日本海で日米韓露が情報戦を展開していた

韓国軍当局の情報によると、北朝鮮のミサイル発射事案の際に日米韓露などの国が日本海で熾烈な情報戦を展開していたそうです。

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村←応援お願いします。押してくださると感激です。



韓国軍当局の話として伝えられているところによると、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した5日には日米韓の艦艇や偵察機、さらにロシアや北朝鮮の戦闘機や偵察型爆撃機が情報収集に励んでいたそうです。


ロシアは情報収集艦をを日本海に展開し、日米韓の弾道ミサイル追跡作戦を"追跡"(監視)していたそうです。


北朝鮮は戦闘機と偵察型爆撃機など20機余りを上空に展開していたことも明らかになっています。また第一段目のブースター落下地点の海域にも北朝鮮海軍の哨戒艦が展開していたという情報もあります。


これからの長期の神経戦を耐え抜くには、まず相手の動向の監視が必要になるということでしょう。表沙汰になることはないですが、日夜情報収集を怠らない関係者の皆様に感謝ですね。

(●・´Å・)ゞ 敬礼♪