イスラエル パレスチナ国家樹立後も軍駐留必要 北朝鮮が中国国境付近に司令部建設!? 米国が対中情報収集レベルを下げていた


皆様の1クリックが自衛隊・安全保障に関する情報・知識の普及につながります。宜しくお願い申し上げます。
↓クリック↓
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ人気ブログランキングへ

週刊軍事!?ニュースです。

今回は平成22年1月21日から1月22日です。
※記事が長いので期間を短くしました。

ハイチに派遣される自衛隊部隊の皆様の御健闘をお祈り申し上げます。

----------------------------------------------------------------------
※ 記載された日付は報道された日付です。
※情報元・発言部分引用は共同通信、時事通信、産経新聞、毎日新聞、読売新聞、朝鮮日報、中央日報、 47newsなどです。
※動画をご覧になられる場合は音量にはご注意ください。

----------------------------------------------------------------------

情報関連の興味は尽きません。←週間・軍事本ランキング(楽天)





【行進曲全集⇒自衛隊演奏(楽天ICHIBA)


≪平成22年1月21日(木)≫

【パレスチナ国家樹立後も軍駐留 イスラエル首相が表明】(msn産経ニュース)

2010.1.21 08:31
 イスラエルのネタニヤフ首相は20日、エルサレムで記者会見し、パレスチナとの和平が達成されてパレスチナ国家が樹立されたとしても、その領内に「イスラエルの存在は欠かせない」と述べ、ヨルダン川西岸への武器流入を防ぐため、イスラエル軍が駐留し続ける必要があるとの認識を示した。AP通信が伝えた。

 パレスチナ側は東エルサレムを首都とし、西岸とガザ地区を領土とする独立国家の建設を目標としており、今回の発言への反発は必至だ。

 一方、ミッチェル米中東和平担当特使は20日にイスラエル入り。22日までにネタニヤフ首相やパレスチナ自治政府のアッバス議長と会談し、1年以上停滞している和平交渉の早期再開を目指す。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/100121/mds1001210833000-n1.htm

・ひと言
 各国からいかに見られても、イスラエルにとって必要なことは実行するという意志が見えます。善悪を抜いた思考ですね。


【核抑止力保持へ管理の徹底を 米国の元国務長官ら4人が訴え】(msn産経ニュース)

2010.1.21 13:00
 米国のキッシンジャー、シュルツ両元国務長官、ペリー元国防長官、ナン元上院議員は20日、米国の保有する核兵器数が減少している現在、核戦力の保守や安全管理に予算を振り向けて信頼性を保ち、十分な抑止力を保つことが肝要と訴えた。同日付のウォールストリート・ジャーナル紙に寄稿した。

 4人は2007年に核廃絶を提唱したことでも知られるが、他国が核保有を続ける限り米国は「抑止力を保持することが必要」と主張。一方で「核兵器・物資や知識の拡散が加速している」として、核保有国と安全管理策などについての情報共有も呼び掛けた。

 バイデン副大統領は寄稿を受けて同日発表した声明で「米国が現在直面している最大の脅威は、核兵器が(現在保有していない)国家やテロリストに渡ることだ」と言及した。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100121/amr1001211300009-n1.htm

・ひと言
 こちらでも生き残りを賭けた選択です。


【北朝鮮、中国国境に司令部か 「難攻不落」と研究機関】(asahi.com)

2010 年1月21日18時45分
 【北京=峯村健司】北朝鮮指導部が有事に備え、中国との国境に近い白頭山の招待所に臨時司令部を設置している可能性が高いことが、香港に拠点を置く軍事シンクタンク・漢和情報センターの調べでわかった。衛星写真と複数の情報筋の話から分析した。

 平壌にある人民武力部の地下施設には、脱出用とみられる10機以上のヘリコプターの格納庫もあるという。

 同センターによると、白頭山招待所は標高約2700メートルの山間部に位置し、特殊部隊でなければ接近が難しく、難攻不落の拠点となる。近くにある空港と地下通路で結ばれており、最近はヘリの格納庫も新たに整備された。

 金正日(キム・ジョンイル)総書記の招待所の中では最大規模で、地下施設も完備。中国吉林省とも鉄道や道路でつながり、国外に最も脱出しやすい立地条件を備えていると指摘している。

 さらに、平壌にある金総書記の執務室や官邸、人民武力部の建物などを衛星写真で分析。金総書記の執務室から約5キロ離れた人民武力部の施設内には、小高い山の地下を200メートルほど掘った大規模な地下施設があり、10機以上のヘリを収容しているという。

 同センターの平可夫代表は白頭山の施設について「内乱や暴動のほか、米韓合同軍の攻撃に備え、金総書記は平壌を脱出して白頭山に最終抗戦の本拠地を構える準備を進めている」、平壌の施設は「緊急時の脱出用のヘリを収容するためのものとみられ、爆撃やミサイル攻撃から逃れられるように山地に隠されている」と指摘した。
http://www.asahi.com/international/update/0120/TKY201001200509.html

