北朝鮮の核実験を追う 23

「体を張る」相手はだれでしょう!?

今日も続いている「北朝鮮の核実験を追う」ですが、今回は平成21年6月5日です。

----------------------------------------------------------------------
発言部分などは産経新聞や共同通信より引用しています。

時系列に並べていますが、この時刻は報道された時刻でして、実際に事態が発生した時刻ではありません。ご了承ください。

※印は個人的感想です。
----------------------------------------------------------------------

応援お願いします。押してくださると感激です。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村






◇安保理協議は打開の見通し立たず 09:17
 日米と中露の制裁強化をめぐる温度差は解消できず。

◇中国に制裁への協力を要請 10:19
 米国政府代表団が北京に到着した。代表団は中国政府に対して対北制裁への協力を求める模様。


◇爆発規模は4キロトンと推定 11:00
 韓国の東亜日報は、韓国の地質資源研究院の分析結果として爆発規模が4キロトンと推定したと報じた。同院は地震波から推定した。


◇安保理協議はまた合意に至らず 11:04

◇臨検と敵基地攻撃能力保持には関心なし 12:07
 公明党の太田昭宏代表が会見で、自民党内で臨検に関する法律制定や敵基地攻撃能力の保持についての議論が行われていることについて、「自民党でどんな議論がなされようが、どういう国連決議がなされるかに関心がある」と明言を避けた。

公明党内には、「自民党が進めるなら体を張って止める」(幹部)との意見が強い。



◇米国独自で金融制裁を検討 12:56
 米国は安保理で協議されている対北新決議に拠らなくとも、独自で金融制裁を行うことを検討している。このことは韓国政府にも伝達されている。



◇麻生首相が国連事務総長と電話会談 15:04
 麻生太郎首相が5日午前に国連の潘基文事務総長と電話で会談。「国際社会のこれまでの働きかけを無視し、北朝鮮が再び核実験を実施したことは深刻な事態であり、断じて容認できない」(今回の核実験について)とした。潘氏は「安保理が一致して行動することが重要だ。日本が果たしているリーダーシップを評価している」と応じた。


※何らかの争いには必ず相手がいます。相手の動きもあるので対処方法は千差万別となりますが、一方が自制などをしたとしても、他方はそのことを慮ってくれるとは限りません。

どういう対応をするかは双方の当事者の意思にあります。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック