おかえりなさい!! ソマリア派遣の自衛隊部隊が帰国 6月の実績も公表


皆様の1クリックが自衛隊・安全保障に関する情報・知識の普及につながります。宜しくお願い申し上げます。
↓クリック↓
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ人気ブログランキングへ

参議院通常選挙の投票日ですね。

選挙の喧騒の中、暑い海から帰国された方々がいます。

*******************************************************
※ブログ記事の元になる記事のリンクは註に明示しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にご注意ください。
*******************************************************





ソマリア沖アデン湾に派遣されていた海上自衛隊部隊、そして海上保安官の皆様が無事に帰国されました。

安全上熱く、気候上も暑い海からの帰還です。本当にお疲れ様でした!!!甲板上は摂氏50度近くなるとのこと、そんな中で紅海やインド洋を航行する世界各国の船舶の安全を守っているのは海上自衛隊部隊を始めとする世界各国の海軍部隊です。

現在、海軍部隊を派遣しているのは…

アメリカ、カナダ、オーストラリア、中国、韓国、マレーシア、シンガポール、インド、イラン、ロシア、トルコ、ギリシア、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、オランダ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル

の各国です。世界各国の海軍と共に海上交通の安全を守ってくれている海軍部隊に敬礼!!!。そして派遣将兵を支えるご家族の皆様、国内部隊、関係者にも感謝です。

不肖・宮嶋の「海上自衛隊ソマリア沖奮戦記」

横須賀での「おおなみ」の帰国式典の様子です。

※この動画は sakurasotv さんの投稿です。ありがとうございます。


派遣された隊員の皆様、無事の帰国を願っていた御家族の皆様の姿も映っています。


無事に帰国された海上自衛隊部隊の皆様の実績も公表されています。
*****************************************
海賊対処のために派遣された水上部隊の護衛実績について(平成22年6月)

平成22年7月6日 防衛省

1.護衛回数 8回(第142回護衛?第149回護衛)
  (海賊対処法に基づく第101回護衛?第108回護衛)

2.護衛隻数 60隻(海賊対処法に基づく護衛開始以来の累計874隻、以下同)

内訳 日本籍船 0隻(累計8隻)
我が国運航事業者が運航する外国籍船 14隻(累計235隻)
(そのうち、日本人が乗船する外国籍船 0隻)
その他の外国籍船 46隻(累計631隻)
※なお、上記には、海上警備行動に基づく護衛(第1回?第41回)の実績は含まれていない。
※上記のうち、海上警備行動では防護対象にならなかったと考えられる船舶は46隻である。(その他の外国籍船46隻)

3.【参考】情報提供等を行った事例
■6月13日、第144回の護衛活動を行っていた「むらさめ」が、付近を航行中の船舶(護衛対象外)から、不審な小型船舶に追尾されている旨の通信を受信した。「むらさめ」搭載ヘリコプターが発艦し、7名の乗員と2台の船外機を有する小型船舶を確認するとともに、当該小型船舶が何らかの物体を海中に投棄したことを確認した。トルコ艦艇に対応を引き継ぎ、「むらさめ」搭載ヘリコプターは哨戒任務に復帰した。

***********************************************

海賊対処のために派遣されたP-3C哨戒機の活動状況について(平成22年6月)
平成22年7月6日 防衛省

1.任務実績(6月1日~6月30日)

・飛行回数 21回(累計 254回)
・飛行時間 約140時間(累計 約1960時間)
・確認した商船数 約1500隻(累計 約17200隻)
・護衛艦、諸外国の艦艇等及び民間商船への情報提供 約220回
 (累計 約2070回)

2.情報提供等を行った事例

■6月2日、警戒監視中のP-3Cが、米国艦艇より、パナマ籍の商船が海賊に襲われた旨の情報を受けた。P-3Cが現場に到着した時点で、同商船は既に海賊に乗っ取られており、その状況を米国艦艇に通報した。あわせて、同商船の周辺を捜索し、他に不審な船舶が見当たらなかったことから、その旨を米国艦艇に通報した。
※報道によれば、プントランド治安部隊の作戦により、当該船舶は6月3日解放された。
■6月28日、警戒監視中のP-3Cが、ドイツ艦艇より、海賊に乗っ取られたシンガポール籍の商船に関する情報を得たことから、同船の状況を確認し、ドイツ艦艇に通報した。
**************************************************

本当に多くの船舶が航行しているのですね。日本の生活を支えているのは海運です。現在の生活を維持するには大型商船が毎日約9隻ずつ入らないといけません。その他の船を含めると、約14隻の商船が入港しないといけません。

以下の動画は入港行事に映っていた日本船主協会が制作した広報映像です。

※この動画は HwabyungCorea さんの投稿です。ありがとうございます。


ソマリア沖・アデン湾における海賊対処




海の日も近づいています。当たり前のように食べられ、生活できるのは海上自衛隊,各国海軍部隊、海運関係者の皆様のお陰です。ありがとうございます。


最後までお読み戴きありがとうございます。またいらしてくださいね。
ヽ(´ー`)ノ。o○(ア)(リ)(ガ)(ト)(ウ)

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ人気ブログランキングへ



・アデン湾における海賊対処行動に従事した艦艇の入港について(統合幕僚監部)
http://www.mod.go.jp/jso/press2010/press_pdf/p20100617_2.pdf

・海賊対処のために派遣された水上部隊の護衛実績について(平成22年6月)(防衛省)
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2010/07/06c.html

・海賊対処のために派遣されたP-3C哨戒機の活動状況について(平成22年6月)(防衛省)
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2010/07/06b.html

・勇敢である!の受賞 海上自衛隊など列国海軍が海賊対処で(以下は当ブログ内リンク)
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/133499480.html

・日本の海上輸送 その1
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/123565969.html

・日本の海上輸送 その2
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/123637448.html

・日本の海上輸送 その3
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/123712593.html

・往く人来る人 自衛隊部隊の出入国に中露軍要人来日
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/153589571.html

【おすすめキーワード】 
航空自衛隊 航空自衛隊の組織 航空自衛隊の任務(お仕事) 軍隊と警察の違い 週刊軍事ニュース 自衛官の生活 防空作戦 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック