【陸海空自衛隊】自衛官の生活=制限 - 自衛官の生活は大変です。


自衛官。

よほど積極的に会いに行かない限りは、日常生活ではほぼ会わない人たちです。

世界で見れば一般的な職業(軍人)ですが、日本ではマイナーな職業とされています。

その生活もよく分からないし、知られることも少ないですね。

今回は自衛官の生活の中にドカンと座る制限について、「制限 = 自衛官としての生活」というお話です。

※以前にUPした記事ですが、内容の修正や項目の追加などをしました。平成27年(2015年)11月11日

----------------------------------------------------------------------
※ブログ記事の元になる記事とリンク先は【関連リンク】に記載しています。
※記事中にある動画を再生する場合,音量にはご注意ください。
----------------------------------------------------------------------


やっぱりここから


自衛官の生活は制限されることを基本にしています。日本防衛を仕事にする自衛隊で働く自衛官は政治的にも法的にも制限された生活です。

その制限の根拠はやはりこの条文から。

(服務の本旨)(自衛隊法52条)
隊員は、わが国の平和と独立を守る自衛隊の使命を自覚し、一致団結、厳正な規律を保持し、常に徳操を養い、人格を尊重し、心身をきたえ、技能をみがき、強い責任感をもつて専心その職務の遂行にあたり、事に臨んでは危険を顧みず、身をもつて責務の完遂に努め、もつて国民の負託にこたえることを期するものとする。

です。

カンタンにいうと、「自衛隊は日本国の平和と独立を守るために仕事をしていて、その仕事をするために日頃から心身を鍛えて勉強してください。そして必要なときには命をかけてもらいます」ということが書いてあります。

4つの制限-4大制限


 上記の自衛隊の仕事の目的から出てくるのが4つの制限されることです。その制限は…

・政治的行為の制限(せいじてきこういのせいげん)
・私企業からの隔離(しきぎょうからのかくり)
・他の職又は事業の関与制限(たのしょくまたはじぎょうのかんよせいげん)
・団体結成等の禁止(だんたいけっせいとうのきんし)

です。具体的にみていきましょう。

1 政治的行為の制限
 「自衛官」のままで政党等の団体の役員や顧問などに就任してはいけません。さらに政令(政府が出す命令)で定める政治的目的(しちゃいけないこと)に該当する活動のために尽力してはいけません。「自衛官」に認められているのは投票権のみです。自衛官のままでは選挙に立候補はできません。(陸海軍の時は投票自体も禁止されていたと読んだことがあります。うろ覚えです。)

2 私企業からの隔離
 自衛官自身がが営利企業を設立して経営してはいけません。自衛官として国家から身分と生活保障がされているので営利を求めて活動してはいけないという意味です。金銭がらみでいろいろと問題が起こることを避ける意味もあるでしょう。

3 他の職又は事業の関与制限
 営利企業以外の機関(地方公共団体など)で仕事をする場合には防衛大臣の承認が必要になります。例えば防災関係の助言をする為に自治体職員となる場合には承認が必要になるということです。

4 団体結成等の禁止
 労働3権(会社員などに認められている団結権・争議権・団体交渉権などの労働上の権利)は一切認められません。給料に不満があるとか、危険な仕事をさせられるという理由でストライキをしてはいけないということです。

いろいろと制限がかかりますね。考えて行動しないとひっかかりまくりです。

こち亀の両さんでみてみよう!


 有名な「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の両さんを例に、自衛官の制限を具体的に見てみましょう。(両さんは警察官ですので、自衛官の制限とは直接関係ありません、あくまでも例示です)

・両さんがタコスやカレーの会社を経営して儲けた 
 →私企業からの隔離
 
・両さんが選挙に出馬して街頭演説した
 →政治的行為の制限

・警察官の薄給を理由にストライキ!
 →団体結成等の禁止

・実家の漬物屋の経営計画など、経営に深く関与
 →事業への関与の制限

という感じになるわけです。でも両さんはクビ(懲戒免職)にはなりませんね(笑)

制限が前提の仕事


以上が自衛官の4つの制限でした。別の言葉でいうと、合法的に武装を認められている自衛官が、自衛官として仕事をするための制限ともいえます。国家や国民からの「期待」という面を法律などで具体的にした形です。

自衛官の生活は4つの制限と6つの義務という10の”義務”によって行われることになっています。

自衛官募集のパンフレットなどでは「資格がとれます」「安定した公務員です」という言葉が並びますが、その安定は「義務と制限」で成り立つものです。

制限の中の生活、自衛隊入隊前までは明確に意識することは少ないと思います。だから不安で心配に思うこともありますね。でも、最初は慣れないかもしれませんが、時間が経つと慣れてきて行動できるようになりますから、それほど心配ないと思います。

自衛官としての生活を選ばれる皆さんに∠(^-^)敬礼!

以上、うさぎの耳(@usaginomimi)でした!m(_ _)m

【うさぎの耳的な今日のポイント】

  • 自衛官の生活には制限がついてまわります。

  • 制限は自衛官としての仕事に差し支えないことを目的にしています。

  • 心配になるかもしれませんが慣れます。


【関連リンク(註)】
・【軍人×処遇】軍人に報いる3つの理由
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/194498947.html

・【自衛隊×入隊】自衛隊に入る理由-いろいろあります。
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/425203809.html

・【軍人×待遇】軍人への報い方 - お金・名誉・仕事
http://koukuujieikan.seesaa.net/article/419665164.html

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック