北京で軍事パレード 給油活動継続を巡って閣内不一致 MRJが大量受注

週刊軍事ニュース、その4です。

今回は平成21年9月30日から10月3日までです。

英語の出来る方はお友達になれるかも・・・ある司令官と。

----------------------------------------------------------------------
※記載された日付は報道された日付です。
※報道されたニュースを短く表現しているので、記事の本来の趣旨とは多少のズレがあると思います。
※情報元・発言部分引用は共同通信、時事通信、産経新聞、毎日新聞、読売新聞、朝鮮日報、中央日報、47newsなどです。
----------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ人気ブログランキングへ←皆様の1クリックが自衛隊・安全保障に関する情報・知識の普及につながります。宜しくお願い申し上げます。

今週は不肖なあの人がソマリアで・・・rakuten ichiba ranking



【行進曲全集⇒自衛隊演奏(楽天ICHIBA)



【平成21年9月30日(水)】

対中牽制のために日露協力が必要
ロシアのクナーゼ元外務次官が日露学術・報道関係者会議で講演、経済的、政治的影響力を拡大する中国に対抗するため日本とロシアは全面的に協力する必要があると述べた。

←日露にまたがる大問題

幕末外交と開国←幕府はどう考えていたのか?

アフガニスタンに小麦の種子が到着
アフガニスタン政府が推進しているケシ栽培からの転作事業が駐留米軍などの協力の下で進められている。この事業では小麦種子と共に肥料も配布される(自衛隊ニュースサイト JSDF.ORG)


米・NATOがアフガンでの強調を確認
 オバマ米大統領とラスムセンNATO事務総長と会談。ラスムセン事務総長は欧州諸国が米軍とともに「任務完了まで踏みとどまる」とした。

オバマ大統領はアフガン派兵はアルカイダのネットワークを破壊することが目的であるとし、「これは米国だけの戦いではなく、NATOの使命でもある。すべての段階で、NATOと緊密に協議を図っている」と強調した。

ラスムセン事務総長も「アフガンでの作戦は米国だけが担うものではない。現在、将来とも(米欧の)チームワークなのだ」とした。(産経新聞)


最強の軍事同盟NATO




【平成21年10月1日(木)】

北京で軍事パレード実施
中華人民共和国建国60周年にあたる国慶節があり、メイン行事として人民解放軍のパレードが実施された。今回のパレードでは、米国のほぼ全域を射程におさめる大陸間弾道ミサイル(ICBM)「東風31A」(射程1万1200キロ)が初公開された。

人民解放軍は何を考えているのか←意外とわかります。

韓国軍が創設61周年を迎えた

沖縄駐留のF22戦闘機が帰国へ
沖縄県の嘉手納基地に暫定的に配備されていたF22戦闘機が米国に帰還し始めた。
←帰ります

 
米海軍作戦部長がインド洋での海自活動停止に「影響が出る」

米海軍制服組トップのラフェッド作戦部長は、日本政府が海上自衛隊によるインド洋での給油活動を中止した場合、海上での対テロ作戦である「不朽の自由作戦」に影響が出るとした。

具体的には活動中の艦船が補給のために寄港しなければならず、その間は活動が停滞する。

防衛政務官が給油活動延長を求めた

長島昭久防衛政務官は、海上自衛隊のインド洋での給油活動について、根拠法に国会の事前承認を盛り込んだ上で活動を継続すべきだとした。鳩山総理大臣、岡田外務大臣は「単純延長は考えていない」としている。

一方、北澤防衛大臣は「民主党は給油を継続しない立場であり、衆院選でも主張してきた」とし、福島社民党党首も「延長しないことで、この内閣はやっていくべきだ」としている。

「核密約」で参考人招致へ
 鈴木宗男衆院外務委員長が日米「核密約」について「臨時国会が開かれたらすぐ外務委員会に歴代事務次官を参考人招致し、真相を明らかにしたい」とテレビ番組で明言した。


【平成21年10月2日(金)】

雲に消雨ロケット弾を432発打ち込む
10月1日に行われた国慶節。この日を晴れにする為に中国当局は消雨ロケット弾を打ち込んだ。その成果か、記念式典が始まる頃には快晴となった。

気象が勝敗を決めた←戦史に見る

アフガンに中国製武器が流入
英国BBCが報じたところによると、英国政府が中国政府に対して、アフガニスタンへの武器流入について不満を明らかにした。タリバンの攻撃拠点から多数の中国製武器が押収されたという報告が多数上がってきているという

三菱製ジェット機が100機売れた
三菱重工業は、子会社である三菱航空機が開発中の「三菱リージョナルジェット(Mitsubishi Regional Jet、MRJ)」を米国の地域航空会社から100機受注したと発表した。



なぜ、日本は50年間も旅客機をつくれなかったのか

百里基地で日米共同訓練開始
航空自衛隊百里基地で日米共同訓練が始まった。訓練には嘉手納基地からF-15戦闘機5機程度と隊員ら約90人、百里基地からF15戦闘機とF-4戦闘機がそれぞれ4機程度参加する。

 
防衛計画の大綱と中期防の見直し議論を進める
政府が「防衛計画の大綱」と「次期中期防衛力整備計画」の改定議論を進める方針。近く関係閣僚らが会合する。

←政府主導から軍部主導、そして完全な政府主導へ



【平成21年10月3日(土)】

自衛隊にインドネシア派遣準備を指示
北澤防衛大臣は、先日発生したインドネシア・スマトラ島沖地震の救援を行う為の国際緊急援助隊出動準備を自衛隊に指示した。インドネシア政府から自衛隊の活動を要請されたことを受けての指示。
自衛隊は平成18年5月のジャワ島中部地震の救援活動に派遣されている。

NATO軍司令官がSNSに参加へ
北大西洋条約機構(NATO)の軍官トップであるジェームス・スタブリデス欧州連合軍最高司令官がSNS大手フェースブックにページを開設したことを発表した。同司令官は「(NATOが)すべての人に愛されているというわけではない」ことを前提に、NATOが世界安定のために果たしている役割を多くの人々に説明するためにSNSに参加したという。新たな手段を模索しなければならないと述べた。

司令官の一言「フェースブックを始めたので、是非フレンドになって!」
(AFP)


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ人気ブログランキングへ

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック