離島保全法が成立 北朝鮮軍に戦闘態勢指示 インドで中国のスパイ摘発



皆様の1クリックが自衛隊・安全保障に関する情報・知識の普及につながります。宜しくお願い申し上げます。
↓クリック↓
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ人気ブログランキングへ

週刊軍事!?ニュースです。

今回は平成22年5月25日から5月26日までです。

実際の武力戦は目につきやすいもの。ですが、ほとんどは目立たないでの情報戦や法律戦
です。長い長い神経戦に耐えないといけませんね。

----------------------------------------------------------------------
※記載された日付は報道された日付です。
※情報元・発言部分引用は共同通信、時事通信、産経新聞、毎日新聞、読売新聞、朝鮮日報、中央日報、47newsなどです。
※記事内に動画がある場合、動画再生の際には音量にご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

赤い本←週間・軍事本ランキング(楽天)





【行進曲全集⇒自衛隊演奏(楽天ICHIBA)


《平成22年5月26日(火)》
【沖ノ鳥島など離島保全法が成立】(msn産経ニュース)

日本の排他的経済水域(EEZ)の権益を守るため、日本最南端の沖ノ鳥島、最東端の南鳥島(ともに東京都小笠原村)などの離島保全を図る「低潮線保全・拠点施設整備法」が26日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。公布後、3カ月以内に施行する。沖ノ鳥島を「岩にすぎない」と主張、法律制定に反対している中国に対し、日本側の姿勢を明確にする目的もある。
 
 同法は、もっとも潮が引いたときの海岸線で、EEZ設定の基準になる「低潮線」の周辺水域を保全区域として指定するよう規定。EEZの基点となる島を「特定離島」と定めて国が管理し、護岸工事や港湾などの整備を行うとした。
 
 政府は、沖ノ鳥島を基点とした大陸棚の拡張を国連に申請しているが、中国は国連海洋法条約では大陸棚やEEZを設定できない「岩」と主張。日本に同条約で定められた通告を行わずに、沖ノ鳥島周辺のEEZ内の海洋調査を実施しており、4月中旬には中国海軍の艦艇が、同島を基点とする日本のEEZ内を航行した。
 
南鳥島周辺では希少金属コバルトなど海底資源の採鉱が有望視されており、政府は海洋調査船のための岸壁の新設も行う方針だ。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100526/plc1005261831011-n1.htm

・ひと言
 中国海軍の艦隊が演習を行っていた海域には沖ノ鳥島があります。いまは「島ではなく岩」と主張していますが,自国領となれば「岩ではなく島」というと思います。自国の利益なるかどうかが基準ですから、特段の矛盾はありません。

【金総書記が戦闘態勢指示 米韓合同演習で牽制へ】(イザ)
 
北朝鮮による韓国哨戒艦撃沈事件をめぐって、韓国の脱北者団体「NK知識人連帯」は、金正日(キムジヨンイル)総書記(69)が全軍や人民保安省に万全の戦闘態勢に入るよう指示したとの情報を明らかにした。一方、米国防総省は24日、北朝鮮の潜水艦探知や海上封鎖を目的とする米韓両軍の軍事演習を近く実施する方針を明らかにした。バラク・オバマ米大統領(48)はこの日、北朝鮮政策の見直しを関係省庁に指示、金融制裁の強化やテロ支援国への再指定など、独自の制裁措置発動について検討する方針を示した。

■「宣戦布告に当たる」
 国防総省が韓国軍と合同で実施すると表明したのは、対潜水艦軍事演習と、大量破壊兵器拡散防止構想(PSI)に基づく海上封鎖訓練。韓国が昨年5月、PSIへの全面参加を表明した際、北朝鮮は「宣戦布告に当たる」と反発しており、緊張が一段と高まりそうだ。
 米韓両軍の連携をめぐっては、ホワイトハウスが24日未明、オバマ大統領が北朝鮮の攻撃に備え、韓国軍との協調を米軍に指示したことなどを柱とする声明を発表した。
 国防総省のブライアン・ホイットマン報道官はロイター通信に対し、2012年に米国から韓国への移管が予定されている朝鮮半島有事の際の作戦指揮権について、「まだ決定事項ではない」などと述べ、北朝鮮を牽制(けんせい)した。
 米国政府は2008年10月に北朝鮮のテロ支援国指定を解除したが、「テロ対策に協力不十分な国家」の指定は継続し、北朝鮮企業との商取引を禁じるなどの経済制裁を続けている。

■主敵の概念復活
 オバマ政権は国務省や財務省などに、北朝鮮の企業や個人に対する現行制裁の実効性を洗い直し、さらなる金融制裁の強化に向けた制裁リストの追加を検討する方針とみられる。
 オバマ政権は、韓国政府が表明した国連安全保障理事会への問題提起を全面的に支援しながら、北朝鮮を揺さぶる効果的な対抗策を模索していく意向だ。
 一方、北朝鮮と韓国の南北軍事実務会談の北朝鮮代表は25日、韓国海軍の艦艇などが黄海の南北境界水域で北朝鮮水域を侵犯する挑発行為を続けていると主張、「侵犯行為が続くなら、われわれの領海を守るための軍事的措置が実行される」との通知文を韓国側に送付した。
 また、韓国の聯合ニュースはこの日、韓国政府が北朝鮮を国防上の「主敵」とする概念を復活させる方針を固めたと報じた。政府当局者の話として伝えた。
 韓国政府は1995年から国防白書で「北韓(北朝鮮)は主敵」と表現してきたが、対北朝鮮「包容政策」を取った盧武鉉(ノムヒヨン)前政権時代、公表する文書で「主敵」と明記するのは避けることにし、2005年に刊行された04年版の国防白書から「主敵」の記述を削除していた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/395557/

・ひと言
 北朝鮮が諸外国に向けて緊張を高める動きをしたとき、必ず聞こえてくるのは「あれは瀬戸際外交」「本気ではない」という解説。本気かどうかは相手次第です。くれぐれも相手にも意志があることを忘れてはいけません。

【この日の軍事関連ニュース】
・自民党が自衛隊派遣に関する一般法を国会提出(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100526/stt1005261751013-n1.htm
・与那国島上空の防空識別圏を拡大、正常化へ(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100526/plc1005261712008-n1.htm
・朝鮮総連幹部が韓国海軍艦艇沈没事変は「捏造」と非難(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100525/plc1005252153029-n1.htm
・北朝鮮軍潜水艦が姿消す(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100526/kor1005261031002-n1.htm



《平成22年5月27日(木)》

【北朝鮮、中国との国境付近に迫撃砲、実戦配備を完了―韓国メディア】(yahooニュース)

2010年5月26日、韓国の聯合ニュースは、北朝鮮情報筋の話として、北朝鮮が今年2月までに中国との国境付近を守る警備隊に迫撃砲を配備した上、多連装ロケット砲旅団も配置したと報じた。27日付で環球時報が伝えた。

同筋によると、北朝鮮は今年2月までに平安北道や咸鏡北道など中国との国境付近を守る警備隊に82ミリ迫撃砲を使う火力支援小隊を新たに編成し、実戦配備を完了させた。北朝鮮の国境警備隊は人民武力部の所属で、主な任務は不法入国や脱北の防止であるため、これまでは小銃など小型の武器しか配備されていなかった。

同筋はまた、「82ミリ迫撃砲は60ミリ迫撃砲と違い、車両で運搬する必要がある。今回、各小隊に1門ずつ配備されたことは、国境警備隊が歩兵部隊並みの攻撃力を付けたことを意味する」と述べた。

記事はこのほか、北朝鮮が中朝国境付近に北朝鮮式多連装ロケット砲を配備したと伝えた。消息筋は、「北朝鮮は咸鏡北道や両江道など中朝国境付近に122ミリ多連装ロケット砲旅団を配置した」と語っている。(翻訳・編集/NN)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100527-00000025-rcdc-cn

・ひと言
韓国戦に気をとられているうちに北から侵入される恐れがあるからでしょうか。中国による介入は北朝鮮にとっては悪夢ですし。


【<中印>国境紛争地帯で中国人スパイを拘束か―インド紙】(yahooニュース)

2010年5月24日、複数のインドメディアは、中印の国境紛争地帯であるアルナーチャル・プラデーシュ州で中国人スパイを拘束したと報じた。環球時報が伝えた。

記事によれば、インドの警察当局は22日、男性の中国人スパイを拘束。取り調べに対し、男は関良(グアン・リアン)と名乗り、中国河南省の出身だと話した。コンピューターの専門家で、アルナーチャル・プラデーシュ州に潜入するよう命令されたと明かしている。

これに対し、環球時報は中国の専門家の話として、インド当局が一般の中国人越境者をスパイにでっち上げただけだと報じた。また、スパイとされる中国人がどんな情報を収集していたのかについてもインドメディアは報じていないと指摘。同州はインドが実効支配していることから、インド当局の許可がなければ中国人は入れないはずだと報道の信憑性に疑問を呈した。(翻訳・編集/NN)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100527-00000002-rcdc-cn

・ひと言
目に見える武力戦よりも、長い長い戦争が水面下で行われています。隣国同士は仲が悪いのが相場です。

【この日の軍事関連ニュース】
・韓国海軍が北朝鮮潜水艇を想定した対潜訓練を実施(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-15537320100527
・米国土安全保障省が米国本土への攻撃未遂事件増加を懸念(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-15536220100527
・北朝鮮が韓国とのすべての関係を断絶すると声明(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-15497820100525
・北朝鮮がDMZ内監視所に対空砲を設置(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100527/kor1005271245000-n1.htm
・米軍が新型無人機の実験に成功(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100527/amr1005271151007-n1.htm
・アフガン駐留NATO軍への補給が中断(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100527/asi1005270816001-n1.htm
・台湾漁船が尖閣諸島沖のEEZ内で操業(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100526/chn1005262346006-n1.htm


最後までお読み戴きありがとうございます。またいらしてくださいね。
ヽ(´ー`)ノ。o○(ア)(リ)(ガ)(ト)(ウ)

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ人気ブログランキングへ

☆おすすめキーワード★
航空自衛隊 航空自衛隊の組織 航空自衛隊の任務(お仕事) 軍隊と警察の違い 週刊軍事ニュース 自衛官の生活 防空作戦 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック