現行の日米安保条約50周年 日米政府が中国の「脅威」に対応 米企業へのサイバー攻撃続く

皆様の1クリックが自衛隊・安全保障に関する情報・知識の普及につながります。宜しくお願い申し上げます。
↓クリック↓
にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ人気ブログランキングへ

週刊軍事!?ニュースです。

今回は平成22年1月19日から1月20日です。
※記事が長いので期間を短くしました。

自衛隊の米国での訓練に、日米政府間での中国の「脅威」想定と日米同盟を前提とした動きが出ています。

----------------------------------------------------------------------
※ 記載された日付は報道された日付です。
※情報元・発言部分引用は共同通信、時事通信、産経新聞、毎日新聞、読売新聞、朝鮮日報、中央日報、 47newsなどです。
----------------------------------------------------------------------

XC-2のこともあり9位の本は注目←週間・軍事本ランキング(楽天)




【行進曲全集⇒自衛隊演奏(楽天ICHIBA)


≪平成22年1月19日(火)≫

【国分駐屯地から米軍訓練に参加】(yomiuri online)

 霧島市の陸上自衛隊国分駐屯地で、米海兵隊との実動訓練に参加する隊員の壮行会があった。

 訓練は、米軍から戦術を学び、戦闘能力を向上させるのが目的で毎年開かれており、今年は19日から2月25日まで、米カリフォルニア州キャンプ・ペンデルトンで行われる。国分駐屯地からの参加は2007年に次いで2回目。今回は同駐屯地の122人を中心に、南九州から計179人が訓練に臨む。

 壮行会では、訓練で指揮官を務める第12普通科連隊長の前田忠男1等陸佐が「訓練の狙いは国の防衛。離島を持つ、我々の戦い方を意識して臨んでもらいたい」と訓示した。

 隊員を代表して、第4中隊長の黒木孝太郎3等陸佐が「荒ぶる桜島に負けない熱い気持ちで臆することなく貪欲(どんよく)に学びたい」と決意を語った。
(2010年1月19日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagoshima/news/20100119-OYT8T00130.htm


【海自と米海軍、安保50年で記念式典】(msn産経ニュース)

2010.1.19 08:26
 現在の日米安保条約が署名されて50年を迎えた19日、神奈川県横須賀市の海上自衛隊横須賀基地で、海上自衛隊と米海軍による合同の記念式典が開かれた。

 沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場移設問題をめぐり、日米関係がぎくしゃくしている中での催し。

 式典には、海上自衛隊から杉本正彦自衛艦隊司令官らが、米海軍からは、横須賀基地に旗艦を置く第7艦隊のジョン・バード司令官と在日米海軍のリチャード・レン司令官らが出席し、杉本司令官とバード司令官があいさつ。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100119/plc1001190828005-n1.htm

・ひと言
 現場レベルでの「日米同盟」は健在のようです。


【「中国の脅威化」日米で対応=同盟深化協議で提起へ-政府】(時事ドットコム)

 政府は19日、日米安全保障条約改定50年を受けた日米同盟深化のための協議で、軍事力が拡大する中国への対応を主要議題として提起する方針を決めた。アジア太平洋地域の安定維持のため、日米の抑止力強化や中国との交流の在り方などを議論し、「中国の脅威化」防止に向けて意思統一を図りたい考えだ。
 
 岡田克也外相は同日午後、外務省で記者会見し、「中国を現実の脅威にしないための議論は必要だ。日米同盟がどういう機能を果たせるかは大きなテーマだ」と指摘。北沢俊美防衛相も防衛省での会見で、中国の軍拡問題に関し、北朝鮮の核・ミサイルと並んで「不透明感が存在する」と懸念を示した。
 
 中国の国防費は2009年まで21年連続で2けたの伸び率で増加。また、衛星攻撃兵器(ASAT)実験の成功や空母建造計画などを受け、日米両政府は警戒を強めている。両国の外務・防衛担当閣僚は同日発表した共同文書で、中国が国際社会で「責任ある建設的役割」を果たすよう期待を表明しており、今後、中国側に透明性向上などを促したい考えだ。 
 
 また北沢防衛相は同盟深化の協議で在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)の効率化を取り上げる意向を表明。「日本の経済状況が極めて厳しい中、互いに無駄のないよう知恵を出し合う」と語った。(2010/01/19-20:16)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201001/2010011900875

・ひと言
 政府は中国を「脅威」と想定することにしました。「脅威」は意志と能力により判定されます。意志は最終的には分からないことが多いので、能力から見るのがベストかと。そうなると…


【空自CX、初飛行へ地上滑走試験 岐阜基地】(岐阜新聞)  
2010年01月19日08:42 

防衛省が開発を進める航空自衛隊の国産次期輸送機(CX)の試作機が18日、各務原市の航空自衛隊岐阜基地滑走路で初の地上滑走試験を行った。下旬にも行われる見通しの初飛行に先立ち、開発を担当する川崎重工岐阜工場が実施した。

 CXは現在の主力輸送機C1の後継機で、航続距離や積載能力の大幅な向上が図られた機種。川崎重工が主契約社となり、国内の航空機関連メーカーと共同で、2001年から海上自衛隊の次期固定翼哨戒機(PX)との同時開発が進められてきた。

 滑走試験は19日以降も続けられ、安全性が最終確認されれば初飛行が行われる見通し。
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20100119/201001190842_9787.shtml

【この日の軍事関連ニュース】
・米軍が大分県日出生台演習場入り(yomiuri online)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/oita/news/20100118-OYT8T01234.htm
・インド政府機関がサイバー攻撃受ける 同国国家安全顧問「中国人で間違いない」(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100119/asi1001190110001-n1.htm
・二石医療団団長がハイチへの自衛隊関与を要請(時事ドットコム)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201001/2010011900047
・北澤防衛大臣が会見 日米同盟について(防衛省)
http://www.mod.go.jp/j/kisha/2010/01/19a.html
http://www.mod.go.jp/j/kisha/2010/01/19.html
・日米安全保障条約署名50周年に当たっての日米安全保障協議委員会の共同発表(仮訳)(全文)(防衛省)
http://www.mod.go.jp/j/kisha/2010/01/19b.html
・ハイチにおける大地震に対する自衛隊部隊による国際緊急援助活動(医療活動)の実施について(防衛省)
http://www.mod.go.jp/j/news/2010/01/20b.html


≪ 平成22年1月20日(水)≫

【米軍事契約企業に対する標的型攻撃が継続中】(ITmedia)

米軍事契約企業にメールで送られた悪意あるPDFファイルは、米軍事契約企業に対する標的型攻撃が継続中であることを意味している。

[mikko hypponen,エフセキュア]

2010年01月20日 13時44分 更新

 F-Secure Labsは、新たな興味深い標的型攻撃について情報を得た。このケースでは、悪意あるPDFファイルが米軍事契約企業にメールで送られた。Googleなどに対する「Aurora」攻撃は 2009年12月に起きたが、今回のものは先週起きたばかりだ。

 このPDFファイルはかなりもっともらしいもので、国防総省から来たもののように見えた。

tnfigfs1.jpg PDF file md5 hash: c144581973fe16a6adca09e0d630bf63

 同ドキュメントは、3月にラスベガスで開催される実際のカンファレンスについて述べている。

 Adobe Readerで開かれると、このファイルはCVE-2009-4324脆弱性を悪用する。これはAdobeが先週火曜日に修正した doc.media.newPlayer脆弱性だ。

 同エクスプロイトはUpdater.exe(md5: 3677fc94bc0dd89138b04a5a7a0cf2e0)という名称のファイルをドロップする。これはIPアドレス 140.136.148.42に接続するバックドアだ。検出を避けるため、これは接続を行う際、ローカルWebプロキシをバイパスする。

 同IPをコントロールする者は誰でも、感染したコンピュータと企業ネッ トワークにアクセスする。この特定のIPは台湾に位置している。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1001/20/news050.html

・ひと言
 こういう攻撃もあるのですね。日常的に緊張がある世界に耐えられるかどうかが問われます。


【韓国国防相「北朝鮮に明らかな核攻撃の意志あれば打撃」】(日経ネット)

 【ソウル=尾島島雄】韓国の金泰栄(キム・テヨン)国防相は20日午前、ソウル市内で講演し、北朝鮮による核攻撃を想定した対応について「(核攻撃の兆候を)識別して明らかな攻撃の意志があればすぐに打撃しなければならない」と述べた。従来の見解を繰り返したものだが、先制攻撃も辞さないととれるため、北朝鮮が反発するのは必至だ。

 「北朝鮮が核攻撃をしてくるときは先制打撃を許すことができるという論理がある」とも強調した。金氏は合同参謀本部議長だった2008年にも同様の趣旨の発言をして北朝鮮の反発を招いたことがある。(13:15)

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100120ATGM2001U20012010.html

・ひと言
 軍当局としては「絶対に攻撃しません」とは言えません。戦争という非常事態に国家と国民を守ることが務めですし。

【この日の軍事関連ニュース】
・欧州連合とイラクがエネルギー協力で合意(日経ネット)
http://www.nikkei.co.jp/kaigai/eu/20100119DGM1804119.html
・政府が沖ノ鳥島に関する中国政府見解に反論(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100120/plc1001201937012-n1.htm
・中国駐在ジャーナリストのgoogleアカウントが乗っ取られる(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1001/20/news023.html
・阿波ひと物語:海上自衛隊徳島教育航空群司令・力丸義史さん /徳島(毎日新聞)
http://mainichi.jp/area/tokushima/news/20100120ddlk36040676000c.html
・業者生産の「回天」「桜花」の携帯ストラップ 「不謹慎」と販売中止 (毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100120dde041040005000c.html
・防衛大臣と防衛関連企業との意見交換会の開催について(防衛省)
http://www.mod.go.jp/j/news/2010/01/20a.html
・宮古島市議会が普天間飛行場の下地島への移設に反対決議(msn産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100120/lcl1001201301003-n1.htm
・統一研による「北朝鮮の急変シナリオ」とは(朝鮮日報)
http://www.chosunonline.com/news/20100120000012


最後までお読み戴きありがとうございます。またいらしてくださいね。
ヽ(´ー`)ノ。o○(ア)(リ)(ガ)(ト)(ウ)

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ人気ブログランキングへ

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック