ロシア軍艦艇が対馬近海に出現

ロシア海軍艦艇が対馬近海を航行していることが確認されました。

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村←応援お願いします。押してくださると感激です。




 統合幕僚監部の発表によると、平成21年4月16日に対馬近海でロシア海軍艦艇の航行が相次いで確認されました。

① 日時 4月16日(木)午前6時頃
  発見 海上自衛隊第16護衛隊(佐世保)所属「おおよど」
  海域 上対馬の南東約45kmの海域
  針路 北東進
  艦艇 ロシア海軍のウダロイⅠ級ミサイル駆逐艦1隻
     ボリスチリキン級補給艦1隻

② 日時 4月16日(木)午後2時頃、
  発見 海上自衛隊第16護衛隊(佐世保)所属「とね」
  海域 下対馬の南南東約25kmの海域
  針路 南西進
  艦艇 スラバ級ミサイル巡洋艦1隻・ソルム級航洋曳船1隻


 また、先の北朝鮮ミサイル事案に際して、自衛隊が作戦展開していた域内にロシア軍偵察機が飛来していたことも判明しています。(産経新聞)

ミサイル発射という実戦での対処能力の偵察と能力判断のために飛来したものと見られているそうです。

常日頃から相手方の軍事的能力を観察しておくことはとても重要なことです。

そこで得られた情報から、自国の軍事戦略を決めていくことになるからです。