・ひと言
 生き残るためには何でもやります。

【この日の軍事関連ニュース】
・大麻所持の空士長を懲戒免職(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/region/chubu/shizuoka/100121/szk1001210311003-n1.htm



≪ 平成22年1月22日(金)≫

【ハイチへ 自衛隊チーム出発】(yomiuri online)

 ハイチ大地震で、防衛省が派遣する自衛隊医官らの国際緊急医療援助隊約100人が21日夜、成田空港を日本航空機で出発した。

 首都ポルトープランスの西約40キロのレオガンで、政府の国際緊急援助隊医療チームの活動を引き継ぐ。援助隊は陸上自衛隊の医官14人と看護官ら計約40人のほか、陸自中部方面隊海田市駐屯地(広島県海田町)、中央即応集団(東京都練馬区)の隊員計約60人ら。隊長の白川誠1等陸佐は「地震で苦しんでいる人の目線に立ち、真心を込めた支援で少しでもハイチの役に立ちたい」と抱負を語った。

 空港には同僚や家族ら約50人が見送りに駆けつけ、盛大な拍手で「頑張ってきて」と隊員を送り出した。

同隊は米マイアミの空軍基地に立ち寄り、ハイチへ移動する予定。
(2010年1月22日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/chiba/news/20100121-OYT8T01355.htm

こちらは出発前の会見です。(動画投稿はsakurasotvさん、ありがとうございます)



【オバマ政権 中国の情報収集活動への監視弱める】(msn産経ニュース)

2010.1.22 17:35
 【ワシントン=佐々木類】米紙ワシントン・タイムズによると、米インターネット検索大手グーグルをめぐる米中間の「サイバー摩擦」が過熱しているにもかかわらず、オバマ政権は中国の情報収集活動に対する監視を弱めている。関係強化を目指す政権の意向を反映したもので、議会からは「米国にとり中国が最大の監視対象であることに変わりはない」(ホークストラ下院情報特別委員会理事)との懸念が出ている。

 同紙は20日、オバマ政権は対中方針を基本的に転換したと報じた。具体的には、中国に対する警戒レベルをイランや北朝鮮と同様の「優先度1」から、ハイチ大地震での救助活動といった人道的な事案を扱う「優先度2」に落としたと報じた。こうした転換は昨秋から、米国家情報局(DNI)のデニス・ブレア長官と米中央情報局(CIA)のレオン・パネッタ長官の間で模索されてきたという。

 そのきっかけとなったのは、米政府が昨年9月にまとめた国家情報戦略に関する報告書に対し、中国政府が抗議したことだった。米国の利益を脅かす国家として中国、ロシア、イラン、北朝鮮の4カ国を挙げた報告書に、中国政府は「米国は、冷戦思考と偏見を捨て誤った考えを変えてもらいたい」(外交部の姜瑜報道官) とかみついた。

 米政府関係者は「情報分野をめぐる対中政策の転換はオバマ政権の政治判断によるものだ。背景には、中国の対米批判をかわす狙いがある」としている。

 だが、元国務省中国分析部長のジョン・タシック氏は、同紙のインタビューに「ここ最近、中国の深謀遠慮よる米国への脅威が高まっているにもかかわらず、オバマ政権はまったく気づいていない」と批判。ホークストラ議員は「中国は貿易協定で米国をだまし、軍事力の増強とサイバー攻撃に熱を挙げている」と非難した。元国家防諜(ぼうちよう)センター長のミシェル・バン・クリーブ女氏も「対中情報活動の優先順位の格下げは中国を利するだけで、まったくばかげている」としている。

http://sankei.jp.msn.com/world/america/100122/amr1001221736014-n1.htm

・ひと言
 情報を収集することで、誤解や思い込みによる衝突を回避する可能性が高まります。
情報収集を軽視してはいけませんね。善悪抜きで必要です。

【この日の軍事関連ニュース】
・普天間飛行場移設 鳩山総理大臣が表明した「5月決着」が連立の事情でずれ込む可能性(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100122/plc1001220747004-n1.htm
・北方領土返還を目的とした「ブラウンリボン」が登場(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100122/plc1001220538002-n1.htm
・北朝鮮の労働新聞が「日米関係にひびが入り始めた」と評論(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100122/kor1001221329000-n1.htm
・独立行政法人駐留軍等労働者労務管理機構理事長の募集について(防衛省)
http://www.mod.go.jp/j/info/koeki/boshu/index.html
・オバマ大統領が中国でのgoogleへのサイバー攻撃に懸念を表明(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-13481220100122
・米国通商代表部が中国政府によるネット規制について世界貿易機関への提訴を検討(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-13481620100122
・住友商事などが独露間のパイプライン用鋼管を供給(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-13481020100122
・中国が採る「真珠の首飾り」戦略の一端が明らかに(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100122/erp1001222057007-n1.htm

最後までお読み戴きありがとうございます。またいらしてくださいね。
ヽ(´ー`)ノ。o○(ア)(リ)(ガ)(ト)(ウ)

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ人気ブログランキングへ

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック