事実を示す証拠の提出を求めているという。米政府監査院(GAO)は4月、世界のレアアース産出量の97%を抑える中国が、割当量や最大25%の輸出税を導入してこれらの輸出を制限していると発表。関連市場で米国に対する支配力を強めているとの見解を示した。

 USTRは、3月にまとめた外国の貿易障壁に関する年次報告書で「輸出を規制し、国内での供給過剰を引き起こすことで、中国はレアアースの国内価格を人為的に引き下げることが可能になる」と分析している。

 米議会でも、国内製造業者の排除につながるとして中国の通商政策を批判する意見が続出。23日にはUSTRのカーク代表とロック米商務長官を上院財政委員会に招集し、この問題に関する証言を求めた。

 レアアースはランタン、セリウム、ネオジムなど17元素のグループからなる金属元素の総称で、電気自動車(EV)のバッテリーやノートパソコンのハードディスク装置、風力発電機といった電気・電子機器に使用される。米地質調査所(USGS)の報告によれば、米国はこれらの原材料を1980年代まで自国生産でまかなってきたが、その後はコストの低い中国産の台頭を許すことになったという。

カリフォルニア州マウンテンパスにあるレアアースの鉱床は02年に大半が封鎖されたが、同鉱床を所有する米モリコープ・ミネラルズはこのほど、年内に操業を再開するとの計画を発表した。同社は監督当局へ提出した資料の中で、レアアースの世界的な消費量について「新技術の開発に伴う用途の拡大により、今後堅調に伸びていく」と予測している。

 中国の通商政策に懸念を示しているのは米国だけではない。欧州連合(EU)は今月まとめた報告の中で、レアアースを初めとする原材料の確保を同地域の経済にとって「極めて重要」と位置づける一方、その供給体制については「圧力が強まりつつある」との認識を表明している。昨年、米国とEUは、マグネシウム、コークス、亜鉛といった原材料の輸出制限をめぐる問題で、中国をWTOに共同提訴した。(ブルームバーグ Mark Drajem)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/100624/mcb1006240505011-n1.htm

・ひと言
 囲い込み運動を展開中です。相手国への影響力行使の手段ですね。


【中国:外務省、菅首相の軍事力警戒発言に「強い関心ある」】(毎日新聞)

菅直人首相が9党首討論会(22日)で中国の軍事力に「注目し、注意しないといけない」と警戒感を示したことについて、中国外務省の秦剛副報道局長は24日の定例会見で「発言に強い関心を持っている」と述べた。

 秦副局長は「中国はどの国にも脅威を与えておらず、いかなる国の抑止も受け入れられない」と強調し、「日米同盟は第三国を対象にすべきではない」とクギを刺した。

 中国側は菅首相の対中姿勢は高く評価しているが、中国の軍事力増強を抑止するために日米同盟の必要性を訴える日本の一部論調を強く警戒している。【北京支局】
http://mainichi.jp/select/world/news/20100625k0000m030080000c.html?inb=ra


【中パが対テロ軍事演習】(msn産経ニュース)

 中国国防省は24日、中国とパキスタンが7月1日から11日まで中国の寧夏回族自治区呉忠市青銅峡で対テロ合同軍事演習を実施すると発表した。
 両国の対テロ合同軍事演習は3回目で、2006年以来となる。双方から、それぞれ約100人の特殊部隊員が参加する。
 パキスタン北部では、イスラム原理主義勢力と中国西部のウイグル族独立派の交流があるとされ、両国はテロ対策で協調している。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100624/chn1006242153005-n1.htm

【今日の軍事関連ニュース】
・モンゴル政府がゴビ砂漠での資源開発のために資金募る(sankeibiz)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/100624/mcb1006240505015-n1.htm
・中国南方航空にエアバス機が納入された(レコードチャイナ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100624-00000002-rcdc-cn
・韓国世論 北朝鮮への警戒感増加 成人層と中高生層では隔たり(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100624/kor1006240015000-n1.htm
・海上自衛隊エアクッション艇の入港は自走式に変更(中国新聞)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201006230081.html
・欧州委員会がロシアの天然ガス供給削減を批判(時事ドットコム)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201006/2010062400058
・アフガニスタンでの外国軍兵士の月間殉職が最多に(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100624/asi1006240952001-n1.htm
・ニクソン米大統領が北朝鮮への核攻撃を検討していた(時事ドットコム)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201006/2010062400278
・中国当局がウイグル地域での暴動関与の幹部らを逮捕(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20100625k0000m030058000c.html?inb=ra

最後までお読み戴きありがとうございます。またいらしてくださいね。
ヽ(´ー`)ノ。o○(ア)(リ)(ガ)(ト)(ウ)

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ人気ブログランキングへ

☆おすすめキーワード★
航空自衛隊 航空自衛隊の組織 航空自衛隊の任務(お仕事) 軍隊と警察の違い 週刊軍事ニュース 自衛官の生活 防空作戦 






この記事へのコメント


この記事へのトラックバック