中国政府が携帯メールも全面検閲下に ハイチ派遣部隊が活動開始 北朝鮮が韓国の先制攻撃論に反発

皆様の1クリックが自衛隊・安全保障に関する情報・知識の普及につながります。宜しくお願い申し上げます。
↓クリック↓
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ人気ブログランキングへ

週刊軍事!?ニュースです。

今回は平成22年1月23日から1月24日です。
※記事が長いので期間を短くしました。

技術の使い方は難しいものですね。自由をもたらすと思えば規制をもたらすことも…それでも付き合っていかないと。

----------------------------------------------------------------------
※ 記載された日付は報道された日付です。
※情報元・発言部分引用は共同通信、時事通信、産経新聞、毎日新聞、読売新聞、朝鮮日報、中央日報、 47newsなどです。
※動画をご覧になられる場合は音量にはご注意ください。
----------------------------------------------------------------------

自衛隊への興味が…5位と7位←週間・軍事本ランキング(楽天)




【行進曲全集⇒自衛隊演奏(楽天ICHIBA)


≪平成22年1月23日(土)≫

【中国、携帯メール全面監視へ ネット世論「世界最大の監獄にいるよう」】(大紀元)

【大紀元日本1月23日】中国携帯電話の最大手「中国移動」(チャイナ・モバイル)はこのほど、携帯電話メールの検閲に協力すると発表した。今後、中国当局が定めたキーワードを含むメールは「不良情報」とみなされ、メール機能が強制的に停止される。当局は「わいせつなメールを取り締まるため」と説明しているが、ネット世論の間では、「新たな言論・情報規制である」として非難が高まっている。

 情報筋によると、「中国移動」の社内では既に、携帯電話メールを監視・審査するという通達が出されている。同社上海支店の職員は、「メール機能の復活を求めて訪ねてくるユーザーもいる」と話している。同支店によると、メール機能停止について異議がある人は、公安当局でメール内容の審査を受けなければならないという。

 同じく大手プロバイダーの「中国聨通」(チャイナ・ユニコム)は、インターネットと携帯電話の全面監視に乗り出している。同社の常小兵・総裁によると、法律違反あるいは当局に登録しなかったとの理由で、強制的に閉鎖したウェブサイトは7万5千あまりに上るという。

 今回の携帯メールの監視について、中国国内の人権活動家は、次のように指摘する。「わいせつな情報を取り締まるならば、不特定多数の人間へ送られる迷惑メールを監視すべきだ。しかし、当局は個人の間で交わされるメールまで監視しようとしている。この種のプライバシーに属するメールは、犯罪捜査の時を除いて盗聴・監視してはならず、完全に法律に違反している。当局は、わいせつ情報の取り締まりを口実にしているだけ。その真意は、中国のウェ ブサイトや携帯電話メールでの言論の自由を封鎖することだ」

また、ネットの掲示板には当局を非難する声が殺到した。

「国民のプライバシー侵害だ」

「何の権利があって通信会社と当局は、我々のメールを監視したり、停止したりするのか」

「私たちは、世界最大の監獄に入ったようだ」

ネット世論は、ますます強まる言論規制に危機感を募らせている。

(翻訳編集・叶子)
(10/01/23 08:39)
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/01/html/d77694.html

・ひと言
 情報を集めようとする側と統制する側の争いです。武力統制と情報統制は一党支配の要ですから必死です。

こちらはgoogle関連(動画投稿はMonet1162さん、ありがとうございます)


【この日の軍事関連ニュース】
・ロシア外相が新しい核軍縮条約の交渉開始は2月と明言(日経ネット)
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100122ATGM2203E22012010.html
・米海兵隊がイラクから来月にも撤退(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100123/amr1001232259010-n1.htm
・航空自衛隊百里基地で日米共同訓練実施へ(毎日新聞)
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20100123ddlk08040262000c.html
・防衛秘密に関わる職員にポリグラフ検査実施を示唆する誓約書 「抑止力になる」と北澤防衛大臣
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100123k0000e010023000c.html



≪ 平成22年1月24日(日)≫

【ハイチ大地震:自衛隊医官ら現地入り 仮設テントで治療】(毎日新聞)

 ハイチ大地震の被災地で医療支援活動を行う自衛隊の緊急医療援助隊の第1陣34人が23日、首都ポルトープランス西方のレオガンに到着した。既に現地で活動中の国際協力機構(JICA)などの医療チームに合流し、活動を開始。JICAの撤収後は活動を引き継ぐ。

 自衛隊員らはレオガン到着後、仮設テントの医療施設でJICAと協調し患者の治療を行った。

 援助隊は医官や連絡調整官ら104人で構成。第1陣は米フロリダ州マイアミから航空自衛隊のC130輸送機を使用し空路ハイチ入りした。(共同)

毎日新聞  2010年1月24日 0時50分
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20100124k0000m030094000c.html

自衛隊部隊が活動開始(動画投稿はANNnewsCHさん、ありがとうございます)



【「先制攻撃発言は宣戦布告」、北朝鮮が韓国国防相の発言を非難 】(AFP)

【1月24日 AFP】韓国の金泰栄(キム・テヨン、Kim Tae-Young)国防相が「北朝鮮が核攻撃の兆候を見せれば韓国は先制攻撃を加える」と発言したことを受けて、北朝鮮の朝鮮人民軍(Korean People's Army)は24日、「宣戦布告だ」と韓国を批判する声明を発表した。北朝鮮の国営朝鮮中央通信(Korean Central News Agency、KCNA)が報じた。

 同紙によると、北朝鮮の当局は「韓国の傀儡(か いらい)政権が何らかの攻撃を試みた場合、我々は即座に徹底的な軍事行動を起こし、韓国軍の司令部など主要目標を破壊する」と述べている。

 金国防相は20日、韓国のソウル(Seoul)市内で開かれたシンポジウムで「北朝鮮から核攻撃を受けてからでは遅すぎるし、被害も大きくなりすぎるだろう」と述べ、北朝鮮から核攻撃を受ける兆候があれば先制攻撃に出る意向だと発言した。金国防相は合同参謀本部議長だった2008年にも同様の発言をしている。(c)AFP
http://www.afpbb.com/article/politics/2686067/5225831

・ひと言
 北朝鮮は当然の反応です。韓国の対応もまた当然です。朝鮮戦争は休戦状態にあるだけです。


最後までお読み戴きありがとうございます。またいらしてくださいね。
ヽ(´ー`)ノ。o○(ア)(リ)(ガ)(ト)(ウ)

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ人気ブログランキングへ

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック