与那国島の防空識別圏が正常化 その後は?


皆様の1クリックが自衛隊・安全保障に関する情報・知識の普及につながります。宜しくお願い申し上げます。
↓クリック↓
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ人気ブログランキングへ

平成22年6月25日から与那国島の防空識別圏が正常化されました。

正常化自体は歓迎すべきこと。ですが本当の問題はその後に出てきそうです。

その問題とは?

*******************************************************
※ブログ記事の元になる記事のリンクは註に明示しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にご注意ください。
*******************************************************





防空識別圏の正常化が防衛省により通知されました。

防空識別圏とはなに?

防空識別圏とは,領空の外側に設定される空域のことで、飛行する航空機が領空に入る前に「味方か味方でないか」を識別するための空域です。航空自衛隊の任務である領空侵犯対処措置に活用されています。

飛行機が飛んでくる → 防空識別圏に入る → 領空

となります。なぜこの空域が設定されるかというと,領空侵犯される前に空軍が対応するためです。飛行機は航行速度が早いため,旅客機で数分、軍用機(音速機)では数十秒で領空に到達します。「味方でない」(敵でもない)航空機もこの速さで到達するので,迎撃に余裕をもたせるために防空識別圏が設定されているのです。

なぜ与那国島が問題だったの?正常化?

与那国島の西側が台湾空軍の防空識別圏だったからです。領空の内側に防空識別圏があったということですね。ここで問題になるのはスクランブル発進自体ではなく,余裕の空域がないことです。通常は…

防空識別圏 ≠ 領空 → 航空自衛隊に判断の時間あり・飛行する航空機も安全

ですが、与那国島上空では

防空識別圏 = 領空 → 直ちに領空侵犯・航空自衛隊に判断の時間なし

になってしまいます。

国際民間航空機関等に届けられている航空機なら無害な航空機として問題ありませんが、無届けの航空機が飛来した場合、「味方でない」(敵でもない)ので航空自衛隊が出動します。


 航空自衛隊の領空侵犯対処措置というのは、自衛隊法84条により規定された仕事です。一般的にはスクランブルと呼ばれ、不明機が防空識別圏に進入した場合,領空侵犯しないよう警告を与え、警告に従わない場合は強制着陸命令又は撃墜を行う仕事です。なお、「スクランブル=領空侵犯」ではありません。スクランブル回数に比して領空侵犯数は少ないものとなります。
 実際に航空自衛隊がスクランブルを掛けたのは平成21年度で299回でした。最近ではロシアと中国が活発な動きを見せています。昨年は北朝鮮のミサイル事変があったので北朝鮮空軍の動きもありました。

※この動画は EvoCarboneye さんの投稿です。ありがとうございます。


歴代のスクランブル任務機も紹介されています。↑

スクランブル

←パイロットは何を思っているのか?

よかった!!無事に済んでいるのでしょ!!

実は何度も領空侵犯されています。自衛隊発足以降、統計では34回、領空侵犯されています。

【領空侵犯の主な事例】
・平成20年2月9日 伊豆諸島 ロシア軍機
・昭和62年12月9日 沖縄本島上空 ロシア軍機 ※航空自衛隊が初めて警告射撃を行った事案。
・昭和51年9月6日 北海道 mig25事件(ベレンコ事件)

ひとつ間違えば被害が生じていた事態です。

自衛隊指揮官 (講談社+α文庫)←沖縄本島の領空侵犯のとき指揮官は?部隊は?


そして、これからが本当の問題です。

防空識別圏が正常化したとしても、その防空識別圏を機能させ、領空を守るための戦力が弱体化しているという問題です。

ロシア空軍は第5世代戦闘機の導入が決まり,中国空軍も第4世代戦闘機を完成させ,次世代戦闘機の開発を進めています。
 日本では、来年度で戦闘機生産が終了することになっており、次世代機の開発が危ぶまれています。また、防空戦力の中核となる次の戦闘機が決まっていません。現有のf15戦闘機の改修を進めていますが、軍用機の陳腐化も進むので防空戦力は相対的に減殺されてきています。防衛省も戦闘機生産基盤の維持に懸命ですが有効な危機打開策は打ち出せていません。

航空自衛隊が求めていた戦闘機ですが米国から輸出不可でした。



F-22はなぜ最強といわれるのか

こちらがf22以外の候補です。上からf35、Eurofighter Typhoon、心神です。

※この動画は HIMSK さんの投稿です。ありがとうございます。


※この動画は Hobbs92 さんの投稿です。ありがとうございます。


※この動画は 09MrJapan さんの投稿です。ありがとうございます。


甦る零戦←日本独自の戦闘機開発計画

防衛省が売り込みをかけようとしている飛行機です。消防艇として売り込むそうです。

※この動画は atake564 さんの投稿です。ありがとうございます。


こちらは現在、日本の防空体制を支えている戦闘機です。

※この動画は finalquest08 さんの投稿です。ありがとうございます。


そして、中国軍と台湾軍の戦力バランスは近々逆転すると見られ、台湾軍も凍結していたミサイル開発計画を復活させました。中国軍は空母艦載機の発着訓練を開始しています。


与那国島の防空識別圏正常化を役立たせるためにも、防空戦力の強化が求められますね。

※この動画は kei2601 さんの投稿です。ありがとうございます。




最後までお読み戴きありがとうございます。またいらしてくださいね。
ヽ(´ー`)ノ。o○(ア)(リ)(ガ)(ト)(ウ)

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ人気ブログランキングへ



・防空識別圏(wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%B2%E7%A9%BA%E8%AD%98%E5%88%A5%E5%9C%8F

・与那国島上空の防空識別圏の見直しについて(防衛省)
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2010/06/24a.html

・台湾外交部、防衛省による防空識別圏の再設定に「きわめて遺憾」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0625&f=politics_0625_002.shtml

台湾空軍、即戦力の低さが議会で問題に(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100430/chn1004302012006-n1.htm

・自衛隊法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S29/S29HO165.html

・自衛隊開発機の民間転用へ検討会 量産でコスト減図る(朝日新聞)
http://www.asahi.com/politics/update/0331/TKY201003310004.html

・次期戦闘機の予算計上へ 来年度防衛費、数機分(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2010062602000063.html

・空母艦載機がテスト飛行 瀋陽で中国(イザ)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/410276/

・中国の最新鋭国産戦闘機「殲」、北京上空で訓練飛行(afp)
http://www.afpbb.com/article/politics/2641113/4580377

21年度防衛費 重要施策を見る<5> 航空自衛隊 F-15近代化改修重点に(朝雲
ニュース)
http://www.asagumo-news.com/news/200903/090305/09030505.html


【おすすめキーワード】 
航空自衛隊 航空自衛隊の組織 航空自衛隊の任務(お仕事) 軍隊と警察の違い 週刊軍事ニュース 自衛官の生活 防空作戦 


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック